【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

変化とは成長すること。変化を恐れず自分の進むべき道を進もう

人は変化することに対してとても抵抗があるでしょう。

それは今の環境が一番楽で一番安全だからである。

新しい環境で新しい人と出会い、自分が変化するというのはどうなるかわからないし、どんな結果が待っているかわからないからとても不安になってしまう。

だから変化することに抵抗があり今の自分から変わらず今のままでいようとする。

ですがそれをとても勿体無いことです。

人は変化することによって成長するからです。

わざわざ変化するために全く知らない世界に飛び込む必要はありませんが、自分の行きたい道や方向があるならそれは進むべきでしょう。

変化するということはいろんな弊害があります。

例えば、自分の周りにいる人たちです。

今周りにいる人たちは今の自分の位置がとても大好きな人たちです。

だから自分が変わろうとするとそれを阻止し否定しようとします。

その人たちは自分が変化出来ないので仲間を増やして安心したいのです。

本当に仲が良くて自分のためを思ってくれる人は違う場合はあります。

本当に自分のことを思ってくれる人は応援してくれるでしょう。

しかし、自分にはあまり関わりのない外野のいうことは大抵否定です。

というか、自分のためを思ってくれていない人たちの意見というのは常に否定してくるでしょう。

どんなことをしても否定されるので、気にする必要はありません。

それよりも、自分がどんな自分になりたいのかが一番大切です。

自分がなりたい自分になれているのなら、周りの意見なんてどうでもいいことです。

それを鵜呑みにして、自分のいきたい道から外れていくのはとても勿体無いことです。

自分のなるべき姿というのは、無理がなくとても自然です。

無理をして進んでいっても、結局元の位置に戻ってきてしまいます。

出来ないと思うことを無理してやるのではなく、自分らしい道に進んでいくことが大切なのです。

私自身、自分らしくない道に進もうと思って失敗しました。

そこに進もうと思っても本当に心が向いていかないのです。しかも、自分の心に逆らっているのでとても疲れます。

頭ではやりたいと思っていても、心ではやりたくないと思っているので、自分ともう一人の自分が常に戦っているので心もどんどん病んできてしまいます。

本当に進みたい道に進むときはもっとスムーズに進むし不安や葛藤はありません。

それは、この道を進めば自分の理想の自分が手に入るので、頑張ることも苦ではないしやるべきことが明確だからです。

自分の欲や見栄、こうであるべきという固定観念が邪魔をして、自分らしい道が見えなくなり思うように進めなくなってしまうのです。

どんなに周りに否定されようとも、その人たちは「今」の自分の分身なのです。

また自分が変化すればまた新しい人達と出会い、新しい人たちと仲良くなっていくのです。

なので、周りの意見は関係ありません。

自分が本当に進みたい道を見極めて、自分らしい人生を歩むことが健康でしっかりとした生き方をするために必要なことだと感じました。

【関連】自分の理想と進むべき道を見つけていく方法

変化を恐れず自分の目指すところへと向かっていこう

人は変化を恐れてしまう生き物です。

しかし自分の進むべき道、自分の目指すところがあるのだとしたら迷わずに進んでいきましょう。

その結果失敗したとしても、それは自分にとって大きな財産となる経験になるでしょう。

それに自分の心の中でやりたいという気持ちがあるのはなかなか消せるものではありません。

それなら早くチャレンジした方が自分の精神衛生上も良いのです。

変化を恐れるな。

今の自分は今の自分なだけであって、それが正解だとは限らないのです。

あとがき

自分が変わったりすることにはみんな抵抗があります。

人はみんな今の自分でいる方が楽なのです。

そして変わった後に自分が悪い方に変わるのが嫌なので変化を恐れてしまうのです。

しかし変化というのはそれだけで成長ではあるのです。

変化をするということはそれだけたくさんの経験を積むことが出来るので大きな成長へと繋がります。

変化を恐れる必要はありません。別に悪い方向へと変わってしまったのだとしたらまた変化して良い方向へと変わっていけば良いのです。

どんなに否定されても良いのです。

自分が良いと思う方向へと進んでいきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。