朝が起きられない理由と対処法

人生を変える方法
スポンサーリンク

朝がなかなか起きられないという人は多いのではないでしょうか。

起きられないのには理由があります。

実際、朝が強いとか弱いなどの体質も多少はあるでしょうが、朝が強い人という人は基本的にいないのです。

昨日夜更かししてしまえば誰でも次の日は起きるのは大変だし、睡眠時間が短ければ誰でも朝は眠いものです。

ではどうして朝が強い人と弱い人がいるのかというとそれは、

朝起きることに対して理由があるかどうかで決まってきます。

それはどういうことかというと、

例えば子供の頃によくある話で学校のある日はなかなか朝が起きられないのに休みになると急に早起きになる人もいるでしょう。

そういう人は普段は学校へ行きたくないという気持ちからなかなか朝起きる気分になれないということです。

逆に休みの人は早く遊びたいという気持ちから早起きして遊ぶ事ができる。

それだけ気持ちで左右されてしまうものです。

でも、普段も学校の日も同じように起きる人はどういうことかというとそれは、

早起きするのが当たり前だと思っているからです。

起きる事が当たり前ということは、早起きすることに理由があるからです。

大人になっても早起きをする人は、それが健康のためであったり規則正しい生活をすることに意味を感じているからです。

仕事の日が早起きで休みの日は遅く起きる人は、

会社に行くという理由があるから早く起きるのです。

休みの人は早く起きる理由がないから起きられないのです。

人は何か理由がなければ辛いことは出来ないのです。

早起きをしたいと思うのなら何かしらの理由がなければ出来ないのです。

早起き出来ない人でも、その日がディズニーランドへ行く約束があったり、楽しい事がある日であればみんな早起きできるでしょう。

それは早起きするための理由があるからなのです。

もし早起き出来ない人は、自分にとって良い理由や楽しい理由を作ることで早起きする事が出来るようになるでしょう。

もちろん早寝をすることは大切なのでしっかりと睡眠時間は確保しましょう。