ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

意味がある時点で自由ではなくなる。

人は様々なものに意味を求める。

「生きる意味はなんだろうか」

「何の為に生まれてきたのだろうか」

「こんなことをして意味があるのだろうか」

「こんなものを作って何の意味があるのだろうか」

そんな風にして色んなものに意味を求めている。

自分はこれからの人生をどう生きていけば良いのだろうか。

そんな風にしてこれからの人生に対しても意味を求める。

だが、そんな風にして自分自身以外に意味を求めていたって仕方ない。

そもそもそのもの自体に意味なんてないのだから。

生きていることに意味なんてない。

生きている為に生きているのだから。

何の為に生まれてきたのだろうか。

それは、生まれる為に生まれてきたのだ。

そのものに意味なんて求めても仕方ない。

全て意味や理由なんて自分自身が作るしかないのだから。

そのものに仮に理由や意味があるのだとしたら自分自身が自由ではなくなる。

生きる意味が決まっていたのだとしたら、その決められた運命の為に死ぬまで生きなければいけない。

生まれてきた理由が決まっていたのだとしたら、自分の人生は生まれてきた時点で自分の人生ではなくなる。

その生まれてきた意味や理由のために一生を捧げなければいけないのだから。

そんな不自由な人生を送るために人は生まれてくるわけじゃない。

だから理由なんてなくたっていいし、

意味なんて求めなくてもいい。

自分自身がどう生きたいのかを決めて、そこに自分の好きな理由も意味も作っていけばいい。

理由を知りたいと思うということは、

「自分で理由や意味が決められないから誰か自分の人生の意味を作ってくれ」

と自分以外の人やものに縛って欲しいと願っているようなもの。

そんな他者に答えを求めても、それではいつまで経っても答えなんて見つかるわけもないし、どんどん自分の首を締めていくことになる。

自分の人生なのだから、意味も理由も自分でつければいい。

人間はそれが出来るのだから。

自分で考えて行動して、試行錯誤をして、あれこれ悩みながらでも前に進んでいくことが出来る。

自分で考えて進んでいくことが出来る。

それなら自分で好きなように決めればいい。

自分の人生なのだから。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。