ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

ブログの記事の文字数はどれくらいが良いのか。読みやすい適正な文字数とは

ブログを書こうと思った時にどれくらいの文字数を書いたら良いのか、どのくらいが一番アクセスを集めることが出来るのだろうか。と考えるときがあるでしょう。

ブログの文字数でアクセスは変わりますし重要なことではあります。

どれくらいの文字数で記事を書いた方が良いのかについて書いていきたいと思います。

適正なブログ記事の文字数はどれくらいなのだろうか

ブログ記事の文字数に書かれている記事はたくさんありますしそれだけみんなが気になる点ではあります。

しかし文字数の答えというものはないですし、グーグルの判断になってしまうので正しい正解というものは存在しませんし変化していくでしょう。

ではどれくらいの文字数にしたら良いかというと、

大体目安としては、1500〜3000文字くらいの記事がちょうど良い文章量です。

読み応えもあって情報量もある程度書く事ができますし、3分〜5分くらいで読めるのでストレスもありません。

それくらいの文章量だとみんなが読みやすくて気持ちよく読めるでしょう。

読者読みやすい文章であればどんな文字数でも良いということ

本でもブログ記事でも新聞でも全て文字というものは自分以外の誰かに向けて文章を書くことがほとんどです。

自分の日記や予定表以外は大体が自分以外の誰かに向けて文章を作ります。

ということはその人が読みやすいと思う文章であることが一番大切なのです。

情報の網羅性というものがあることも重要なので、一つの記事でいろんな情報や気になったこと、自分が感じている悩みが解決出来ると、

「この記事は良い記事だ」と感じます。

ですからその記事のテーマに沿って記事がしっかり書いてあり、情報が整理されていてそのテーマについ読者が知ることが出来れば良い記事だと言えるでしょう。

そうなるとある程度の文字数は必要になります。

文字数を気にして書くよりかは、記事のテーマについてしっかりと情報を読者に伝えることを意識して書くことが何よりも大切でしょう。

文字数はそこまで気にしなくても良い

「記事を読んでどれだけ読者が満足するか」

「どれだけ情報が整理されていてしっかり情報を伝えられているか」

という点が重要なので厳密にいうと文字数というのはあまり関係ありません。

難しいテーマや奥の深いテーマであると、どうしても文字数が増えてしまいますし逆に伝えることがあまりないテーマだと文字数が少なくなってしまいます。

ですがそんなことを気にする必要はありません。

ですからそれさえ意識していれば、

500文字でも良いですし10000文字でも良いのです。

読者が読みやすくてわかりやすい文章だと思えばそれが一番大切なことなのです。

文字数は記事をしっかりと一生懸命書いた結果でしかない

「何文字の記事を書くのか」ということではなく、自分の伝えたいことをしっかり伝えて、読み手のことを考えて書いた記事が結果的に、

「何文字になったのか」という結果でしかありません。

文字数を増やしたくて間延びして何度も同じことを繰り返しているような記事では良い記事とは言えませんし、文字数が少なく結論だけ書いてあってその説明をされていない記事もわかりにくく何を伝えたいのかわかりません。

文字数を目標にするのではなくて自分が精一杯気持ちを込めて文章を書いていればそれは読者のための記事になるので結果的に良い記事になるのです。

あとがき

ブログ記事の文字数という事は気になるところではありますがそれに正解はありません。

私自身の記事で言えば、600文字くらいの記事がとてもアクセスを集めているものもあれば、6000文字の記事がアクセスが全然ないという記事だってあります。

重要なのは文字数ではなく、どれだけ読者のことを考えて書かれているかということなのです。

読んだ後に、

「この記事は為になった」

「すごく面白い記事だった」

と思えたらそれは自然とアクセスも集まってくるでしょう。

文字数は良い記事を書こうと思った結果でしかありません。文字数を目標としないでどれだけ読者に良い情報を発信出来るかということに目を向けてブログを書くと良いでしょう。