どんなことでも楽しむ心を持つことでうまくいく。辛いことも楽しめば好きに変わる

仕事の悩み解決
スポンサーリンク

辛いことでも嫌いなことでも楽しんでやろうとすることが大切です。

嫌いなことを嫌いだと思ってやっていたらいつまでたっても嫌いのままです。

やらなければいけないことややっていることがあるのだとしたら、楽しんでやりましょう。

どんなことでも楽しんでやろう

どんなことをやるにしても楽しんでやろうという気持ちがとても大切です。

当然やりたくないこともやらなければいけない時もあるしつまんなくて苦しいことをやらなければいけない時もあるでしょう。

そういうものをそのまま嫌いという意識でやっていてもいつまでたっても苦しいだけ。

苦しいのはわかっていることなのだから、その中でも少しでも好きになろうとしたり、楽しんでやることで少しづつでもそのことに対しての気持ちは変化していきます。

嫌いになるにも理由があります。

楽しんでやったり、いつもと違う気持ちでやれば、いつもと同じことをしていたとしても全然感じるものが違ってきます。

そういう気持ちで行うことによってもしかしたら好きになるかもしれません。

せっかくやらなければいけないのだとしたら、ちょっとでも好きになれるように努力してみましょう。

【関連】楽しめるようになる方法

気持ち次第でどうにでもなる

どんなに好きなことだとしても気持ちがブルーなときにやっても楽しくありません。

逆にどんなに嫌いなことだとしても、気持ちがウキウキしている時は、楽しくなっていくのです。

それくらい気分だったり気持ち次第で変わっていくものです。

嫌いなことをやる時は、どんなに気持ちがウキウキしていても、自然と気持ちまでブルーになっていってしまいます。

そうならないように、どんなことでも楽しくやったり、少しでも楽しくなるように環境を変えていくことで自然と気持ちも変わっていきます。

嫌いなことから逃げるのではなくて、好きになれるまでちゃんと向き合ってみることも大切です。

【関連】自分の感覚と心が自分自身の人生を決定している

やるならとことんやってみよう

どうせやるのならとことんやってみましょう。

やっぱり逃げ腰で何をやったとしても、そのものの本当の楽しさを知ることは出来ません。

真剣に向き合って、嫌いなものに対しても本質を知ることによって、思いがけない一面を見ることが出来ることがあります。

そういう風に今まで自分の偏見の中でしかみてこなかったものが急に違う一面を体験することが出来るといきなり好きになることがあります。

やるなら逃げたり避けたりするのではなくとことんやってみて、とことん向き合ってやってみることで自分の苦手意識も変わっていきます。

【関連】自分が納得いくまでとことんやり切る。納得せずに終わると後悔する

最後に一言

誰でも嫌いなことはあるし、そのものに向き合っていくというのは最初はとても大変なことです。

ですが、一度本気になってやってみると、そのものの奥の深さがわかったり、コツや楽しさを見いだすことが出来たりします。

そうなってくると今まで嫌いだと思っていたものが急に好きになることもあります。

今まで算数が嫌いだったとしても、本気で向き合って頑張ると、今まで解けなかった問題が解けるようになり、そうすると算数の楽しさもわかってきます。

そうやって苦手なものも好きになっていくのです。

私自身、こうやって今となってはブログを書いていますが、ずっと本を読むことも文章を書くことも好きではありませんでした。

私はスポーツが好きだから、文字を読んだり勉強することは嫌いだ。という風に決めつけていました。

ですが、いざやってみると本を読むことが好きになり、最終的にこうやって文章を書くことも好きになっていました。

何が好きで何が嫌いかなんて、未来はどう変わっていくのかはわかりません。

自分で決めつけるのではなく、まずは真剣に向き合ってみることをお勧めします。

嫌いになるより好きになる方が絶対に良いです。

一度嫌いなものを本気でやってみてはいかがでしょうか。

関連記事