ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

ブロガーなら自分の強みで勝負しよう。【自分の才能の見つけ方】

ブログは今現在ではかなりの人数が始めているからそれだけブログ自体も似たり寄ったりになってきています。

ブロガー人口が増えていること自体は良いことだと思います。

それだけブロガー業界が盛り上がっていきますし、それだけたくさんの情報がネット上に増えるので検索する人からするとさらに便利になっていくでしょう。

しかしブロガーが増えれば増えるほどライバルが増えて、人よりも頭一つ抜け出すには困難な状況なのは事実です。

みんな人よりも目立とうと思って、人の批判をして目立とうとする人までも出てきています。

それは当然の現象と言えばそうなのですが、それでは長くは続かないでしょう。

それに人の批判をして有名になろうとしている人に聞きたいのですが、人の批判がしたくてブロガーになったのでしょうか。

多分他人の批判をしたくてブロガーになる人はほとんどいないでしょう。

それなら別に良いがやりたくないことをやって必死にブロガーを続けていくのであれば別の仕事をしても良いでしょう。

わざわざ稼ぎづらいブロガーという道を選ぶ必要はありません。

ブロガーとして長く結果を出し続けたいと思うのなら自分の強みを生かしてブログを書くことが必要なのです。

必ず誰にでも自分の強みというものはあります。

その強みを見つけて自分の良さを引き出すようなブロガーになりましょう。

今回は、ブロガーなら自分の強みを生かした方が結果が出やすいというテーマで書いていきたいと思います。

必ず自分の強みはある

自分の強みで勝負した方が良いと言われても自分の強みなんてない。

自分には特別な才能なんてない。

と思っている人は多いのではないでしょうか。

むしろそう思っている人が大半かも知れません。

だがみんなそれぞれ自分の強みはあるものなのです。

どうしても「強み」というと人よりも優れている事、目に見えて凄いと思うこと、お金になる事が強みと思われがちですが、強みとはそれだけではありません。

強みとは目に見えて凄いことだけではないのです。

苦痛なく続けられるのは自分の強み

人が苦痛で続けられないことを当たり前のように続けられるのはそれだけで大きな才能であり強みです。

例えば、

「ブログを1年以上続けている」

これはとても大きな才能です。

普通からすればそれは凄いことですが、ブロガーの中に入ってしまえば普通になってしまいます。

しかし少し視点を変えて、

「コーヒーについてのブログを一年間続けた」

これだったらどうでしょうか。

かなり少ない人数になってくるでしょう。

それは大きな強みと言えます。

「コーヒーが好きでブログも好き」

どちらも継続し続けるというのはそれだけで大きな才能なのです。

どんなに凄いブロガーでも、コーヒーが好きじゃないのにコーヒーについてのブログを書けと言われても出来ないでしょう。

ですからコーヒーについてブログを続けられるのは大きな才能であり、それを続けていけば自然と自分自身が唯一無二の存在に変わっていくのです。

その世界では一番になれるのです。

ですから普通に続けていくだけでもそれは大きな強みなのです。

ただ目に見えて凄いことやお金を稼げる事が才能ではありません。

継続できる事はそれだけで才能なのです。

強みがと思う人でもコンプレックスがない人はいない

自分には強みも才能も続けられる事もない。

そう思っている人でも、自分のコンプレックスの一つや二つはあるでしょう。

そのコンプレックス(自分が感じる弱いところ)は、見方を変えれば才能になり得るものです。

自分がニキビに関してコンプレックスを持っているのならそれは大きな強みに変わる可能性を持っているのです。

そう言った自分の弱みをブログの記事にするだけでもそれは自分の個性になって、それを続けていくことによって強みに変わっていくのです。

例えば、

ニキビを治すブログを始めて、

  • どうすればニキビが良くなるのか
  • 何がニキビに悪いのか
  • ニキビが出来る原因

というようなテーマの記事を書くことによって、同じような悩みを抱えている人の役に立つことが出来ます。

そうやって書き続けていくことによって、詳しくなっていくので自分の強みになるのです。

そのような情報というのは、同じようにニキビで悩んでいる人からすればそれはかなり有益な情報なのです。

それ以外にも、

これからニキビを治していくブログを始めてもそれは十分に価値のあるブログに変わっていきます。

自分のコンプレックスをブログに書くというのはとても勇気が必要なことかも知れませんが、同じように悩んでいる人からするとあなたのブログを読んで勇気付けられるでしょう。

完璧に良くなったことをブログに上げなくても、こんな方法を試して少しづつ良くなってきている。という情報でも読み手にとっては大きな価値になるのです。

ですからコンプレックスがあるというのはそれだけで強みに変わっていく可能性を秘めています。

他にも自分がブログを続けられないというのなら、ブログが続かない人が続けられるようになるブログでもやれば良いのです。

コンプレックスと才能(強み)は同じことなのです。

自分のコンプレックスを活かしていけばそれが自分にとって大きな強みになっていくのです。

誰でも自分の強みには気付きにくい

もし自分に分かりやすい強みというものを持っていたとしても、実際誰でも自分の強みには気付きにくいものです。

なぜなら、その強みというのは自分にとっては当たり前のことだからです。

例えば、

自分がすごい片付けや掃除が上手いとします。

しかしその掃除や片付けなんて人と比べる事はない訳ですから、自分で当たり前のように掃除をするでしょう。

普通にしていたら掃除が得意かどうかなんて気付くことは出来ません。

ですが、ある時に友達に言われたとします。

「お前ってめっちゃ掃除上手いよな。どうやってんの?」

と言われても自分からしてみたら普通にやっているだけだから分からないでしょう。

そんな掃除が上手いか下手かなんて普通にしていたら気付きようがありません。

だって普通にやるだけですから。

ではどうやって才能に気付くことが出来るのかというとそれは、

人と比べて初めて気付く事が出来るのです。

自分一人で考えてしまうと、自分にとっては当たり前の方法で掃除をする訳ですから得意かどうかに気付くことは出来ませんが、人と比べることによって得意かどうかが分かるのです。

お片付け選手権があって、そこで優勝をした時に初めて自分が掃除が得意と気付けるのです。

自分の強みというのはどこに隠れているのか分かりません。

ですからもし自分の強みが分からないのなら自分の友達や家族に聞いてみると良いかも知れません。

自分の想像とは全く違う返答が返ってくることもあるのです。

強みは自分自身では気付きにくいものなのですから、勝手に自分には強みなんてないと思い込まないで、一度探してみてはいかがでしょうか。

案外すぐ目の前に才能というのは隠れているかも知れません。

強みがないなら面白い企画をやろう

ここまでで自分の強みが全くないという人はきっといないと思いますが、なかなか一人で考え込んでいても見つからないことはあるでしょう。

見つかったとしても全くやりたいことじゃないということもあるので、そんな時にはどうすれば良いのかというと、面白い企画でもやると良いかも知れません。

私自身はこのブログを始める前は、

現代版わらしべ長者をやろうと考えていました。

ブロガーやいろんな人に会いながら物々交換をしてどんなものに変わっていくのかをブログに書いていくというものです。

それがウケるかどうかは分かりませんし、見せ方次第になってきます。

ですがもし全く自分には強みがないと思うのなら、何かしらの企画をやってみるという選択もあります。

何も強みがないのなら自分が思いついた企画、自分が前々からやってみたい事をそのままブログに書いてしまえば良いのです。

ですので自分には強みがないからブログを書くのは諦めようと思うのはまだまだ早いのです。

最後に

自分に強みがないからもう諦めるしかないと思うのはまだまだ早いです。

強みというのは必ずあるのです。

やりたくない事があるのなら、逆にやりたい事だって必ずあるという事です。

やりたくない事をやらなければあとはやりたいことかやっても良い事が残るでしょう。

だったらそれをやれば良いのです。

自分の強みがどうしてもないと思うのならやりたい事をやっても良いでしょう。

やりたいことというのは続けていく事が出来るので、自然と自分にとって強みに変わっていくものです。

ブログをやりたいと思うなら才能がどうこうとか出来る出来ないなんて気にしないで、やりたいようにやってみると良いでしょう。

好きこそものの上手なれという言葉があるように、好きなことは自然と強みに変わっていくものです。

人生のうちにやりたい事は意外と少ないものです。

やりたいと思ったのならやった方が良いのです。

そのチャンスを逃したら次にいつくるか分かりません。

あれこれ悩んだり迷ったりする事は誰でも出来ます。

でもその一歩を踏み出す事は誰にでも出来る事ではありません。

踏み出した時点ですごいことであり才能でもあるのです。

どんな天才もその一歩を踏み出さなければ天才にはなれないのです。

ブロガーとしての結果を残すためには、強みを生かして勝負するのが一番良い方法だと私は思います。