ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

やるべきことを一つ一つクリアしていく。その積み重ねが大きな結果となる

やるべきことを一つ一つやっていこう。

それってとても大切で意外に難しいことだなって思う。

目標が決まっていてそこに向かって頑張るといってもいろんな方法があるわけですし一度やる事が決まったとしても、

「あれもやりたいし、これもやりたい」

「これも必要であれも必要」

そんなふうに色々やりながら考えてしまいます。

ですが全てをやってしまうとキリがないですし何を目標にやっているのかもわからなくなってしまう上に目標もブレてしまいます。

一度やると決めても色々考えているうちにあれこれ迷ったり考えたり試行錯誤があるでしょう。

それを思い付いたらやってみる。を繰り返していたら、最初に決めた事が疎かになってしまって結局何を優先的にやってどんなふうに進めていくのかすら曖昧になってしまいます。

一度決めたのならとりあえずそこに向かってやってみる。

そしてそれがダメだったときにどうするのかを考える。

という事が大切です。

一度決めてそれが中途半端になってしまったらその決めた目標が失敗なのか成功なのかすら分からずに、先へ進む事が出来なくなってしまいます。

なのでまずは決めたことを終わらせてみてそれから次のことをやってみる。というように一つ一つやっていかないと目標も結果も全てが中途半端になってしまいます。

それではどんなに完璧な計画を立てて、とても良いものだとしてもうまくいかなくなってしまいます。

せっかく計画を立てたのだからその通りにやってみる事が大切です。

目標を決めた試行錯誤は良いこと

あれこれ考えてしまうと目標自体がブレてしまう事がありますが、自分が目標に向かっていくための試行錯誤は大切です。

ずっと同じことを続けていけばうまくいくわけではありません。目標に向かっていくためにどうやって行動すれば良いのかを試行錯誤することは大切なのです。

やってはいけないのは目標自体がブレてしまうことです。

フリーランスで仕事がしたいからウェブデザイナーになると決めて行動していって、あれこれ考えたらやっぱりラーメン屋の方がいいからラーメン屋をやると決めたり、それもなんか違うからやっぱり漫画家になる。というように根本から変わってしまうのは試行錯誤ではなく迷っているのです。

一つの目標を決めたのならそこに向かっていくためにはどうすれば良いのかを考えて行動していくのが試行錯誤です。

自分の目標自体が変わってしまったらそれではいつまで経っても目標が叶うことはなくなってしまいます。

目標を決めたのならまずはその目標を達成するために向かっていきましょう。

【関連】人生は試行錯誤や失敗を繰り返し自分の道を見つけていく

目標を達成することでそれが成功体験になる

目標を決めたのならまずは決めたことを集中して終わらせる方が良い結果になります。

決めたことを終わらせられると達成感もあります。

その達成感が成功体験になり、その成功体験がまた次のモチベーションにも繋がります。

「また次も決めたことをやり遂げよう」

という気持ちになりまた決めたことをやり遂げる事が出来ます。

そうした一つ一つの積み重ねが自分の目標達成への近道です。

「千里の道も一歩から」

というようにどんなにが長い道のりでも最初の一歩から始まり、その一歩の積み重ねが千里の道を達成するための一歩になるのです。

いろんなことを考えることも大切ですが、目標が決まったらとにかく行動する事が目標達成に一番大切な事なのです。

【関連】小さな成功体験の積み重ねが大きな成功を引き寄せる

あとがき

何事も一つ一つの積み重ねによって大きな目標を叶えることが出来るのです。

どんなにすごい人でも初めていきなり大成功というのは難しいものです。

一つ一つ階段を登っていってその先に頂上があるのです。

もちろん人によって一段飛ばしでいく人もいれば二段飛ばしでいく人もいます。

人それぞれペースがあるにしても、階段を上がっていくことには代わりはないのです。

一気に頂上には辿り着かないのです。

目標を持って一つ一つ積み重ねていくことが大切です。

目標を掲げたのなら少しでも、そして一歩でも毎日進んでいくことで大きな目標を叶えることが出来るのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。