人間は不完全で未熟な存在です。

間違いだって犯すことがあるでしょうし後悔だってしてしまうことがあるでしょう。

それを悔やんだって取り返しがつくわけじゃないし、やってしまったものは仕方がありません。

間違いを悔やんでも、もともと不完全な存在なのだからどんなにそれを間違いをなくそうとしても、失敗をしないような完璧な存在になろうとしてもなることはできないでしょう。

人間はそれだけ完璧な存在ではないということです。

人間なんだから不完全だし失敗して当たり前

完璧を目指せば目指すほど、過去を悔やめば悔やむほど、その完璧主義な心が自分自身を焼き尽くし辛い人生が待っているでしょう。

絶対に完璧にはなれない存在がどんなに完璧を求めようともなれません。

完璧になれないとしても、

完全な存在になれないとしても、

生きていくしかないのだから自分に出来ることと言えば同じ失敗を繰り返すことはしないことくらいでしょう。

完璧な存在、神様のような存在にはなれないのだから自分の出来ることを精一杯やればいいのです。

出来ることは同じ失敗を繰り返さないこと

同じ失敗をすれば一回目よりももっと強い後悔が待っている。

「何故同じ失敗をしてしまったのだろう」

「知っていたのに、わかっていたのに」

「防げたことだったのに」

そう思っていても繰り返してしまうのが人間です。

しかしそうやって人はいろんなことを経験しながら、少しつづでも成長しながら生きていくのです。

完全な存在にも完璧な存在にもなれるわけではないけれどそれでも人は学習して成長はしていくことは出来ます。

失敗をしながら少しづつ学んでいくしかないのです。

それでも本当は十分にすごいことです。

【関連】辛いことを乗り越える事で強くなっていく【試練を乗り越えて成長する】

受け入れることで前に進むことができる

完璧ではない自分を悔やむよりも、

未熟な自分に打ちひしがれているよりも、

成長している自分を褒めてあげること。

そして不完全な自分を受け入れて褒めてあげること。

完璧ではない自分を認めてあげることで人はまた一歩大きく成長していくのです。

完璧ではないからといって全てを投げ出して、どうでも良くなってしまってはいけません。

不完全であり未熟であり失敗をして当たり前なのです。

それでも少しづつ自分が思うように変わっていけば良いのです。

完璧にはなれないことを知り、

不完全なことを受け入れて、

失敗をすることを恐れないでいれる事が、何より完璧に近づける道なのです。

【関連】人生諦めも肝心。失敗を受け入れることで前に進むことが出来る

あとがき

どうしても人間は完璧を求めてしまう生き物です。

しかし完璧なんていうものは存在しません。

全ては無い物ねだりなのです。

完璧になることよりも大切なことはあります。

それは自分の人生を自分らしくそして楽しんで生きるということです。

完璧になるために苦しみ続ける人生ではなんのために生まれたのかわかりません。

それが楽しいことだと言うのならそうすれば良いですが、人生というのは生きていれば大体辛いものです。

苦しみからは逃れられません。

どうせ苦しいのならその中でも楽しみを見つけてより良い人生を送ったほうが有意義です。

自分の人生をより良いものにしましょう。

一度きりの人生なのですから。

関連記事

  • 新しいことに挑戦していくことで人生は充実する。
  • 感謝の心を持つと良いと言われるけれどなんで感謝の心を持つと良いのか
  • 人はシンプルな方が悩まない。悩まなければポジティブになれる。
  • 損得勘定で生きるのをやめよう【損得勘定は結果的に損をする】
  • 結果を追い求めると何事も楽しくなくなる【未来のために今を犠牲にする】
  • 愛のある行動をする
おすすめの記事
人間関係
日本ではみんなで仲良くやっていきましょう。という傾向にあります。 ですから嫌いな人が出来ることは悪いことだという教えが浸透してしまっています...