ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

偽善者の何が悪いのだろうか。偽善だとしても人の役に立てば同じこと

偽善者の何が悪いというのだろうか。

偽善者を悪者だという人もいる。

そして良い人の仮面を被った悪人だという人もいる。

しかし、偽善者と呼ばれている人はそれがうわべだけだとしてもそれでも良いことをしているのには変わりはない。

なぜ良いことをしているのに、悪いことをしているように言われなければならないのだろうか。

どんなに偽善だとしても、それでもやらないでただ見てるだけよりも遥かに良いことをしているのではないだろうか。

腹の中でどんなことを思っていようと、やらないでいるよりも良いことをしていて、それを喜んでくれる人が一人でもいるのならそれで良いのではないだろうか。

偽善者は悪人ではない。

偽善とは一体どういうことを偽善というのだろうか。

心の中で悪いことを考えていたり、企んでいたとしたらどんなに良いことをしてもそれは偽善者なのだろうか。

そもそも良いことをするのに無意識でなんでも出来るだろうか。

良いことをするには、人の気持ちを考えて、相手の立場に立って、相手がしてほしいことを考えることが出来るから人に為になることをすることが出来る。

それは、人の役に立とうと考えたり、企んでいたりしているのと同じことだ。

それだけあれこれ考えながら人に良いことをしようとするのだから、良いことをした時点で全員が偽善者ということになる。

私は思う。

偽善者の何が悪いというのだろうか。

別に偽善者だろうが、良い行いをしていることには変わりはない。

それなら別にいいじゃないか。どんなことを考えていても良いじゃないか。

みんな結局自分のために行動しているだけなのだから。

どんなに人の役に立って人助けがしたいという思いがあってもそれは、

「自分がよく見られたい」

「人助けをして喜んでいる姿を見たい」

「助けた人にありがとうと言われたい」

どんな理由だとしても、どんなに聞こえがいい理由だとしても、それは全て自分が満足するためにやっている行動には変わりがない。

自分のために企んで考えてやっているのだから、結局はみんな偽善者ということになってしまう。

そんな偽善者の定義を考えるだけ無駄だと思う。

どんなことを考えていたとしても、

良い行いをするのか悪い行いをするのか、それともやらないのかという現実しかわからないし存在しない。

それなら、自分が良かれと思う行動なら偽善者だろうが、何かを企んでいる行動でも良いではないか。

だって良い行いをしてるのだからいいじゃないか。

どんなに偽善者と言われても、思われたとしても、自分が良いと思う行動で誰かのためになるならやったほうがいい。

周りの偽善者だという人は、その行為をやっている人が羨ましいのだ。

自分には出来ないから人を見下したり、罵声を浴びせて引っ張ろうとしているだけなのだ。

誰かのためになるならやったほうがいい。

行動でしか自分の思いは伝わらないし表せないのだから。

関連記事