ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

人にアドバイスをするときにうまく相手に伝える方法とその時の注意点

どんなに人に良い言葉や良い助言をかけようとも、本当に変わるか変わらないかは自分次第です。

その言葉がうざいと感じるか、本当に自分にとって人生の変わる言葉だったかは全て受け取り手次第なのです。

もし人にアドバイスをするとしたら押し付けても意味はありません。

受け取り手のタイミングと考え方があるのです。

否定するのではなく相手が腑に落ちるような言葉を使うことを心がけなければいけません。

そうでないとただの説教をしてくる面倒くさい人になってしまいます。

どんな言葉をかけようとも受け取り手次第で良くも悪くもなってしまうのです。

そこを気を付けなければいけません。

逆にアドバイスをしてもらう方はどんなに面倒くさい人の言葉だったとしても、もしかしたらこれは自分が変わるために必要なことかもしれない。

神様がこの人を通じて自分にアドバイスをくれているのかもしれない。

というように自分が人の話を聞けるように考えてみてください。

本当に素直に話を聞いているとヒントやチャンスはいっぱい転がっています。

それはどんなタイミングでどんな人からどんなところであるかわかりません。

なので常にアンテナを張っている必要があります。

他にも常に素直で正直な気持ちでいることが必要です。

人の話を聞かないで、面倒だからといって聞く耳持たずでは本当のチャンスが来た時に逃してしまうことがあります。

チャンスは自分の考えてもみない時に突然やってきます。

それを頭の片隅に置いておけば、チャンスを逃さないでいることが出来ます。

教える方も教わる方も、素直で正直に自分の心を開いて伝えることが大切なのです。

あとがき

アドバイスをしたり人に話すときにはその相手が聞き入れやすくなるような言葉を使ったり、素直に聞いてくれるような受け入れやすいように優しく話すことが大切です。

自分の意見が正しいからといってただ自分の意見を押し付けられたら誰でも良い気分はしません。

相手の意見を尊重しながら、お互いの考え方を理解し合いながらアドバイスをしていくことが大切なのです。

ですからアドバイスをする人も、相手の意見を飲み込む素直な心が必要なのです。

相手を受け入れる心が必要なのです。

お互いに相手を受け入れて、心が通じ合っている時こそアドバイスする意味があるのです。

ただの押し付けを聞き入れる人は少ないでしょう。

みんなそれぞれ自分の考え方があるのです。

アドバイスがただの説教にならないように注意しましょう。

心が通じ合ったときに初めてアドバイスが出来るのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。