ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

生きる理由とは何なのだろうか。生きる理由は自分で決めればいい

生きる理由をいくら探してもそんなものは最初から存在していません

生きる意味求めてあれこれ考えてみてもそんなものはないのです。

生きる理由なんて決められていない方が良いのです。

だって生きる理由が決められていたのだとしたら、それは自分自身が自由でいられなくなります。

生きる理由に縛られて生きることになってしまうからです。

そんな縛られた人生を送っていたら自分で自分の人生を決められないのだとしたら、別にロボットだとしても同じことになってしまいます。

【関連】自由は可能性。縛られた時点でつまらないものになってしまう

自由に自分で決めて自分の人生を送ることが出来るからこそこの世界は完全なものになっているのです。

それが全てのものに意味があり、決められているのだとしたらそんな世界は完全ではありませんし、不自由すぎる世界になってしまうでしょう。

生きる理由なんてなくて良いのです。

それすらも自分で決めることが出来るからこの世界は素晴らしいものなのです。

人は縛られたり決められていることが好きなのです。

自分で決めることが出来ないのでしょう。

せっかく自分で決められる自由が与えられているのだから自分で決めれば良いのです。

縛られた人生をあえて送る必要はありません。

縛っているのは自分自身であり自分の心なのです。

生きる理由は全て自分で決めれば良いのです。

本当は誰も縛られてはいない自由な存在なのだから。

あとがき

生きる意味というのは生まれた瞬間から決められているわけではありません。

もし生きる意味を決められていたのだとしたらそれはその為に生まれてその理由をクリアする為にこの人生を使わなければいけなくなります。

仮にそれが全くやりたくないことだったとしてもやらなければいけなくなります。

そんな人生を送ることになったら最悪でしょう。

ですから生きる意味なんて決められていなくても良いのです。

だからみんなが自由に生きていられるのです。

生きる意味がどうしても欲しいというのなら自分で作れば良いのです。

それが自分にとっての生きる意味になっていくのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。