ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

考えたりイメージなしには人は何も行動することは出来ない

人は行動するためにはまず、イメージをしたり考えたりしなければ行動することは出来ません。

人の体は勝手に動き出すわけではないので自分の頭で考えて行動します。

歩こうと思わなければ歩けませんし、

ご飯を食べようと思わなければご飯を食べることは出来ません。

人間が行動するにはまず初めにイメージをしてから動き出すことが出来るのです。

行動するにはイメージすることがとても大切

行動するにはイメージすることがとても大切になってきます。

スポーツの世界ではイメージトレーニングという言葉があるように良いイメージを頭で描くことで現実でも同じような動きが出来るようにするためのトレーニングです。

それだけスポーツの世界ではイメージすることが重要で、良い動きをするためには良いイメージが必要なのです。

理想的なプレーをするには理想をイメージする必要があるのです。

最高のプレーをするには最高のイメージが必要なのです。

イメージなくしてはそのプレーを実現することは出来ません。

良いイメージが出来ていなければ良いプレーが出来ないのです。

イメージなしには行動することは出来ない

イメージが全く出来ていないのに行動することは出来ません。

それはどういうことかというと、

ご飯を食べるという動作を頭で考えてみると、

箸を持つ→ご飯を挟む→箸を口へ運ぶ→ご飯を口に入れる→噛む

という動作をしなければいけません。

それは箸の持ち方をしっかりと練習してイメージが出来ていなければなかなか上手くご飯を挟んで口に運ぶことはできません。

コップを持つという動作もコップを持つイメージをしてからコップを持って口に運ぶはずです。

何も考えていないで何もイメージをしていなければ人は何もしませんし何もできません。

そんなことは当たり前なことなのですが、

それはどんなに大きな物事でも同じことなのです。

箸を持ってご飯を食べることも、

野球をしてバットを振ってボールを打つのも原理は同じです。

バク転だって同じですし、

お金を稼ぐことだって同じです。

全て人が行動することは同じなのです。

お金を稼げない人はお金を稼ぐイメージが出来ていないから稼げません。

文章を書くことももちろん同じで、文章を頭でイメージしてから文章を書き始めるでしょう。

全て同じなのです。

難しいことであればあるほどイメージがしっかりと出来ていないので、出来るようになるまで反復練習が必要です。

全てはイメージから始まるのです。

逆に言えばイメージさえ出来ていればあとは現実に当てはめていくだけなのです。

もちろんイメージ通りに出来ないこともあるでしょうがそれは試行錯誤をしながら挑戦してイメージ通りの現実になるまでやっていけば良いのです。

あとがき

簡単なことでも難しいことでも全てイメージをしてから行動して現実を変えていくという意味では同じことなのです。

自分が思い通りにならない原因というのは、自分のイメージ不足や知識不足、経験不足が原因であることがほとんどです。

子供の頃から比べるととても多くのことが出来るようになってきたはずです。

初めはご飯を食べることや物を持つことすら出来なかったのに今では一人で生活出来るくらいにまでいろんなことが出来るようになっているはずです。

スマホを操作したりパソコンを操作することだって初めは出来なかったはずです。

しかしそれも経験と知識を得て、どうすれば上手く扱えるのかを知ったのでイメージをして操作しているはずです。

そうやって人は成長してどんどんいろんなことを出来るようになっていくのです。

ですから自分を変えたいと思うのであればまずはイメージをしてからそこに向かって行動していけば良いのです。

それはみんながやってきたことなのですから。

イメージ出来なければ出来るようになるまでやり続けていく必要があるのです。

そうやって知識と経験を積むことでイメージすることが出来るようになり、上手くいくような行動をすることが出来るのです。

難しく考える必要はありません。

全て原理は同じなのです。

関連記事

目的があるから行動する。目的と行動が違ったのだとしたら自分にとっては無意味な行動

気持ちやイメージだけでは良い結果は出ない

自分のなりたい現実をイメージして行動することで現実になる

難しく考えても仕方ない。自分に出来ることを精一杯やりたいようにやればいい