生きる気力が湧かない、エネルギーが湧かない人がエネルギーを回復させる方法

スピリチュアル全般
スポンサーリンク

エネルギーが全く湧いてこない。

生きる気力が湧かない。

頑張れる気持ちが出てこない。

何もする気が起きない。

そういう状態の人は自分の中のエネルギーがなくなって枯渇している状態になってしまっている可能性があります。

原因はわからないけどなんかずっと疲れてしまっている人というのはたくさんいます。

その人たちには元気が無くなってしまう原因があるのです。

生きる気力がない人は生まれつきエネルギーが湧かないわけではないはずです。

生きる気力がなくなる原因を突き詰めて改善していくことが必要なのです。

エネルギーがなくなるとどうなるのか

エネルギーがなくなってしまうと本当に何もやる気がなくなってしまいます。

普段の生活をこなすことで精一杯だったり、休みの日はどこにも出かけないで家でゴロゴロして過ごすしかないなんていう人もいるでしょう。

気力もエネルギーもなくなってしまうと、すぐに疲れてしまいますし何も出来なくなってしまいます。

仕事が大変だから仕方ない。

今は忙しいからしょうがない。

という言葉で片付けて良いものではありません。

もちろんそれが原因なのだとしてもそれを改善していかなければずっと今の状態を続けていくことになってしまうのです。

今の現状を続けているからこそ気力が湧かないのだから、逆をいえば今の状況を変えればエネルギーや気力が湧いてくる可能性があるということです。

生きる気力がないのは今の生活に原因がある

みんな仕事で疲れているのは当たり前だし、生きることは楽なことではないのだから気力がなくなって疲れ果てているのは仕方ないし当たり前のことだ。

そんなふうに思っていたらいつまで経ってもその状態が続き、何も出来ずにただ苦しむだけ、我慢するだけの生活が待ち受けています。

疲れ果てていることは当たり前のことではないのです。

気力がない状態が正常な状態ではないのです。

活力があってエネルギッシュに生活している人もたくさんいます。ストレスを溜めないで安定した生活をしている人だっています。

自分もその人たちの仲間入りする為には今の状況を「当たり前」だと思わずに行動していくことが必要なのです。

気力が湧いてこないのには必ず原因がある

何も理由がないのに生きる気力がなくなって、すぐに疲れてしまうということにはなりません。

必ず生きる気力が湧かなくなってしまう原因がありますし、その原因を解決しなければ生きる気力やエネルギーはいつまで経っても湧いてきません。

その原因を見つけてそこを変えていくことで自然と気力に満ち溢れてくるのです。

今の状態が当たり前だと思わずに変えていって欲しいと思います。

本当に行動によって今まで活力がないのが当たり前だと思っていたものが当たり前でないことに気付くはずです。

生きる気力がなくなってしまう原因

どうしてエネルギーや活力がなくなってしまうのでしょうか。

無くなり始めというのは気付かないものです。

エネルギーというのはすぐになくなっていくものでもありませんし時間をかけていつの間にかなくなっていってしまうことが多いのでその原因い気付きにくいものなのです。

ではどうしてエネルギーや気力がなくなってしまうのでしょうか。

好きなことが出来ていない

自分のやりたい事や自分の好きなことをやれていないと人はどんどんエネルギーが失われていってしまうのです。

自分のやりたいことをやっている時というのは、

「好きなことをやっているのだから頑張ってやっていこう」

「好きなことをやっているのだからうまくいかなくてもやってやる」

という気持ちを持っているのでどんどんエネルギーが湧いてくるので行動することができます。

ですからうまくいかなくてもやりたいことを自分で選択してやっているときは自然とエネルギーや活力というものは湧いてくるものなのです。

【関連】人生好きなことをして生きよう|自分に合っている場所は違うところにあるかもしれない

やりたくないことばかりをやっている

自分のやりたいことをやれていないで、やらなければいけないことややらされていることをやっているときは、

「なんでこんなことをしなければいけないのだろうか」

「こんなことをやって何の意味があるのだろうか」

という風にネガティブな気持ちになりどんどんやる気がなくなりエネルギーもなくなっていってしまいます。

やりたくないことややらなければいけないことをやっているときは本当に神経を使いますしどんどん疲れていってしまいます。

やりたくないことやただやらされているだけのことは出来るだけやらないようにするような生活を作っていくことが大切なのです。

【関連】無理をしても良い結果は生まれない。

我慢をし過ぎている

我慢ばかりしていたり縛られてしまっているとどうしても心が疲れてしまうのでエネルギーも活力も生きる気力もどんどん失われていってしまいます。

我慢することや自分を縛ること、我慢することが一番自分にとって良くない行動なのです。

人間はもっと自分の好きなように自分らしく生きるべきなのです。

【関連】辛いことを我慢すれば良い未来が待っているという期待はただの幻想

自分らしく生きられていない

縛られていたり自由に生きられていないとどんどん生きる希望を失ってしまいます。

最終的には自分が何のために生きているか分からなくなってしまうのです。

そうなってしまったら本当に生きる気力もエネルギーもなくなってしまっている証拠です。

人生はもっと自由に生きて良いのです。

生きていればいろんな選択をすることが出来ます。

せっかく人生は自分で決められるのですからもっと自分の好きなように生きた方が良いのです。

【関連】自分らしく素直に生きることで理想の自分を手に入れる

自分のペースで生活できていない

人のペースに合わせて生活していたり、人に振り回されてしまうととても疲れてしまいます。

それは自分のペースでいられないと人は疲れてしまうのです。

そうやって人にエネルギーをどんどん奪われてしまっているのです。

人に合わせることも時には大事ですが、

もっと自分のペースで生活することが大切です。

思考と心が葛藤をするとどんどん生きる気力は失われていく

我慢したり縛られていたりするとエネルギーはどんどん失われていってしまいます。

我慢は一番自分にとって良くありません。

我慢をすると自分の中で心と思考が葛藤してぶつかってしまいます。

心では、

「何でやりたいことをやらせてくれないのだろうか」

思考では、

「これをやらなければいけないからやるしかない」

心では、

「こんなことをやるのは絶対に嫌だ」

思考では、

「でも生きていく為には仕方のないこと」

そうやって心と思考がぶつかり合いながら毎日を過ごすことになります。

相当のストレスとエネルギーを消費して葛藤をしてぶつかり合っているのです。

そっちばかりにエネルギーを使ってしまうので普段の生活で頑張ろうという気力が湧いてくるはずがありません。

それは車でいうと、

アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいるようなものです。

ブレーキを踏んでいるので全然進まないのにガソリンばかり使って前に進もうとしている状態なのです。

なかなか心を変えることは出来ません。

ですから思考を変えて、心に素直になって行動していくことでエネルギーは徐々に回復して活力も生きる気力も湧いてくるのです。

【関連】心と頭がいつも同じことを考えているわけではない。

生きる気力を湧かせてエネルギーを回復させる方法

生きる気力がなくなる原因についてはお話ししました。

生きる気力がなくなってしまうと何もする気が起きなくなってしまいます。

しっかりと回復させて元の元気な状態に戻す必要があるのです。

その気力湧かせる方法とエネルギーを回復させる方法について書いていきます。

嫌だと思うことや我慢していることをなくす

今の生活の中で嫌で嫌でしょうがないものを排除するという方法です。

エネルギーがなくなってしまう原因は我慢を続けてしまうことによってエネルギーはどんどん失われていってしまいます。

自分の我慢をしている原因を取り除くことでエネルギーは回復していきます。

例えば仕事を我慢している人は、

今我慢している仕事をやめて違う仕事をすることで気力は戻っていくでしょう。

人間関係に関して我慢していることがあるのだとしたら、

今の人間関係を断ち切ることで我慢することがなくなるので自然とエネルギーは戻っていくでしょう。

そうやって自分が我慢しているものを排除すればそれだけで活力はどんどん湧いてくるのです。

【関連】やりたくないことはやらなくてもいい。迷惑さえかけなければ好きにすればいい

好きな事をどんどんやってみる

そしてもう一つの方法は、

自分の好きな事を思いっきりやってみるという事です。

好きな事をしている時はそれだけ楽しい時間を過ごせているし、好きな事をしているという実感もあるので自分の気持ちを満足させることが出来るので心から満足します。

好きな事をする事で心に素直に行動することになるので、そうやって心を優先して行動することで気力とエネルギーは回復していくのです。

【関連】好きなことをして生きていく。自分の人生は自分で決められる

自分の心に素直に生きる

自分の心に素直に行動することでエネルギーが回復し気力が湧いてくるのです。

結局は自分の心に素直になることでエネルギーは回復していくのです。

自分の好きな事をやるという事でエネルギーは回復していきます。

しかし嫌な事をやっているときのストレスと我慢というのはすごいエネルギーを消費してしまいます。

ですから根本的に改善していくのであれば、嫌な事を排除するということは必要になってきます。

もちろんその度合いにもよりますが、本当に嫌で苦痛なことがあるのだとしたらそれをなくしていかなければ自分の好きな事をやる気力も湧いてきません。

とにかく我慢をするということが人間にとって一番悪いことなのです。

【関連】自分らしく素直に生きることで理想の自分を手に入れる

楽しいこと・元気の出ることをする

楽しいことや元気の出ることを積極的にやっていきましょう。

生きる気力が湧かないのには普段の生活に原因があります。

普段の生活がストレスが多くて疲れてしまうものなのに自分の自由な時間や休日まで好きなことをしないでいてはどんどん悪い方向へと進んでいってしまいます。

人間はリフレッシュが大切なのです。

初めは気が進まなくても、積極的に楽しいことをしていった方が良いのです。

友達と遊びに行くでも、

温泉へ行くでも、

旅行へ行くでも何でも良いのです。

自分が元気が出ることをやりましょう。

【関連】楽しめるようになる方法

目標を持つ

人は目標を持つことでそこに向かっていくことで生きる気力と活力、そしてエネルギーが湧いてくるのです。

今の現状が辛いものだから生きる気力が湧いてこないのです。

しかし今よりも良い現実や理想の人生がこの先に待っているのだとしたら、それだけでも生きる気力は湧いてきます。

未来に希望があれば自然と気力は湧いてくるものなのです。

ですからその自分の目標に向かっていきましょう。

理想の未来に向かって行動していくことが大切なのです。

その為には、

自分がその未来に希望があり理想の生活が待っている必要があります。

どんなに目標を持っていたとしてもその目標自体が自分が望んでいるものではない未来だとしたら人は頑張ることはできません。

最高の未来が待っているからこそ頑張れるのです。

その目標が今の辛い状況からの脱出でも全然良いのです。

それだって今の自分にとっては最高の未来です。

自分にとっては理想の現実でしょう。

ですから目標を持ってしっかりその目標に向かって行動していくことで気力が湧いてくるのです。

【関連】目標は「見える化」することで叶えることが出来る。

あとがき

エネルギーがなくなって生きる希望や活力が湧かずに生きる気力までなくなってしまうという人はとても多いです。

そうやって最終的にはうつ病になったり精神的に病んでいってしまうのです。

それは我慢をしすぎているということが大きな原因になっています。

確かに現実ではやらなければいけないことや我慢してやらなければいけないことはたくさんあります。

しかしそれを回避する方法だってあるのです。

その方法を探し出し自分が我慢しなくても良いような方法を見つけて、そこに向かって行動していくことが必要です。

「エネルギーがなくて当たり前」

「疲れていて当たり前」

だと思わずにどうすればストレスなく自分が心地よく生きられるのかを考えていく事が必要になってきているのです。

自分の心に素直に生きて、自分らしい選択をして、自分の好きな生活をしていく事でエネルギーは回復して生きる気力も戻っていくのです。

関連記事