ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

時間がなくてブログが書けないと悩んでいる人がブログを書く時間を作る方法

ブログを書く時間がなくて記事を書きたくても書けないという人は多いでしょう。

ブログを始めたばかりはブログを書く習慣がないので書くこと自体が大変なことですし、時間の確保の仕方も分からないでしょう。

今まで培ってきた生活スタイルに、「ブログを書く」という一つを組み込むのはとても大変なことです。

ただブログを書くだけなのですが、やはり今までやってきた習慣に一つでも日課を足すというのは結構難しいことなのです。

今回はそんなブログを書く時間がないと思っている人に向けて記事を書きましたので、参考にしていただけると幸いです。

ブログを書きたいけど時間がない。どうすればいい?

ブログを書く時間がないからブログを書けないという人は多いと思います。

普通にサラリーマンをしていたりアルバイトの人でも朝早く起きて、帰ってくるも遅くてどうしても書けないという人もいるでしょう。

そんな中でブログを書く時間を確保するのは大変なことです。

ですがそんな人でもブログを書く時間は作れるものです。

ではどうすれば作れるのかというとそれは、

「ブログを書く時間を決めてしまう」ということです。

なんでブログを書く時間がないのか考えた事はあるでしょうか。

どうしてブログを書く時間がないのかというと、

みんな日々のサイクルが決まっているからなのです。

朝起きてから寝るまでのサイクルが決まっていて、そのサイクルが自分の中で当たり前になってるからそこに無理やりブログを書く時間を作ろうと思っても作れません。

もう自分の生活がスタイルが出来上がってしまっているからそこに何かを足そうと思ってもなかなか出来ないのです。

だからブログを書く時間を作ろうと思っても作れないのです。

ブログを書く時間を足すなら何かを削らなければいけない

その生活のリズムを一度、壊さなければ変えられないのです。

今の生活にただ「ブログを書く」という時間を足すことは出来ません。

何かいつもやっているものを削らなければ足すことは出来ないのです。

1日のサイクルが決まっているわけですから、それは起きてから寝るまで無意識にしろ決められているわけですから、その中から何かをなくさなければいけません。

じゃあ何を削れば良いのかというと、

自分がやっている中で必要ないなと思うものから削っていきましょう。

自分の中で悪習慣だと思うものを削ると良いでしょう。

例えば、

寝る前にやっているスマホゲームやyoutubeを観る時間もあるでしょう。

他にもテレビを観ている時間だってあるかも知れません。

起きてから寝るまで30分も自由な時間がない人はいないでしょう。

もしそんな人がいるのだとしたら、そもそもその生活スタイル自体を見直した方が良いでしょう。

ただ働くだけのマシーンになってしまっているということなので、ブログを書く以前に自分の人生設計を見直す必要があると思います。

そうでなければ何かしらの時間を削ることが出来るでしょう。

ブログは極論、30分もあれば書けることです。

もっと言えば15分だってあれば書くことはできます。

だけどその時間が取れないという事は、それはそもそも今までの生活を変えたくないということなのです。

ブログを書くことよりも今までの生活のスタイルの方が好きという事なのです。

そう思ってしまっていればいくらブログを書こうと思っても書くことは出来ないでしょう。

逆にどんなに時間があったとしても、ブログを書く事はできないでしょう。

どんなにブログを書きたい、ブログを書くことが好きと思っていてもやはり人はずっと同じことを続けていくという事は苦痛なものです。

それはどんなに好きなことでもです。

ですからどうしてもブログを書くことが億劫になってしまうのは無理もありません。

しかしそれでもブログを書きたいと思うのなら、自分で時間を作ってブログを書かないといけないのです。

ブログを書く時間を見つけようと思うとなかなか見つかりません。

だからブログを書く時間というのは見つけるのではなく、自分で作るものだということを念頭に置いておくと、自然とブログを書く時間が作れるようになってくるでしょう。

ブログを書くだけで大金がもらえるのだとしたら書けますか?

もしブログを一日一時間書くだけで月に100万円が貰えるとしたらあなたはブログを書きますか?

どんな記事でも良いです。

1日1時間書くだけで月に100万円もらえます。

あなたは書きますか?

多分ほとんどの人が書くと思います。

私なら迷わず確実に書きます!笑

それはどうしてだと思いますか?

100万円を稼げるというのならそれだけ優先度が上がっていくからです。

目的も明確ですし、書くだけで稼げるのなら他の事をやらないでブログを書いた方がいいと思うのが普通の感覚だと思います。

それだけ書く意味があったり書く目的があれば、どんなに時間がなくても時間を割いて書くことが出来るのです。

それだけブログを書く優先順位が上がるから他の事を辞めてもブログを書こうと思うのです。

それがブログを書くために必要な事なのです。

ブログを続けていける人たちの特徴

基本的にブログを書いたとしても最初はほとんど稼げません。

100円を稼ぐことの大変さを私は思い知りました。

書いても書いても1円も稼げませんでした。

書いても一円も稼げないのならやる意味がないと思ってしまうとなかなかブログを書こうとは思えないものなのです。

しかしそれでもブログを書いていける人がいます。

そういう人たちの特徴というのは二つあります。

一つ目は、

絶対に稼げると思っている人

ブログが稼げなくても書いていれば確実に稼げると思っている人は続けていけます。

根拠のない自信とも言えるかもしれませんが、そういうものを持っている人は続けていくことが出来るのです。

まだ稼げていないけれど続けていれば稼げると思っていれば続けていくことが出来ます。

しかしそういう人でもしばらく書いてそれでも稼げないと感じてしまうと自然と辞めてしまうでしょう。

それはその唯一あった根拠のない自信もなくなってしまったら、やる意味がなくなってしまうからです。

そしてもう一つ続けていける人の特徴は、

ブログを書くこと自体に価値を感じている人

ブログで稼ごうと思って始めたけれど結局全然稼げないということを知るとどうしても書けなくなってしまいます。

そう思ってしまうとブログを書こうと思っても書けません。

しかし、ブログを書くこと自体がすごく楽しいと思えば自然と時間を作って書けるようになります。

それはついついやってしまうような、

  • youtube
  • ゲーム
  • テレビ

というようなものと同じジャンルになれば自然と書けるようになるのです。

ついついブログを書いてしまうという状態になればどんなに時間がなくてもブログを書くことが出来るようになるでしょう。

結局ブログを書く時間があるかないかというのは自分次第になっていきます。

自分が本当にブログを書きたければ書きますし、書きたくなければ書かないということです。

ですから時間があるかないかなんてほとんど関係のないことだということです。

15分でも良いからブログを書いてみよう

ブログを書く時間が取れないとしても一日15分くらいはあるはずです。

ですからブログを書いてみましょう。

ブログを書くことが好きになる為にも楽しさを知る為にもまずは書かないとわかりません。

最初は時間がないと思ってもちょっとでも作って書いてみましょう。

しかしそれでもブログを書かないという人がいます。

それはどうしてかというと、一日15分書いたところで意味がないと思っているからです。

15分なら書かない方がいいと思ってしまうのです。

しかしその15分を作らなければいつまで経ってもブログなんて書かないでしょう。

そして書かなければいつまで経ってもブログの楽しさも分かりませんし、ブログで稼ぐ事も出来ないでしょう。

最初は15分でも良いのです。

とにかくまず書くことが大切なのです。

1日で1記事を完成させられなくても良いのです。

2日間かけて記事を完成させたって良いのです。

まずは書き始めてみることです。

最初から良い記事を書こうとしなくても良い

ブログを書く時間がないと思っている人に多いのが、良い記事を書こうとしている人に多い気がします。

良い記事を書けないのなら書かない方が良いと思っている人が多いです。

いわゆる完璧主義というものです。

しかし完璧な記事を完成させなければいけないなんてルールはありません。

ブログを書きたいと思うのなら、完璧じゃなくても書いた方が良いと私は思います。

良い記事ではなくても書かないよりははるかに良いです。

ブログは後で書き直すことが出来ますから、最初から完璧じゃなくても全然良いのです。

気に入らなければ消したって良いわけですし、いくらでも変更することが出来るのがブログの売りでもあります。

なので初めから最高の記事を書く必要はありません。

とにかく書くことにフォーカスしていきましょう。

ブログというのは書くことから始まるのです。

書いていれば書くことが当たり前になってくる

どんなにブログを書きたいと思ってもブログの書き始めはみんな苦痛なものです。

「何でこんなに大変なことをやっているだろうか」

「ブログなんて書かないで早く寝たい」

そんな風に思ってしまうことがあるでしょう。

始めてすぐに30万円くらい稼げていれば続けていくことが出来るかも知れませんが、なかなか現実はそうではありません。

全く稼げないのに書き続けるというのは苦痛なものです。

私自身もそう思っていました。

仕事をやりながらブログを書いていたので、仕事終わりで寝たいと思うところでもブログを書いていました。

しかも最初の半年はアクセスは全くゼロと言って良いでしょう。

それでも続けられたのは、ブログを楽しんで書いていたからです。

あまり記事の内容にとらわれていませんでしたし、とりあえず一日1記事書けばどんな記事でも良いと思って書き続けていきました。

今はリライトしてしまいましたが、300文字ほどで更新した記事もたくさんあります。

それでも書かなくなったらブログを辞めてしまうと思ったので無理矢理にでも書き続けました。

そうしているうちになんとなく書くことが日常になってきて、文章を書くことにもなれてきてそこまで苦痛ではなくなりました。

だんだんと文字数も増えてきて、だんだんと質の高い記事が書けるようになってきました。

(この記事も5000文字ほど)

一度ブログを書くことが習慣になってしまえば書けるものです。

そうなるまで書き続けてみる事もブロガーになる為には重要になってくるでしょう。

そもそもブログなんて書かなくても良いものです。

しかも記事を生み出す作業というのは楽なことではありません。

全く白紙の状態から自分で考えて文章を作っていくのですから簡単なことではないでしょう。

そんなことを仕事をしながら続けるのは本当に大変なことです。

しかしそんな事もずっと書いていれば慣れてくるものです。。

毎日続けていればそれが当たり前になっていくのです。

そうやって慣れてくれば後は惰性でも続けていくことが出来るでしょう。

人間は良くも悪くも慣れる生き物です。

だから毎日書いていれば3ヶ月後にはそこまで書くことが苦痛ではなくなっているでしょう。

もちろん全く苦痛というわけではありませんが、3ヶ月間続けていれば書くことが習慣になっているでしょう。

そうやって習慣になるまで続けていくことができればブロガーとして続けていくことが出来るでしょう。

まとめ

ブログを書く時間がないと思っている人がいますが、実際は本当に時間がないのではなくて、ブログを書くことの優先順位が低いのでブログを書く時間がないというのが正しい表現です。

もちろん物理的に忙しすぎて本当に書けない人も中にはいるでしょう。

そういう人はそもそも今の現状を変えていくべきです。

一日30分も時間が作れないくらいに多忙な日々を送っているのなら、それは幸せな人生とは言えないでしょう。

もしそれでも幸せなのだとしたら、別にブログを書かなくても幸せでしょう。

ブログを書く時間というのは、見つけるものではなくて自分で作るものです。

そうやって自分の意思で時間を作らなければ時間は誰でもありません。

ブログを書く時間は空いてる時間に詰め込むものではありません。

ニートだったとしてもニートなりの生活スタイルがありますし、ブログを書く時間がないという人もいるでしょう。

それだけ時間を作るというのは大変なことなのです。

絶対にブログを書こうと自分の心の中で決めて、そして自分の心でブログを書く時間を作りましょう。

そうすれば自然とブログを書く時間が出来てくるはずです。

ちょっと精神論的になってしまいましたが、是非参考にしてみてください。

関連記事