ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

引き寄せの法則の正しいやり方

引き寄せの法則というものは名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんがそれがどういうものかということまでは知らないという人は多いのではないでしょうか。

引き寄せの法則というのは自分がなりたい自分を明確にイメージして、現実をそのイメージに近づいていくというものです。

引き寄せの法則なんて本当にあるのか、引き寄せの法則とは一体どんなものなのか、ただ願うだけで本当に現実になるのだろうか、ということが気になる方はこちらからご覧ください。

【関連】引き寄せの法則って何?本当に存在するものなのか。原理とはどういうものなのか

どうやればその引き寄せの法則を働かせてなりたい自分になれるのか、その正しいやり方について説明したいと思います。

今回は引き寄せの法則の使い方と考え方について書いていきたいと思います。

イメージは具体的で明確であることが必要

本当に引き寄せるためには明確なイメージを潜在意識に落とし込めるくらい刷り込んでいく必要があります。

それは、もう現実がそのイメージ通りになって当たり前と思えるくらいにイメージを明確にする必要があります。

引き寄せの法則に必要なことは、

  1. 現実だと思えるくらいの明確なイメージ
  2. そのイメージ通りの行動とそのイメージになるための行動
  3. 明確なイメージに近くための行動プランを立てること

が必要です。

3、のプランを立てることは、

厳密にいうと必要はないのですが、やはりイメージが明確に出来ていなかったり、目標がブレたり逸れてしまうことがあるのでそれを確認するために必要です。

他にも毎日プランを見ることによって毎日イメージして、次にやらなければいけない行動が明確になるのでより早くイメージが現実化しやすくなります。

まずは明確なイメージをすることが必要です。

プランを考えながらどんな現実にしたいのかを文章で残しておけば、それを何度も見ることによって、潜在意識にイメージを刷り込むことが出来て現実になるスピードと確実性が増します。

頭の中でプランが完璧に出来ている人はすぐに行動してもいいのですが、やはり人間は変わってしまったり忘れてしまうのでノートに書いておくことをお勧めします。

引き寄せるためのイメージはどんな風に考えていけばいいのかについてご説明します。

【関連】目標を明確にすることの重要性【目標を達成する方法】

イメージを現実化するための具体的な方法

イメージを具体化するための考え方と手順があります。

自分の好きなようにやれる人はもちろんそちらの方が良いと思うので自分のやりやすいやり方でやりましょう。

全くどうすればいいか分からないという人は次の手順で行うと分かりやすいでしょう。

①一番手に入れたいもの、もしくは絶対欲しいものや欲しい現実、どんな自分になりたいのかをたくさん書き出してみましょう。

例えば、

  • 年収一千万円以上
  • 週休2日以上
  • ベンツに乗る
  • 子供は二人
  • 体を使う仕事がしたい
  • 頑張れば給料の上がるものが良い
  • 自由に仕事を決めたい
  • 50歳以降は田舎に暮らしたい

のようになんでもいいので書き出してみてください。

後から考えているうちに増やしたり減らしたりはすると思うので気軽に良いイメージで考えてみてください。

※理想の生活を書き出す作業なので遠慮する必要はありません。

②書き出したものを見ながら理想の生活と理想の職業を選択していく

例えば上に書いた理想を全て叶えるとしたら体を動かす仕事で年収一千万円以上で自由な仕事と言ったら、プロスポーツ選手かプロゴルファーのレッスンプロなどがあります。

頑張れば給料が上がるし50歳以降は田舎で暮らしたいということは、プロスポーツで一千万円稼いでいたとしても50歳以降はまた就職するしかありません。

それでもいいならいいのですが、まったり暮らしたいということであればプロの間に五千万円稼いで将来の貯金をしなくてはいけません。

それか稼いだお金で不動産を買って不労所得を得る。

もしくはそのプロスポーツでのコーチをする。

ですがプロスポーツのコーチを田舎でやることは難しいので、現実的ではない。

ということでプロスポーツで稼いで不動産を買い不労所得を得るというプランが自分の理想を叶えるためにはとても良い方法と言えるでしょう。

そのためには年収一千万円では足りないので三千万円以上稼がなければ現実的に厳しいということになります。

それが今の自分に出来る!と思うならそのまま続けて考えていけば良いのですが、それが無理だと思ったら何か理想を消していくしかありません。

この場合で言えば体を動かす仕事というものがネックになってきているのでそれを無くすか、それとも自分が体をメインで動かすのではなくて、コーチとして体を動かすということなら出来るかもしれません。

そうなるとスポーツトレーナーというものがありますが、それで年収一千万円を超えるには自営業か経営者としてやらなければなかなか超えることが出来ません。

そんな風にして考えていけばこの作業をするだけでいろんなものが見えてきます。

今まで夢物語でただの理想だったものが一気に現実的な話になってきます。

よりイメージが現実に近づいてくるので一歩一歩叶える方向へ進んでいることになります。

この作業をして全てクリアしていけば自分の理想だった生活が見えてくると思います。

その作業をしているときにこれでは本当の理想ではないな。と思ったらまたプランを変えていけば良いのです。

足しても良いし無くしても良いです。

自分の理想を書き出す作業ですから遠慮なくどんどん書き出していきましょう。

そして試行錯誤して本当の理想を見つけていきます。

【関連】目標は「見える化」することで叶えることが出来る。

③自分の理想が明確になりそれが自分には不可能だと思わない理想のイメージが出来たとしたら、次はその理想に向かうためのプランを考えていきます。

このプランの考え方というのは自分が目標にしている職業が競馬の騎手だとします。

そうするとまずは何歳までに競馬の騎手になり、何歳には一千万円稼いでいないといけないのかを考えていきます。

今が25歳だとしたらまずは競馬の専門学校へ行かなければ競馬の騎手にはなれません。

それが一年間学校へ通うとしたらまず合格するまでに一年、そして学校が一年、更に年収一千万円になるまでに三年かかります。

そうするともうすでに30歳になっているので、その後に結婚して子供を産むと子供が二人欲しいので35歳には二人の子供がいることになります。

それが理想の形に見合っていればそれをプランに書き込んでいきます。

その調子でいくと不動産は40歳で買いたいと思っているなら、年収一千万円で足りるのかということを考えなければいけません。

どんなマンションを買って家賃はいくらで、そのマンションでいくらの不労所得が欲しいのかということを明確にイメージして書き込んでください。

事で年収いくら必要なのかが見えてきます。

それでもクリアしたとしたらそのまま続けていきます。

そうやって自分の理想が明確になってそのプランも書き込めたら完成です。

【関連】夢をノートに書くことで夢は叶う【夢ノートの作り方】

明確になったらその通りに行動する

その後は自分が作ったプラン通りに行動していけば夢が叶うということです。

いわゆる自分自身の人生の攻略本が完成したということです。

そのプランの通りに行動していれば必ず理想へ近づいているということです。

その攻略本を見ながら今日やることを明確にしていきます。

ある程度大まかなものが出来ていると思うのであとは行動しながら微調整をしていくことになります。

例えば競馬学校に合格するためにはどんなことが出来なければいけないということを知ると思うでそれを練習しなければいけません。

練習内容も同じ方法で行います。

その記録を出すには、どんな練習をしていけば記録が出るのかを考えてイメージします。

その記録が出るまで試行錯誤を続けます。

全てはその繰り返しです。

自分で決めたプランと自分で決めた理想なのでそれが叶うまでは諦めないでチャレンジし続けることが大切なのです。

【関連】悩んでいても前には一歩も進まない。目標や理想があるなら行動あるのみ

あとがき

どんな良いプランを立てたとしても必ず壁に当たることはありますし、くじけそうになることはあるでしょう。

それでもその自分で決めたプランを全てクリアすることが出来れば、理想の自分になることが出来るのです。

そんな明確で最高の人生をイメージして作ったのだとしたらあとはやるしかありません。

明確にイメージして行動していれば何も分からず行動しているより、遥かに楽しく、何も考えていない人よりも上達も早いでしょう。

そこまでイメージ出来ているのなら、自然と行動して自然と現実がそのイメージに近づいていくはずです。

自分の潜在意識を使って、イメージと行動が当たり前になるまで続けていく事で引き寄せの法則をうまく使える事が出来るでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。