ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない

出る杭は打たれる。

それはこの社会において当然と言えば当然なのかもしれません。

やはり自分よりも優れている人に嫉妬をしたり、

みんな同じで足並みを揃えていこうというのが人間の心理でもあるでしょう。

しかしそれではどんどん優れた人がいなくなってしまいます。

せっかく才能があるのなら、

出る杭を打たれても諦めてはいけません。

その足の引っ張りを跳ね除けて、

出すぎた杭になれば良いのです。

そうすれば自然と誰も叩かなくなっていくのです。

出る杭はどうして打たれるのか

出る杭は打たれてしまいます。

それは人間の嫉妬から始まるのでしょう。

自分よりも優れている人やすごい人に嫉妬してしまうのが人間です。

「どうせ悪いことしているんだ」

「すごいかもしれないけれど性格が悪い」

そんな風に何か粗を探して足を引っ張ろうとします。

すごい事をすごいと言える人はなかなか少ないものです。

どうしても羨ましいのです。

そうやって人に注目されたりすごいと言われたいという気持ちが強ければ強いほど、そうやって脚光を浴びている人が許せないのです。

出る杭を打つのは、

「自分もあんな風になりたいな」

「あんなに脚光を浴びていて羨ましい」

という気持ちの裏返しなのです。

それを見て、

「自分も努力しよう」

「自分もあんな風になろう」

と思えれば良いのですが大体の人はそうは思いません。

自分が頑張って追い付こうと思うのではなく、

その脚光を浴びている出る杭を打ってしまえば自分と同じところまで落ちてくるのでそれで満足しているのです。

自分が上がろうと相手を下げようと自分にとっては同じだと考えてしまうのです。

自分が上がろうと思うととても苦労や努力が必要になってきます。

しかし人を下げたり足を引っ張ったりするのは簡単です。

今すぐにでも出来ます。

だからそうやって自分が楽は方を選んで自分と同じ位置に引きずり落とそうとしているのです。

そのために人の粗を探してダメな人にさせようとしているのです。

そういう人は絶対にいます。

だから別に気にする必要はないのです。

その足の引っ張りに気を向けてしまうと疲れてしまって本当に引っ張られてしまうかもしれません。

自分が悪いわけではないのです。

そういう人は確実に現れるものなのです。

気にせず自分らしくいけば良いのです。

【関連】噂話を気にする必要はない。ただそれは嫉妬しているだけなのだから。

出る杭は打たれるが出すぎた杭は打たれない

ちょっと人よりも優れているとどうしても足を引っ張ってくる人が出てきます。

それは仕方のない事です。

しかしそれも最初だけです。

自分がもっと努力して出すぎた杭になれば打たれなくなっていくのです。

最初は応援してくれる人もいれば、否定してくる人もいるのは当然です。

しかし、それを超えて本当に評価されるようになってくると、

「あの人は本当にすごい人」

「あの人は本物」

という評価に変わるのです。

そこまでいけば否定する人はかなり少なくなるので打たれなくなっていくのです。

逆に杭を打とうとしている人が否定されてしまうようになっていくのです。

この社会では多数決で決まることがほとんどです。

だから多数の人に応援されるようになっていくと、

出すぎた杭になっていくことが出来れば打たれなくなっていくのです。

少しだけ出てしまうと足に手が届いてしまいますが、もっとすごいところまでいけば足にも届かずに誰も足を引っ張ることはできなくなっていくのです。

もし今が出る杭になっているのだとしたら、

今の自分に満足することなく出すぎた杭になるまで頑張れば良いのです。

【関連】大きな夢を叶える方法

出すぎた杭になる為に必要なこと

出すぎた杭になれば叩かれないといっても簡単には出すぎた杭になることは出来ないでしょう。

しかしそれでもそこまでいくことで初めて本物と言えるでしょう。

では出過ぎた杭になるにはどうすれば良いのかというと、

自分を本気で応援してくれるようなファンを作ることです。

どんなに叩かれたとしても、

それだけたくさんのファンやすごく応援してくれる人がいれば頑張ることが出来ますし、それを力に変えてもっと上へといくことが出来るのです。

ファンを作る為には、

自分を貫く強い意志が必要です。

出る杭になる為にも、

出すぎた杭になる為にも、

自分を貫く強い意志が必要なのです。

足の引っ張りに負けてはいけません。

どんなに叩かれても負けない強い意志を持つことが出来れば出すぎた杭になることが出来るのです。

【関連】限界を超える方法

叩いてくるアンチもあなたに興味がある

出る杭になって注目する人が増えるとアンチが増えるのは仕方のないことです。

しかしそうやって叩いてくるということはそれだけ興味があるということです。

もちろんそれは嫉妬かもしれませんし羨ましいのかもしれません。

しかしそれだけ興味があるということなのです。

本当にどうでも良ければ、何も反応することなく興味を持つことはないので叩いてくることはないでしょう。

それだけ興味があるということは、

それだけ応援する気持ちもあるということなのです。

好きも嫌いも同じように興味があるということなのです。

だったら今は嫌いだったとしても、もっとすごい自分になることが出来たらそのアンチもあなたのことを好きになるかもしれません。

だからアンチも気にする必要はないのです。

それだけ興味があるということなのですから。

足を引っ張ることに負けずにどんどん前に進んでいけば良いのです。

【関連】アンチになる人の心理とは?アンチを気にしないで自分を貫けばいい。

足を引っ張ってくる人に関わる必要はない

足を引っ張ってくる人は、自分がすごくなればなるほど出てきます。

そういう人たちに言い返したり反応したりする必要はありません。

反応してもキリがありませんしもともと否定する為に絡んできているので、反応しても揚げ足を取られるだけなのです。

そして関わっていると自分の心に揺らぎが出てきてしまうので本当に足を引っ張られてしまうのです。

その否定に心が折れてしまったら本当に負けてしまいます。

負けない為にも反論したり反発したりする必要はないのです。

そんな時間を使うのであれば、

少しでも早く出すぎた杭になることを目指しましょう。

【関連】叩かれても否定されてもいい。その人のためにやってるの?

あとがき

出る杭になるとどうしても反発してきたり否定してくる人たちは必ず現れてきます。

しかしそれは大切なことなのです。

否定してくるアンチがいなければ、

それだけ誰にも注目されていないということにもなってしまいます。

ですから足を引っ張られるのは仕方ないことだと思って、気にせず頑張っていけば良いのです。

それだけ注目されているということなのですから良いことなのです。

もちろん否定されて良い気持ちになる人はいませんが、

そこを乗り越えてもう一段階上の位置に行くことが出来れば自然とアンチは少なくなっていくでしょう。

出る杭は打たれます。

しかし出すぎた杭になることが出来れば打たれないのです。

その位置にいけるまで頑張っていきましょう。

強い意志を持って向かっていきましょう。

関連記事はこちら