アンチになる人の心理とは?アンチを気にしないで自分を貫けばいい。

引き寄せの法則の正しい使い方を学ぶ
スポンサーリンク

今の時代では批判や叩かれる事、炎上があまりにも多すぎる。

それだけみんな人の行動に興味があるという事だ。

完全に今では出る杭は打たれる時代です。

ちょっとでも人と違うことをすればすぐにバッシングされてしまいます。

それだけ村社会なので、はみ出した人を叩き上げるのが好きなのです。

みんな足並みそろえて安心したいのでしょう。

批判をするアンチというのは、大体自分が何も出来ていないので暇な人が多いのです。

自分は何もしていないでただ日々を過ごしているから色々やっている人が羨ましいからそうやって叩くのです。

自分がどんどん行動出来ている人は、そんな人のことを批判しないしそもそも人のことにそんなに興味がありません。

自分が行動出来ていないから人の行動が気になってしまうのです。

人がどんな行動をしていたってそんなに気にする必要はないでしょう。

人のことを批判しても自分の位置が変わるわけではないのだから。

人の足を引っ張って自分が安心しても何も自分にはメリットがないでしょう。

人のことを気にする前に自分のことを気にしたほうがよっぽど有意義な時間になると思う。

叩かれたくないからみんな声を上げられない世の中になってきてしまっています。

ネットだからと言ってなんでも言っていいわけではありません。

ネット社会になってきているのだから、ネットだからと言って侮ってはいけません。

ネットもリアルも差がなくなりつつあるのですから、ネットでのマナーも現実と同じように求められるようになってきているでしょう。

まだネットが広まってそこまで時間が経っているわけではないので仕方ないといえば仕方のない事でしょう。

みんながネットの恐ろしさをしっかりと認識し直す事が求められてきているでしょう。

自分のやりたいことや自分の目標がある人は、

アンチや批判に怯える事なく自分の道を進んでいく事が大切だと思います。

アンチは批判する事が好きなので、実際何をしても批判をされてしまいます。

そればかりを気にしていたら自分の好きな事が出来なくなってしまうでしょう。

アンチのために自分の行動を変える必要はないのです。

自分の信じる道を進んでいく強い心が現代では求められているでしょう。

アンチを気にしないでやるというのは無理がありますが、アンチがいるということはそれだけ応援してくれる人だっているのです。

それを忘れてはいけません。

自分の信じる道を進んでいく事が大切なのです。

関連記事はこちら