生きる理由とは何なのだろうか

スポンサーリンク

生きる理由。

生きる意味求めてあれこれ考えてみても、そんなものはない。

生きる理由なんて決められていない方がいい。

だって、生きる理由が決められていたのだとしたら、それは自分自身が自由でいられなくなる。

生きる理由に縛られて生きることになる。

そんな縛られた人生を送って、自分で自分の人生を決められないのだとしたら、別にロボットだとしても同じことになる。

自由に自分で決めて自分の人生を送ることが出来るからこの世界は完全なものになっている。

それが全てのものに意味があり、決められているのだとしたら、そんな世界は完全ではないし、不自由すぎる世界になってしまう。

生きる理由なんてなくていい。

それすらも自分で決めることが出来るからこの世界は素晴らしいものになる。

人は縛られたり決められていることが好きなのだ。

自分で決めることが出来ないのだ。

せっかく自分で決められる自由が与えられているのだから自分で決めればいい。

縛られた人生をあえて送る必要はない。

縛っているのは自分自身なんだ。

生きる理由は全て自分で決めればいい。

本当は誰も縛られてはいない自由な存在なのだから。