【有料】本気でオーラが見えるようになりたい人へ

悩む意味のある悩みと悩んでも意味のない悩みがある

私たちは生活していると様々な悩みを抱えています。

自分自身に関しての悩み、周囲との人間関係の悩み、自分以外の家族の悩みで頭をかかえることもある。

まだ起きていない将来の不安もあるだろうし、それだけみんなたくさんことを考えて生活しています。

しかしその中でも、悩む意味のある悩みと悩む意味のない悩みがあるのです。

悩む意味のある悩みはどんなものだろうか

悩む意味のある悩みとは一体どんなものかという疑問が湧くでしょう。

「悩みは悩んでしまうのだから仕方ない」ということもあるでしょう。

勝手に悩んでしまうこともあるし、自分で悩んでいることもある。

じゃあ何が良くて何が悪いのかという判断をつけるのは難しいかもしれないが、その中でも悩んだ方がいいものと悩んでも意味がないものはあるのです。

それは、

「悩んで変えられるものは思いっきり悩めばいい」ということです。

「将来どんな仕事に就こうか悩んでいる」

という悩みは悩んでこの先の未来を自分で変えることが出来ること。

他にも、

「仕事が全然うまくいかなくてどうすればうまくいくのかがわからなくて悩んでいる」

これも自分の考え方と努力次第で未来を変えることが出来ること。

「今の恋人と別れようか悩んでいる」

これも自分の考え方で変えることのできる悩みです。

そのように悩んだり考えることによって未来を変えることが出来ることは悩無意味があり悩んでも良いものです。

悩めばそれだけ答えを導き出すことが出来る可能性があります。

どんな未来が良いのかを考えてそこに向けて、今の選択をどうしていくかということを考えて悩むことは良い未来を目指して行動出来るので意味のある悩みと言えるでしょう。

【関連】過去は変えられないが未来は変えられる。

意味のない悩みとはどんなものだろうか

逆に意味のない悩みとは一体どんなものかというと、

いくら悩んだとしても未来を変えられない悩みです。

悩んだり考えたりすることは悪いことではないし、どんどん知恵がついたり、経験をすることが出来るからとても良いことです。

しかし、どんなに悩んだり考えた結果、行動したとしても未来を変えられないもので悩むことは意味のない悩みだと言えます。

「日本の将来は一体どうなるのだろうか」

「地球が滅亡してしまったら自分は一体どうなるのだろうか」

「漠然と将来が不安でどうしたら良いか分からない」

そんな風にどんなに悩んだとしても、そこからのするべき行動が見えずにただ漠然と不安と悩みを重ねているだけどうにもならないのです。

そこから未来を想像していまするべき行動を決めて、そうすることによって未来が変える事が出来る事なら存分に悩むべきでしょう。

しかし日本の財政の話をしても、一般人がどうにもならない事なのです。

もちろん国の財政に関わっている人からすればそれは考えて悩むべき問題です。

人によって悩んでも意味のあるものとないものは違うのです。

悩んでも行動しても未来を変えることの出来ない悩みを持つことはやめましょう。

それだけエネルギーを使いますし、ただ不安になってネガティブになるだけです。

悩むべきことを悩みましょう。

【関連】どうしようもないことで悩むのはやめよう

他人の人生について悩んでも変えられない。本当に変えるのは本人の気持ち次第

自分の未来は自分の考え方を変えることで行動を変え、結果的に未来を変えることは出来ます。

しかし他人の未来というのは、どんなに頑張ったところで変える事はできません。

もちろん助言をしたりアドバイスをすることは出来るでしょう。

しかしどんなに良い言葉をかけても、良いアドバイスをしたとしても変えるのは本人であって、どんな言葉をかけてもその人を変える事は出来ないのです。

アドバイスを求めてきたらそれに答える事は出来ます。しかし自分が出来る事はそれまでです。

アドバイスを求められていないのに、アドバイスをしてもただのお節介でしかありませんし、それが心に響く事はないでしょう。

あるのは、「ちゃんとアドバイスをした、自分のやるべきことをやった」という気持ちだけです。

だから自分のやるべきことをやったのだとしたら、それ以上悩む事は意味のない悩みだという事です。

その人にはその人の人生があるのです。

それに対して悩む必要はありません。

自分のやるべきことをやりましょう。

【関連】他人は変えられない。自分自身が気付いて変わっていくしかない

変えられない悩みを解消するためにはどうすれば良いのか

未来を変えられないと知っていても、悩んでも意味はないとわかっていても、それでも悩んでしまう事はあるでしょう。

悩みなんてすべて自分自身が好きで悩んでるのではなくて、勝手に悩んでしまうことの方が多いです。

どうしても変えられないのに悩んでしまうという事があるのだとしたら、自分にできる限りの事をしてみてそれでもダメなら諦める事が出来るでしょう。

結局悩みなんて言うものは、自分が納得するかしないかと言う事です。

どんな悩みがあったとしても、それに関して納得していて受け入れられていれば悩む事はありません。

「悩んだって仕方のない事だから自分に出来ることをやるしかない」

と言う結論に至ります。

悩みは最後は解決するまで頑張り続けるか、あとは受け入れるしか道はありません。

それなら受け入れられるまでやるか、やっぱり変えることが出来ないのかと納得をするまでやるしかありません。

始めから変えることが出来ないとわかっていて行動し続ける事はオススメはしませんが、納得出来ないというのはそういうものです。

どんなに無理だと言われても、どんなに悩んではいけないとわかっていても、受け入れられないものは仕方ありません。

それなら悩んで立ちすくんでいるくらいならとことんまで頑張ってみればいい。

自分が納得するまでやればいいのです。

しかしその結果どんな現実が待っていてもそれに文句を言ってはいけません。

自分でわかっていて選んだ結果なのだから他人に文句をいうことも環境に文句をいうこともしてはいけません。

自分で選んだ結果は自分で責任を持って飲み込まなければいけません。

それでもやるならやればいいのです。

悩みは納得するまで消えないのですから。

【関連】人生は自分ではどうにもならないことはある【受け入れることで成長する】

悩みを解消するためにはどうすればいいのか

悩みというのは生まれてしまうとなかなか消えることが出来ません。

むしろどんどん自分の中で大きくなっていってしまって、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし悩んでいる暇というのはありません。

どんなに悩んだとしても変える事が出来る問題だとしたら行動しなければ悩みは解決しません。

そして悩んでも意味のないものだとしたら、受け入れるか諦めるかをしないと悩みは消えません。

悩んでも意味のない事は、受け入れて自分の出来ることをやるしかないのです。

「会社の経営が傾いていつリストラさせるか分からない」

という悩みがあったとしたらそれは自分ではどうにもなりません。

やれる事があるとしたら自分は目の前の仕事を一生懸命やって、あとはリストラされるかどうかは自分が決めることではないのです。

現実を受け入れるしかありません。

リストラさせるとわかっているのだとしたら、今のうちから次の仕事を探しておくしかないでしょう。

自分に出来る事はそれくらいのものです。

それなら自分に出来ることを見つけて、自分が出来ることを精一杯やっていれば悩みは自然と消えていくでしょう。

リストラという事実は変えられないかもしれませんが、それでも次の仕事が決まっているのだとしたら、今の「リストラをされる」という変えられない悩みは解消されていくでしょう。

悩んで立ちすくんでいても何も変えられません。

変えられない事実に目を向けるのではなく、変えられる事に目を向けて行動していく事で悩みを解消していく事が出来るのです。

【関連】最後は何かを受け入れるしかない。選ぶのは自分であり全ては自由

あとがき

悩んでも意味のある悩みと意味のない悩みについて書きましたが、悩んでしまうのは仕方ないです。

勝手に悩んでしまうものを止めるのは難しい事です。

それなら変えられない悩みに悩むよりも、どうすればその悩みを回避することが出来るのかを考えることが大切です。

変えられない悩みに悩むのではなく、変えられる悩みを探して、それを実行していくことで悩みというのは少しづつでも解消されていきます。

せっかく悩んでいるのだとしたら悩むだけで終わるんじゃなくて、どうすれば解決するのかを考える事にシフトしましょう。

そうすることで「悩んで落ち込む」のではなくて、「どう行動していけば良いのかと考える」事にシフトすることが出来ます。

悩みに悩むのではなく、

「悩みについて考える」に変えることが出来るのです。そうすることで悩みを解決するための一歩を踏み出すことが出来るのです。

自分で頑張ったとしても変えられない悩みは悩んでも仕方ありません。

自分で悩み行動すれば変えられるもので悩みましょう。

そして未来を変えていけば良いのです。

関連記事