ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

スピリチュアルな方法でダイエットを成功させる方法

ダイエットを続けられずに挫折してしまう人は多いでしょう。

色々なダイエット方法を試してみてもなかなか結果が出なくてすぐにやめてしまうという人が多いのではないかと思います。

ダイエットを成功させるためにはある程度続けていくことが必要です。

ダイエットを成功させるためにはコツがあるのです。

そんな人にはある特徴があるのです。

ダイエットが続かない理由

ダイエットが続かない。

三日坊主で諦めてしまう人はとても多いです。

自分って意志が弱いなと思うかもしれませんが、そういうことではありません。

どうしてダイエットを続ける事が出来ないのかというと、ダイエットを続けていくことよりも今の自分でいる方がずっと楽だからです。

もしダイエットで食事制限や運動をすることよりも痩せられないことの方が辛かったとしたら人は必ず痩せる方を選びます。

それはなぜかというと人間は楽な方を選んでしまうからです。

「例えば、10キロ痩せないと仕事をすることが出来ない」

「痩せないとみんなに馬鹿にされるので辛い」

そんな状況になったとしたら、ダイエットの辛さなんてものよりもそっちの方が問題なので、必ず痩せようと思います。

ボクシングの計量だって、自分のやりたいことをやるためには減量をしなければ試合に出ることが出来ません。

やりたいことがあるから痩せられるのです。

誰でも痩せることは簡単なことではないし誰でも辛いです。

ですが、その辛さよりも痩せないといけない理由があるときに人は行動するのです。

【関連】楽な状況に慣れてしまうと人は変われない【人は楽を好む生き物】

ダイエットをしてもなぜ痩せられないのか

「ダイエットをしてもなかなか痩せることが出来ない」

「痩せたとしてもすぐにリバウンドしてしまう」

そんな風に悩んでいる方は多いのではないかと思います。

なぜそういうことが起こってしまうのかというと、

自分の潜在意識が今の現状を維持しようと働いているからです。

人間は、現在の状態を維持することが得意な生き物です。

環境が変わるとストレスを感じてしまうように、

現在の体型や食生活、生活習慣を変えようとすると、それをもとに戻そうとする力が働いてしまうのです。

ですから、自分では痩せようと頑張っていても、身体は元に戻そうという働きをしてしまうので、ダイエットをしてもなかなかすぐには痩せることが出来ないのです。

【関連】潜在意識を正しく理解してより自分の望む自分になろう

どうすれば痩せられるのか

そうやってダイエットをしようと思っても、体が元に戻ろうとしてしまうのなら、どうすれば痩せることが出来るのかという疑問が湧いてきます。

実際にどうすれば良いのかと言うと、

痩せられる環境を作り、それを当たり前にやっていくことで自然と痩せていくことが出来ます。

今までは一生懸命ダイエットをして無理のあるダイエットをしていたものを、今よりも少し出来る範囲でダイエットを続けていけば良いのです。

ダイエットというのは色々な方法があると思いますが、簡単にいえば適度な運動と食事制限で痩せることが出来ます。

運動も大事ですが、特に食事制限が一番重要です。

一生懸命運動をしても消費するエネルギーはそこまで多い訳ではありません。

それよりも食事制限をすることで摂取カロリーを減らせば自然と体重は落ちていきます。

人によって個人差がありますが、だいたい自分の中でどれだけのカロリーを取ると、体重が何キロということが分かってきます。

例えば、一日2000キロカロリーを摂り続けていると、60キロでキープする。

2500キロカロリーを毎日摂っていると、65キロをキープするという風に分かってきます。

ですから、自分で摂取カロリーを制限することによって自分の体重を自由自在に操ることが出来ます。

なので、摂取カロリーを気にしていれば自分の体重を明確に減らすことが可能なのです。

【関連】目標を明確にすることの重要性【目標を達成する方法】

どうしてお腹が空くのか

お腹が空いてしまうというのは、現在の自分の体重を維持するために必要なエネルギーが足りていないということなのです。

なので自分の体重を減らすにはその空腹と戦わなければいけません。

それは人間は自分を維持するために必要な現象なので仕方ありません。

ですから空腹になっているということは、「今自分は痩せている」と思っていけば良いのです。

空腹と戦うにはどうすれば良いのか

ダイエットで一番辛いことというのは、空腹と戦うことです。

空腹に勝つことが出来れば、ダイエットは成功したも同然です。

ではどうやって空腹と戦えば良いのかというとそれは、

水分を多めに取れば、お腹が膨れるので空腹を抑えることが出来ます。

大体の人は水分が足りていない人が多いです。

特にダイエットをして食事を少なめにしていると、自然と水分が足りなくなってしまいます。

ですから、意識的に水分を多めに取ることが必要になってきます。

健康のためにも空腹と戦うためにも水分を多めに取ることをお勧めします。

1日2〜3リットルは取るようにしましょう。

それでも空腹に耐えられない時はどうすれば良いか

水分を取っても、一時的に空腹がおさまるかもしれませんが、それだけではまたすぐに空腹がやってきます。

空腹がやってくるたびに水を取るわけにもいきません。

そういう時は、

自分の好きなことや熱中出来ることをやりましょう。

一日中忙しかったり、何かに熱中している時は、気付くと夜になっていて、「そういえば今日何も食べてなかった」ということがあります。

それくらい他のものに集中していると案外忘れてしまうものです。

何もしていなかったり、食べることばかりを気にしているとどんどんお腹が空いてしまいますが、他のことに意識を持っていくと自然と忘れてしまうものです。

空腹には波がある

ある程度空腹を我慢していたり、他のことに集中していると、いつの間にか空腹が収まっていることがあります。

ずっと空腹の状態が続くわけではありません。

空腹の波を乗り越えてしまえば、また収まってくるのでそれまで違うところに意識をおいて乗り越えましょう。

無理せずに続けていくことが大切

痩せたいという気持ちが先走ってしまい、

無理なダイエットと苦行のような断食をしてしまうことがありますが、それは体にも良くありませんし、リバウンドをしてしまう原因にもなります。

ダイエットと言うのは、時間をかけて長い間行えばリバウンドは起こりません。

ゆっくり少しづつ痩せていくことで、自然と体重は落ちていきます。

早く痩せたいと言う気持ちはわかりますが、日々の生活が何よりも重要なのです。

一気に痩せていくよりも、痩せた状態をいかに続けていくかと言うことの方が大切です。

体を壊してしまう原因にもなりますので、適度に無理なくダイエットを続けて、ダイエットしている状態を日常にすることが一番良い方法です。

【関連】継続出来なくなるくらいならノルマを下げた方がずっといい

どうしてリバウンドしてしまうのか

なぜリバウンドという状態が起こってしまうのかというと、ダイエットを行うと体が元に戻ろうとして飢餓状態になります。

そうすると、ダイエットをやめて食事を摂ったときにたくさんの栄養を体に取り込もうとして、少ない食事だとしても多くの栄養を吸収してしまいます。

そしてまた体が元の位置に戻るまで、栄養の吸収率が高まってしまい、そこまでご飯を食べていなくてもリバウンドしてしまうのです。

体は前の自分の状態を記憶しているので元の位置に戻ろうとしてしまうのです。

【関連】潜在意識を書き換える方法。人は腑に落ちた時に初めて本当に変わることが出来る

じゃあどうすればリバウンドしないのか

元に戻ってしまうのにどうやってリバウンドしないようにすれば良いのかと言うとそれは、

ゆっくり自然と当たり前のように体重を落としていけば良いのです。

急に体重を落としてしまうとリバウンドしてしまいますが、ゆっくり体重を落としていくことによって、体が元に戻ろうとする力があまり働かずに体重を落とす事ができます。

そして長い間をかけて体重を落としていけば、自然とその痩せた状態が当たり前になってくるので、今度はその位置で体をキープしようとするようになります。

そうなればダイエット成功と言えるでしょう。

一度痩せた状態で体がそれに馴染んだのなら、なかなかまた太ってしまうことはありません。

そこまで無理をしなくても痩せた状態をキープしてくれます。

そうなるまでには、ゆっくり無理をせずにダイエットを日常にして当然のようにダイエットをしているような生活にしていく事が必要なのです。

まとめ

男性も女性も体のコンプレックスというのはとても大きな問題です。

出来る事なら解決したいのですが、なかなか痩せられずに悩んでしまい結局挫折して諦めてしまうというスパイラルに陥ってしまいます。

しっかり体の仕組みを理解して、自分の気持ちと相談しながら、ダイエットを行う事で、誰でも痩せることは可能なのです。

大体の人が、ダイエットの知識がなくて、色々試してみるもののうまくいかずに断念してしまう事がほとんどです。

体のことを理解して、しっかりとしたダイエット方法を実践することで、無理なく自然と痩せる事が出来るのです。

ダイエットが日常の一つ、歯を磨くのと同じくらい当たり前にすることが出来れば、ダイエットは成功したも同然です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。