ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

本当の強さとは弱さを見せることが弱さではない【優しさは強さの証】

強さとは弱い自分を見せないことが強さではありません。

それはただの強がりでしたかないないのです。

誰だって弱い部分なんて持っています。

そこを必死に隠そうと強がっていることが本当の強さではないのです。

本当の強さとは

本当の強さとは弱さを見せないことではありません。

本当の強さとは、

人に優しくすること。

自分の弱さを人に見せることが出来る心

心の芯の強さが本当の強さだと言えます。

心の強さと強がる事を間違えてはいけません。

自分の心の弱さを見せられる強さを持っている人は本当の強さを持っていると言えるでしょう。

負けることは弱いことではない

負けることは弱さの証ではありません。

本当の弱さと言うのは負けた後にすぐに諦めてしまう心が弱さです。

負けても何度でも立ち上がることが出来ることが出来るのは本当の強さを持っている証です。

負けることやうまくいかないことなんてどんな強い人だってあります。

そんな負けることが弱さだと言うのなら全ての人が弱いと言うことになります。

負けることは弱さにはなりません。

負けた時に諦めてしまうのが弱さです。

何度負けてもなにども立ち上がれる人は強さと言えるでしょう。

【関連】最後まで諦めない心を持つ人が成功を手にすることが出来る

人の上に立つ人が強い人ではない

人の上に立つことことが本当の強さではありません。

人の下に立ったとしても自分を貫けることが本当の強さです。

人の上に立っていてもその下の人を盾にして自分は何もしない人だっています。

上に立つ人間が全員強いわけではないのです。

下についている人がみんな弱い訳ではありません。

下についている人でも自分の意思をしっかり持って行動している人、どんな立場の人にも自分の意見をしっかりと言える人は本当の強さを持っている人と言えるでしょう。

【関連】力(権力や財力)のある人が正しいという考えをやめよう

人に言われて言い返すことが本当の強さではない

誰かに悪口や意見を言われて言い返すことが強さではありません。

人に何を言われても自分のやるべき事をしっかりとやっていくことが本当の強さです。

言い返すことだけなら誰にでも出来ます。

人に噛み付くことなら弱い人にも出来ます。

しかし何を言われても自分のやるべきことを全うしていく意思は本当に強い人にしか出来ないでしょう。

意思の強さが人格を作る

本当の強さというのは心の芯の強さなのです。

本当の強さ意志の強さなのです。

強い意志を持っている人は状況や場面でコロコロ変わることはありません。

自分の意見を持ち、自分の考えをしっかりと持っているのです。

人に流されたりはしません。

どんな状況だったとしても自分の意思を貫ける強さが本当の強さなのです。

【関連】自分が正しいと疑問を持たずに言い続けられるだろうか

あとがき

本当の強さと言うのはとても難しいものです。

上に立つ人や勝者が強いと勘違いしてしまいがちですが、それよりも自分の意見を持ち、強い意志を持って行動していける人というのはほとんどいないでしょう。

それこそ本当に強い人と言えるでしょう。

そして本当の強い人というのは強がって人に強さを見せることではありません。

人に優しく出来る人こそ本当の強さと言えるでしょう。

自分自身をありのままに受け入れて、

自分の弱さを見せられる人こそ心の強さを持っている人でしょう。

自分をらしく生きましょう。

自分らしく自分を貫ける人が強い人だと言えるでしょう。

関連記事はこちら