【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

二つのブログを複数同時に運営することのメリットとデメリット

ブログを始めて少し経って余裕が出てきたり色々と興味を持ち始めるともう一つブログを書きたいという気持ちが湧いてくることがあります。

「もっと別のテーマについてブログを書きたいな」

「もっと自分の好きなことを書くだけのゆったりとしたブログを作りたいな」

そんな気持ちが湧いてくることがあるでしょう。

その時に悩むのが新しくブログを始めるのか。

または一つのブログに集中して書いていくのかで迷うことがあります。

どんな方法でも正解や不正解があるわけではありませんが、今回は複数ブログを運営していく上でのメリットとデメリットについてお話ししていきたいと思います。

複数のブログを運営する際のメリット

まずは複数ブログを運営することのメリットについて書いていきます。

ブログテーマが明確になる

一つのブログだけで全ての記事を詰め込もうとするとブログのコンセプトやテーマが分かりにくくなってしまいます。

もちろんもともとテーマが決まってなくて、雑記ブログとして自分のキャラクターを売りにしている人はそこまで気にする必要はありませんが、ブログがあまりにもごちゃごちゃすぎて結局どんなブログなのか分からないというブログになってしまうのは読者からしても、自分からしても分かりづらくなってしまいます。

いろんな記事を一つのブログに書くわけだから何をテーマにしたブログなのかが書けば書くほど曖昧になっていってしまうものです。

「自分が好きなことを書きたいだけ」

というのならそれで良いのですがそれでもブログのテーマは曖昧になります。

そしてブログ自体が曖昧になると自分自身も何を書いていって良いのかわからなくなってしまうという状況にもなりかねません。

そういう面で言えば、一つは雑記ブログとして記事を書いて他のブログは一つのジャンルに特化したブログを作ればテーマが明確になっていくのでそれは大きなメリットとなります。

複数のブログを運営していれば、

  • 雑記ブログ(思ったことをとにかく書く)
  • ゲームのブログ
  • ファッションのブログ

そうやって分けることによって、

雑記ブログの役割が、

  1. 特化ブログ以外の記事を書くブログ
  2. 思ったことを好きなように書けるブログ
  3. 日記みたいに使うブログ

というように雑記ブログの使い方も明確になってきます。

そういう面で言えば、複数ブログを運営することは大きなメリットにもなるでしょう。

ブログに統一感が出る

一つのブログに自分の書きたい記事を全て詰め込もうとするとどうしてもブログを整理することが出来ずに読みにくく記事が探しづらいようなブログになってしまう事があります。

あまりにもカテゴリーが増え過ぎてしまうと探しづらいですし、分けないで雑記ブログというカテゴリーを作ると記事が探しづらくなってしまうこともあります。

自分もどこにどの記事があるかが分かりづらいし、読み手にとってはもっと記事が探しづらくなるでしょう。

読者というのはよっぽどそのブログのファンでない限りは欲しい情報を検索しようとは思わないものです。

ですから整理されていて次にどの記事を読めば良いのかが分かるようなブログでないと読者は記事を読んでくれないでしょう。

その点ブログを複数運営しているのであればテーマを一つに絞ってブログ記事を書いていけるのでブログ自体がとても見やすく運営することが出来ます。

複数運営することでブロガーにとっても読者にとっても良いブログを運営することが出来るのです。

収益を出しやすい

これは大きなメリットと言えるでしょう。

ブログのテーマを絞ることによってそのブログに訪れる読者が決まってきます。

そうなるとその読者の人たちに向けて広告を貼ることが出来たり、アドセンスであればクリック率が高まったり、アフィリエイト広告も選びやすくて読者に的確な広告を貼ることが出来るので自然と収益は上がっていきます。

雑記ブログであればどうしてもアドセンスがメインになってしまうので、大きく稼ぐにはそれなりのPV数がなければ稼ぐ事は出来ないですが、特化ブログであれば仮にPV数は少なくてもブログに訪れた人が商品を買ってもらえれば少ないPV数で大きな収益が見込めます。

少ないPV数で収益を見込めるのはとても大きなメリットと言えるでしょう。

複数ブログ運営することのデメリット

次に複数のブログを運営することのデメリットについて書いていきます。

ブログ管理が大変になる

これが何よりも一番のデメリットと言えるかもしれません。

どうしても複数運営すると一つのブログよりも二倍の労力がかかってしまう上に一つの記事に対する記事数が減ってしまうのでアクセスを集めるまでに時間がかかってしまいます。

今までよりももっとペースを上げて記事を書けるのなら問題ないのですがやはり二つのブログを運営し続けるのは負担は確実に増えるものです。

それに自分の中でも意識が二つに集中しなければいけないので疲れてしまう原因にもなるでしょう。

それだけ書ける器量があるのなら別ですが、頭の中で二つのブログをイメージしながら記事を考えていくのは想像以上に負担が大きいもの。

一つだけでも更新していくのが大変なのに二つになったら労力は相当増えてしまいます。

逆に言えば管理が大変だと思わなければ複数ブログを書くデメリットはほとんどないに等しいでしょう。

ブログ一つあたりの記事数が減る

今までのペースの二倍の記事数を書くのなら別なのですが、同じペースで書くのだとしたら今までよりも増えていく記事数は半分になってしまいます。

そうなると更新頻度が減ってしまうので読者にとってもあまり嬉しくありませんし、何よりも記事数が減ってしまうのはアクセスを集める事が大変になります。

自分のブログのファンからしたらやはり更新頻度が高ければ高いほど嬉しいでしょう。

SEO的に言えば更新頻度で決まる事は少ないかもしれないが読者のことを考えるとやはり更新頻度は高いほうがいいし記事数は多いほうが嬉しいものです。

そこを配慮した上で複数ブログを運営するかを決めていくことが大切です。

結論

結論で言えば、初心者はまずは一つのブログに集中してブログを更新していくのが良いと感じます。

いきなり二つのブログを更新し続けるというのは、ブログを書くことが習慣になっているのなら良いのですが、まだブログを書くことが当たり前になっていないのならまずは一つのブログを更新することが当たり前になって余裕が出てきたら複数ブログを書くようにしましょう。

もし違うブログを書きたいなと思った時にオススメの方法は、

まずは今あるブログに新しくカテゴリーを作ってそこで新しいブログを運営していると思って記事を書いても良いでしょう。

それで結構書けるなと思ったらそのカテゴリーごと次のブログに記事を移すのも良いと思います。

もちろん全く別人格としてブログを書きたいと思ったらそれは出来ませんが、同じ人が書くブログであればそれでも問題はないでしょう。

ブログというのは移動したり書き直したりが出来るのが大きなメリットです。

迷うことはたくさんありますが書きたいと思ったら書きましょう。

ブログを複数運営した方がいい条件

ブログを始めたばかりの人はまずは複数ではなく一つのブログに集中して書いた方がいいと話しました。

しかし複数ブログを運営した方がいい条件もある。

まず一つ目は、

ブログに慣れてきたなら特化ブログを作ってみるということです。

ブログを書いていて自分の強みが分かったのならその強みを生かして新しく特化ブログを作るのはとても有効な手段です。

やはりブログテーマに統一感が出ますし、特化ブログで記事数があり情報が網羅されているのなら雑記ブログではなく特化ブログにした方がSEO的にも大きなメリットがあるでしょう。

そして二つ目は、

複数ブログを更新した方がモチベーションが高まっているときです。

一つのブログだけではモチベーションが上がらない。

もう一つのブログをどうしても作りたいというようなモチベーションがある場合は複数運営した方が良い時もあります。

一つのブログを永遠と書いているのは気持ちが盛り下がってしまったり、やる気がなくなる事があります。

しかし新しいブログを作ると、「よし!頑張ろう!」という気持ちになります。

そうやってモチベーションが上がるのであれば新しいブログを作るメリットは十分にあるでしょう。

ブログはモチベーションを保つこととモチベーションを高めることが重要です。

どんなに今までブログを書いていてもモチベーションが下がってやめてしまったなんて人はかなり多いです。

ブロガーというのは書くモチベーションを保つ事が仕事みたいな部分もあります。

それにブロガーはブログを書くことをやめてしまったらそこで終わりです。

ですから自分のモチベーションをは大事にした方が良いです。。

複数ブログを運営した方が自分のモチベーションが高まると思うのなら複数ブログを書いても良いでしょう。

形にとらわれたりせずに、ブロガーはとにかく記事を書くことが何よりも大切だということです。

書き続けられるのであればどんな形でも良いでしょう。

自分に合う方法を見つけていきましょう。

関連記事

ブログで成功するために必要な事。ブログは継続してこそ力を発揮する