ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

引き寄せの法則とは。現実化するにはイメージすることが必要不可欠

引き寄せの法則とは、

スピリチュアルな意味で使われることが多いのですが一体どんな意味なのかというと、

自分の想いや、願い、目標をイメージしてそのイメージ通りの現実を自分に引き寄せていくというものです。

スピリチュアル本に書かれているのは、

イメージをしていれば自然とそっちの方向へ導かれていき現実が思い通りになる。

というように魔法のようなものという風に解釈されていることが多いです。

引き寄せの法則というものは、自然の摂理そのものだと思うのですが、かなり誤解を生むような解釈をされているものも多いです。

引き寄せの法則の誤解

引き寄せの法則がちょっと誤解させて広まっているように思います。

ではどういう風に誤解を生んでいるのかというと、

イメージしただけでは願いが叶うわけではありません。

夢は願えば叶うと言われていますがそんな簡単なものではありません。

引き寄せの法則は、

明確にイメージをしていると、

そっちの方向へ進むような情報をキャッチすることが出来るので自然とイメージに近くなる行動をするので結果的に現実がイメージに近づいていくのです。

人は自分の興味のあるものを優先的に見るようになっています。

ですから明確に自分の良いイメージをしていると、そのイメージに近いものが優先的に見えるようになっていくのです。

それによって、自分の引き寄せたいものを優先的に見る事が出来るので、自分のイメージに近いことばかり起こるようになり、自然と現実が自分の望んでいる方向へと進んでいけるということです。

本当に引き寄せるためには、

潜在意識(無意識)にイメージが刷り込まれるほどイメージをして、

自分が本当にそうなっているかのように錯覚してしまうほどのイメージ、そしてそのイメージの中と同じ行動をすることによって、現実がイメージに引き寄せられるのです。

潜在意識を正しく理解してより自分の望む自分になろう

引き寄せの法則をやろうと思っても引き寄せられない理由

引き寄せの法則を理解して実践しようと思ってもなかなかうまく引き寄せていけない事があります。

それはどうしてなのかというと、

人間はどうしても今の自分と同じような思考と思い込みをしてしまいます。

例えば、

昨日の試合で負けてしまったから、明日の試合も負けるかもしれない。

今日は上司に怒られてしまったので明日も同じ事で怒られたら嫌だな。

自分は才能がないからいくらやっても上手くならない。

というように、

今の自分と未来の自分というものをつなげて今日が出来なかったから未来の自分も出来ないかもしれない。

という風な思い込みをしてしまいます。

それを取り払うくらいの強いイメージか自分に対する「自分には出来る」というイメージが必要です。

今現在サラリーマンをしていて、これからのし上がってやる!と思っているとします。

そして、自分は年収三億円を目指して頑張るぞ!と思ったとしても、なかなか出来るものではありません。

まず、年収三億円がどんなものかイメージ出来ませんし何で三億円を稼げるのかもわかりません。

そんな状態で年収三億円を目指したとしてもなかなかイメージに近づくことができません。

三億円を目指すことがダメということではなくて、まずはイメージが出来るものからやっていくことで引き寄せる事が出来るのです。

引き寄せの法則は、自分が出来ると感じるものをイメージする

年収三億円を稼ぐ以外にも欲しいものはあると思います。

例えば、

4LDKの家に住んで、年下奥さんをもらって、子供は二人いて、車はベンツに乗って、週に3日は休みで、都内の駅から徒歩十分のところに住んで、

などいろんなイメージがあると思います。

そのイメージは明確であればあるほど引き寄せることができます。

そうやってイメージをしていくと色々分かるものが出てくるでしょう。

週に三日休みで、年収三億円だとしたら、サラリーマンではもちろん無理ですし、プロスポーツでは週に三日休みがないので無理なので、そうなると経営者として会社の社長になるしかありません。

ということに気が付きます。

他にも、子供が二人作るとしたら、三年以内に結婚していないと年齢的に間に合わないから、今から探し始めないといけない。

という風に現実ですべきことが明確になっていくとともに、すべきことと立てなければいけないプランというものが見えてきます。

そのイメージとプランに基づいた行動をしていくことによって、現実がどんどんイメージに近づいていくのです。

ただイメージをしていて寝ているだけでは現実を引き寄せることはできないのです。

本当に引き寄せるためには、

それくらい明確にイメージをして、それに自分が無理ではなく頑張ればいける!という風に思えるようなイメージにしなくてはいけません。

あと一年以内に子供が三人欲しい!なんて言っても、それを引き寄せることは出来ません。

一年で三人も生むことというのは、偶然三つ子が生まれてくるか養子をもらうくらいの方法しかありません。

現実的に自分が無理と思ってしまうことはもう無理なのです。

自分が本気で出来る!

やればなんとかやれる!というものでないと、引き寄せることは出来ないのです。

自分がイメージ出来ないものは現実にすることは出来ない

自分がイメージ出来ないものは現実にすることは出来ません。

どんなすごい人もやる前から「自分には無理」と思ってやっている人は現実にすることは出来ません。

飛行機を作ったライト兄弟だって、イメージ通りのものを作ることが出来たら人も空を飛べるかもしれない。

という風に、自分の中にイメージがあったから飛行機を作ることが出来たのです。

それが全く飛行機をイメージ出来ていなくて、

空を飛ぶことなんて人間には出来ないよ。

という思いがあるとしたら飛行機を作ることは出来なかっただろうし、それよりも飛行機を作ろうとさえ思わなかったでしょう。

それは引き寄せの法則の原理なのです。

引き寄せの法則を正しく理解していけば、自ずと思い通りの人生を手に入れることが出来るはずです。

あとがき

引き寄せの法則と言っても魔法のようなものではありません。

引き寄せの法則にも色々なルールがあるのです。

そのルールを理解して、

自分のイメージ通りの人生を目指して行動していく事が大切なのです。

関連記事

引き寄せの法則の正しいやり方 引き寄せの法則を使いこなす方法。イメージは明確にすることで現実になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。