ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

アイデアが浮かばない時はとにかくノートに殴り書き。書いているうちに何かが見えてくる

何かを考えようと思ったり、計画を立てる時、新しいものを生み出そうと思う時にアイデアや思いつき、ひらめきが必要なときもあるでしょう。

そんな時に私はいつもノートに殴り書きをします。

パソコンで記録したり書いたりするのとは違ってノートは書いている実感もありますし、自由に好きなように枠に囚われずに書くことが出来ます、

殴り書きはストレス発散にもなるし、色々ヒントが思い浮かんだりします。

とてもお勧めの方法です。

頭で考えていてもグルグル同じことを考えてしまう

ノートに書かずに頭の中で色々考えていてもなかなか良いアイデアは思い浮かびません。

それは同じことや同じ言葉を何度も繰り返すだけで同じところをグルグル回っているだけという状況が頭の中で繰り広げられてしまいます。

あれでもないこれでもない。

それからこれでもない。

あれ、さっきも同じことを言っていたような気がする。

そんなことを繰り返してしまいます。

しかしノートに書くことによってそのグルグルが抑えられます。

意味があるかないかは別として、少しづつでも考えが前に進んでいくのです。

それだけでもノートを書く意味があります。

考え事はイライラするけどノートに書くのはストレス発散

頭の中で考えていると、全然前に進まなかったり何も思い浮かばないとイライラしてきます。

そうなると、もういいや。

やめた。

となってしまうことがよくあります。

しかしノートに書くと、逆にストレス発散になります。

考えていてストレスが溜まってきたら思いっきり殴り書きをすればいいし、ぐちゃぐちゃに書いたっていいのです。

イライラしたときも殴り書きをするのは効果的です。

とにかくなんでも良いから書く!

殴り書きといっても何を書けば良いかわからないと思うことがあるでしょうが、そんなことを機にする必要はありません。

自分の思ったことをそのまま書けば良いのです。

全然書けなかったら、

バカヤロー!

なんでダメなんだよ!

と心の叫びでも書けば良いのです。

そうやって書いているうちに気持ちが落ち着いたり、何かが思いつくかもしれません。

自由に思ったことを書けば良いのです。

何がヒントになるかわからない

適当に書いているといきなりひらめいたりします。

何が自分の気づきになったりひらめきに変わるかわかりません。

とにかくなんでも良いから書けば良いのです。

ヒントやひらめきは突然訪れるものなのです。

あとがき

あれこれ悩んだり考えていると心がモヤモヤしてきます。

そういう状態では良いものも浮かんでこないし、精神衛生上よくありません。

心を落ち着かせるためにも、

ノートを開いてとりあえず殴り書きをする!

というのも悪くないでしょう。

思いっきり殴り書きが出来るようにどうでも良い紙やノートを使って書くのも良いでしょう。

丁寧にまとめるわけでもないので、

ぐちゃぐちゃに使っても良いノートを使いましょう。

そして自由に思いっきり殴り書きをするのです。

とても気持ち良いですし、

その結果良いアイデアやひらめきがあるかもしれません。

頭の中で考えるだけでなく、ノートに書くことで少しづつでも考えが前に進んでいくのです。

関連記事はこちら