本が読めない人が読めるようになるコツ

趣味
スポンサーリンク

本が読めないという人は案外多いでしょう。

 

あまりちゃんと読んだことがない人はもちろん本に苦手意識があるでしょうし、本をパラパラめくってみるとあまりに文字の量が多すぎてなかなか気持ちが進まないのは仕方のないことです。

 

しかし本というのは、読み始めてみてそれが楽しければ案外読めてしまうものです。

本を読むことを気楽に考える

 

本を読むにはまず本を読もうという気持ちにならなければ読めません。

 

どうして本を読もうと思わないかというと、

本を買って読み始めたら最後まで読まなければいけない。というプレッシャーがあるので読み始められないことが多いです。

 

本なんか最後まで読む必要はないのです。

 

つまらないと感じる本を最後まで読むことは、どんなに本を読むことが得意な人でも出来ません。

 

まずは本を読もうという気持ちが大切なのです。

始めは簡単な本から読めばいい

 

本を読むといってもいきなり400ページもあるような分厚い本を読むことはなかなか難しいでしょう。

 

だから始めは簡単な本から読むことをお勧めします。

 

文字が大きい本だったり、絵が書いてある本だったり、名言集のような短い文章が並んでいるような本でも良いでしょう。

 

とにかく自分が読めそうだと思える本を探して読んでみましょう。

 

読めそうだと思わない本を読もうとしても読めるわけがありません。

 

まずは苦手意識を克服することが必要です。

成功体験がまた読もうという気持ちにさせてくれる

 

どんな簡単な本でもいいからまずは一度最後まで読んでみましょう。

 

一度最後まで読めると、

 

案外簡単に一冊読めたな。と感じるでしょう。

 

そうやって次も読めそうな本を探して読んでみましょう。

 

そうやって小さな成功体験と達成感を感じると、どんどん本が読めるようになりますし、また読みたいという気持ちになっていくのです。

 

まずはどんな本でも良いので最後まで読んでみましょう。

 

それからどんどん難しい本に挑戦していけば良いのです。

 

最初から本を読むことが得意な人も苦手な人もいない

 

初めから本を読む人が得意な人も苦手な人もいません。

 

本を読むのが得意な人は自分の好きな本に出会った人なのです。

 

本を読むのが苦手な人は自分の好きな本に出会わなかった人なのです。

 

一度でも本を読んで「面白い!」と思った人は自然また面白い本を求めて本を読むようになります。

 

楽しい本に出会えることが出来れば自然と本が好きになり、そしてたくさん読むようになるので得意になっていくのです。

 

まずはそういう本に出会うことから始まるのです。

 

自分が本当に面白い本なんてそんなにたくさん出会えない

 

面白い本に出会うことが出来れば本を好きになるでしょう。

 

しかし面白い本に出会えることはそんなに多くありません。

 

私自身ももともと本が苦手で全然本を読まない人でした。

 

しかし、たまたま面白い本に出会うことが出来てそこから本を読むようになりました。

 

ちょこちょこ面白い本はありますが、そんなにしょっちゅう出会えるものではありません。

 

結構たくさんの本を買っているのに出会えないのですから、まだ本を全然読んだことのない人が最初に手に取った本がとても面白い本だったという確率はなかなか難しいでしょう。

 

ですから、お金がもったいないと思うかもしれませんが本が読めない人は面白い本に出会えるまで本をいろいろ読んでみることをお勧めします。

 

そして楽しい本に出会う事が出来れば自然と本の魅力が分かりまた読みたいと思うでしょう。

 

あとがき

 

本を読むにしてもいきなり難しい本に挑戦してもなかなか最後まで読むことができません。

 

そうやって本に対して挫折をしてしまうと、自然と苦手意識が自分の中に作られていってしまうので、また本を読もうという気持ちにならなくなってしまうのです。

 

まずは簡単な本でも良いので読んでみましょう。

 

最後まで読まなければいけないという気持ちを持つ必要はありません。

 

一度読んでつまらなかったらまた面白そうな本を買えば良いのです。

 

最初は楽しい本を最後まで読み切ることから始めることで本の苦手意識は克服されていくでしょう。