人に愚痴を言っても何も楽にならなかった。

なんでだろうと私は思う。

人にバラされてしまうのを恐れているのか。

それとも本当は自分はこういう人です。と思われるのが嫌なのか?

理由はわからないけど何も楽にならなかった。

きっと愚痴を言っている自分が嫌いなのだろう。

そんな醜い自分が嫌いなのだろう。

それもあるが言う相手にもよるのだろうか。

本当に自分を理解して欲しい人に愚痴を言ったらこんな気分にはならないだろう。

本当に愛する人に言うならこんな気持ちにならないだろう。

人に愚痴を言ってこんな気持ちになるならもう愚痴を言うのはやめよう。

後悔のない自分らしい生き方というのはこんなにも難しいものなのか。

相当深い業を背負って生きているのだろうか。

僕は完璧主義すぎるのだろうか。

どれにしても、自分が嫌だと思う自分はやめよう。

自分が自分らしく生きるために。

あとがき

自分らしい行動と自分の心に素直にならないでする行動というのはそれだけ何も生まないのです。

私は人に相談したからといってなかなか納得する人ではありません。

人の意見を参考にすることは多々ありますが、結局最後は自分で答えを出さないと気が済まないタイプだからです。

それを知っているにも関わらずたまには相談してみようと思った結果自分にとっては良い結果とは言えなかった。

自分にとって向いている行動と自分には向いていない行動というものがあります。

自分が納得するような人生と行動を選択していくことが自分らしく自分が納得するような人生を送ることが出来るのです。

しかし新しいことに挑戦することはとても良いことでだと思いますし大切なことです。

これからも新しいことへどんどん挑戦していきたいと思います。

関連記事

潜在意識の関連記事
  • 何も考えない方がうまくいく理由。無意識に良い方向へと導かれる理由
  • バイオリズムには逆らえない。休む時期と頑張れる時期が交互に来る
  • 限界を超える方法。限界は自分の意思で超えていくことが出来る
  • 自分の直感と感覚を信じることで自分のなりたい自分になれる
  • 個性を磨けば魅力に変わる。みんなそれぞれがダイヤモンドの原石
  • やるべきことだと思うのは自分の心がそれを正しいと思っているから
おすすめの記事
哲学的思想
自分がこだわっているものと同じものを他人が持っていると好感を持つでしょう。 あれ? この人は意識的にやっているのかな? どんな価値観を持って...