ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

カウンセラーと相談者は持ちつ持たれつの関係

霊能者というのは、一人で霊能者でいられるわけではありません。

相談してくれる人、お客さんがいるからこそ霊能者としての居続けられるのです。

ですから偉そうにしたり、相談を受けに来てくれる人を見下したり馬鹿にしたりしてはいけません。

相談してくれる人も霊能者もどちらも必要な存在なのです。

霊能者は相談してくれる人がいるから霊能者でいることができますし、相談者の方も霊能者がいるから相談する事が出来ます。

どちらにとっても持ちつ持たれつの関係なのです。

どちらか一方が欠けても成り立たないのです。

そのことを理解しなければいけません。

お金をもらって相談を受けるわけですからしっかりとした相談をすること、そして相談してくれた人の悩みを解決へと導くために親身になって一緒に解決を目指すことはとても大切なことです。

そして相談者様もお金を払っているからといって偉くなってはいけません。

占い師や霊能者を試すようなことは控えて頂きたいなと思っています。

私自身は、スピリチュアルカウンセラーという立場なのでやはり相談を受ける事が多いです。

その時にこちらはお客様の悩みを解決する事、お客様が納得してくれるように説明する事が仕事だと考えています。

そんな時に私自身のことを試しているような事があると、そもそもお互いの目的が変わってきてしまうので、まともな相談をする事が出来ません。

なのでお互いに同じ目標に向かって話し合う事が重要なのです。

そうでないと、私たちカウンセラー、霊能者がどんなに親身になって話を進めようとしてもお互いに良い時間にはなりません。

そして、スピリチュアルカウンセラーにもしっかりとした責任があります。

それは、相談者様の心の中を当てたり自分のすごさをアピールする事です。

もともと相談者様の悩みや問題を解決する事が目的として相談を受けにきてくれているはずです。

そんな中で、自分のすごさをアピールされてもそれではお互いの目的が食い違ってきてしまいます。

それもお互いに良い時間とは言えません。

ですのでお互いにしっかりと目標を定めて、一致団結をして問題を解決していく事が大切なのです。

相談する時間だけかも知れませんが、その時間の間は同じ目標に向かって話し合う同士なのです。

短い間かも知れませんがお互いに信頼関係を築いて、頑張っていきましょう。

相談者様も霊能者、スピリチュアルカウンセラーというのは持ちつ持たれつの関係なのです。

その事をお互いに忘れないでいく事が大切だと私は思います。

関連記事