生きる理由をいくら探してもそんなものは最初から存在していません

生きる意味求めてあれこれ考えてみてもそんなものはないのです。

生きる理由なんて決められていない方が良いのです。

だって生きる理由が決められていたのだとしたら、それは自分自身が自由でいられなくなります。

生きる理由に縛られて生きることになってしまうからです。

そんな縛られた人生を送っていたら自分で自分の人生を決められないのだとしたら、別にロボットだとしても同じことになってしまいます。

【関連】自由は可能性。縛られた時点でつまらないものになってしまう

自由に自分で決めて自分の人生を送ることが出来るからこそこの世界は完全なものになっているのです。

それが全てのものに意味があり、決められているのだとしたらそんな世界は完全ではありませんし、不自由すぎる世界になってしまうでしょう。

生きる理由なんてなくて良いのです。

それすらも自分で決めることが出来るからこの世界は素晴らしいものなのです。

人は縛られたり決められていることが好きなのです。

自分で決めることが出来ないのでしょう。

せっかく自分で決められる自由が与えられているのだから自分で決めれば良いのです。

縛られた人生をあえて送る必要はありません。

縛っているのは自分自身であり自分の心なのです。

生きる理由は全て自分で決めれば良いのです。

本当は誰も縛られてはいない自由な存在なのだから。

あとがき

生きる意味というのは生まれた瞬間から決められているわけではありません。

もし生きる意味を決められていたのだとしたらそれはその為に生まれてその理由をクリアする為にこの人生を使わなければいけなくなります。

仮にそれが全くやりたくないことだったとしてもやらなければいけなくなります。

そんな人生を送ることになったら最悪でしょう。

ですから生きる意味なんて決められていなくても良いのです。

だからみんなが自由に生きていられるのです。

生きる意味がどうしても欲しいというのなら自分で作れば良いのです。

それが自分にとっての生きる意味になっていくのです。

関連記事

自分探しの関連記事
  • 理想を追い求めていく人生と現実を見て生きていく人生ではどちらが良いのか
  • 目標がないと人はネガティブになるしどんどん退化していく
  • ワクワクすることが分からない人がワクワクすることを見つける方法
  • 自分の才能の見つけ方。才能は意外なところに隠されている
  • 人生の答えは出るのか
  • 罪悪感のある行動と生活をやめよう【心は正しい方向を知っている】
おすすめの記事
人生を変える方法
人は無い物ねだりが好きです。 いつも欲求は無い物ねだりの方向へ向いています。 恋人がいないと恋人が欲しいと言う。 そして恋人が出来れば今度は...