やめてしまった方が楽。

そんな風に思ったとしてもいざ辞めることを考えるとそんなことは出来ない。

人は楽な方向へと逃げる。

続けることも大変なことだけれど、辞めるよりも続けた方が楽だから続ける。

そういう状態になったら続けられる。

それでも続けていけば、

やめてしまったほうが楽だと思うでしょう。

けれどやめてしまう事を考えると辞めるほうがもっと辛いなと思う。

やめても続けても楽なことはないんだな。

人間はどうしても苦痛を味わう生き物だ。

忙しければ苦痛だし、暇すぎても苦痛。

結局は無い物ねだりをしているだけ。

その無い物ねだりを続けている以上はずっと苦痛を味わうのだと思う。

どうせ何をしても苦痛なのだとしたら、

自分が望む方向へと進んだほうが絶対に良い。

同じように辛さを感じるのだとしたら自分が望むような辛さを味わったほうが絶対に良い。

どうせ辛いなら自分の好きなもので辛さを味わったほうがいい。

人生はなんだかんだ辛いだけじゃない。

辛さを乗り越えた先には、

楽になる瞬間や最高に楽しい瞬間もある。

その一瞬かもしれないけれど、その最高の瞬間があるから頑張れる。

その自分が好きな瞬間があるからやめられない。

やめてしまったらその瞬間を味わうことができないのだから。

やめてしまっても同じように苦痛はあるでしょう。

どちらにも苦痛があるとしたら、その最高の瞬間のある苦痛の方が絶対に良い。

やりたいことがない。

何をしたら良いかわからないと思うのならそういうもので選ぶといい。

辛いのは何をしても同じ。

それなら自分が最高だと思える瞬間のある道を選べばいい。

どんなに辛いことから逃げたとしてもまた辛いことは待っている。

それなら自分の望む辛さに立ち向かって乗り越えていった方が幾分かマシでしょう。

嬉しいことや楽しいこと、達成感や充実感。

辛いことの中にも色々良い感情というのはあります。

全てが全て辛いことだけではないのです。

しかし辛いことは必ずつきまとってきます。

だから辛くても良いから自分の望む道、自分が進みたい道を進んだ方がいい。

辛さから解放されることはなくても、

それと同じくらいに良いことが待っているから。

そしてその道を決めたのだとしたら貫きましょう。

辛いのは当然なのです。

辛いことから逃げても何も意味はありません。

辛いことから逃げるのではなくて、

辛いことを乗り越えてその先に自分の望むものを手に入れましょう。

そっちの方が絶対に充実した人生を送ることが出来るでしょう。

関連記事

辛いことだけじゃなくて楽しいこともある【生きることは辛いこと】

辛いことを乗り越える事で強くなっていく【試練を乗り越えて成長する】

好きなことをして生きていく。自分の人生は自分で決められる

  • どん底から這い上がるには行動あるのみ【考え込んでも現実は変わらない】
  • 自分に出来ないことを出来るようになる為のコツと具体的な方法
  • ワクワクする人生を目指していこう。わざわざつまらない人生を送る必要はない
  • 好きなことをして自由に生きたいのならバカになればいい。バカになれば自由と可能性が広がる
  • 人生を変えたい、変わりたいと思っているうちは決して人生は変わらない。
  • 毎日同じことの繰り返しで何を目指して生きているのだろうか
おすすめの記事
哲学的思想
自分がこだわっているものと同じものを他人が持っていると好感を持つでしょう。 あれ? この人は意識的にやっているのかな? どんな価値観を持って...