流されてるだけでは行きたい場所に辿り着けない。自分の船の舵は自分でとる

心の問題・気持ち
スポンサーリンク

みんながやっているから自分もやろう。

みんながそうするなら私もそうしよう。

そんな右にならえの気持ちで生きていたらそれでは自分の人生を生きていないのと同じだ。

自分で選択して自分で好きなことをやるから自分の人生を自分で選択しているということになる。

みんながやっているからという理由では、

その「みんな」に自分の人生を委ねているということ。

「みんな」の人生の後を追うだけの人生になってしまう。

本当にそれで良いのだろうか。

そのみんながやっていることは自分自身も本当にやりたいことなのだろうか。

自分の気持ちを優先しないで他人のことばかりを気にしていたら自分のやりたいこともわからなくなるし、自分がどうしていきたいのかもわからなくなってしまうよ。

全てが他人任せで自分では何も決めないでただみんなの流れに乗るだけ。

それが本当に自分がやりたかったことなのだろうか。

それで本当に良いのだろうか。

流れに乗るのと流されるのでは全然違う。

ただ流されているだけでは、どこに辿り着くのかも分からない船に乗ることと同じだ。

そのさきの辿り着いた場所が自分の望んでいないところで自分にとっての地獄だったらどうするのでしょうか。

流されるということはそういうことだ。

流れに乗るというのは、自分の辿り着きたいところがわかっていてそこに辿り着くための流れがあるのならそれに乗ること。

流れに乗るのと流されるのの違いは、

自分で目的地を決めているかどうかということである。

自分で目的地を設定しているのならそれは自分の人生は自分で決めているということ。

目的地がなくただなんとなくみんながやっているからという理由ではただ流されているだけになってしまう。

それではどこに辿り着いたとしても誰にも文句は言えない。

みんながやっているから。

みんながそうしているから。

という理由では自分の人生を生きることはできない。

自分の船は自分の意思で決めて、自分の目的地を決めて進むことが大切だ。

結局最後は自分自身で責任を持って人生を生きるしかない。

流されるという選択をしたのが自分自身なのだ。

どうせ最後は自分自身で責任を取らなければいけないのなら、その船の舵は自分でとった方がいいしそっちの方が納得出来るだろう。

流される人生から抜け出して自分の船の舵は自分でとるような生き方をすると今までとは見える世界は変わってくる。

自分の人生という船は自分で操作した方が良いだろう。

みんながやっているからという理由でやるのはやめよう。

そこからが自分の人生のスタートラインだ。

関連記事

[kanrenc id=”202″]