ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

インプットした情報はアウトプットをすることで自分の情報になっていく

アウトプットすることは日常的に行われています。

「日記を書く」

「手紙を書く」

「ブログを書く」

「自分の作品を作る」

そのように自分の頭の中にあるものをアウトプットすることはあります。

日常生活では、

「人と会話をする」ということでアウトプットすることが多いでしょう。

それでも人と話すというのは生きていく上で日常的に行われていることです。

何も新しい情報をインプットしていないと、いつも同じ会話しかできなくなってしまいます。

それだけ何かをアウトプットするということはインプットすることが重要なのです。

インプットするためには、常にインプットすることを心がけることが大切

普段生活しているだけでも意識しているとインプットする機会というのはたくさんあります。

例えば、通勤電車の中で周りを見回してみると、ほとんどの人がスマホを見ながら電車に乗っています。

一昔前では考えられなかったでしょう。

それも一つのインプットです。それをブログに書くことも出来ますし、友達に話すことも出来るでしょう。

常にアンテナを張っていればどこでも新しい情報を手に入れることが出来ます。

インプットするには常にインプットしようという意識を持っていることで情報は自然とインプットされていくのです。

アウトプットをするように普段から心掛けよう。アウトプットすることで自分の本当の知識になる

 

インプットした情報というのは自分の言葉にして初めて自分の知識になるのです。

アウトプットするというのはそれだけ自分の頭で理解していないとアウトプット出来ない。

仕組みを理解していなかったり話を理解していないのに人に正しく情報を伝えることはできないのです。

インプットした情報はできるだけ何かでアウトプットすることが大切です。

そうやってインプットした情報を自分なりの言葉に変えてアウトプットすることで初めて自分の情報として理解されていくのです。

アウトプットする時に気をつけるべき点

アウトプットしようと思った時に、自分が本当に聞いた話を理解したかどうかは人にアウトプットしたときに初めて気付きます。

「こんなことがあるらしい」

「こういう話があるらしいよ」

そういう風な表現になってしまうということは、まだまだ理解していないということです。

しっかりとインプットされていたのだとしたら、

「こんなことがあってとても良かった」

「こういう風にしたほうがいい」

という風にしっかりとはっきり伝えることが出来ます。

「〜があったらしい」という情報は信ぴょう性もなくてただ人の情報を流しているだけです。

逆に自分が体験した情報であれば、

「こんなことがあってとても楽しかった」

のように自分の言葉で自分の感情をそのまま話します。

そういう情報の方が信ぴょう性があり、人に説得力を与えます。

それだけ自分の言葉にした方がしっかり人に伝わっていくのです。

そして聞いた話をそのままの言葉でアウトプットしているのではいつまでも自分の情報になっていきません。それでは本当にインプットされたということにはなりません。

しっかりと自分の言葉に変換してアウトプットすることでアウトプットしながら整理して自分の言葉に変えるという作業を行うので、そこでやっと自分の情報としてインプットされていくのです。

インプットというのはアウトプットして初めて本当のインプットになるのです。

あとがき

インプットというのは普段の生活で意識していないとなかなか新しい情報というのは入ってきません。

普段の生活をただ繰り返しているだけだと自分の思考は停止しています。それはそこまで一生懸命考えなくても慣れているからです。

ですから本当に新しい情報をインプットしたければいろんなものに目を光らせていなければいけません。

そうすることでいつもの違う景色に見えてくるでしょう。今までは気付かなかったものにも気付いたりするようになります。

本当は日常生活の中に情報というものは溢れています。それに気付くか気付かないかは自分次第なのです。

意識してインプットすることが大切です。

そして、インプットした情報は自分の言葉で理解して自分の言葉に変換することで初めて自分の情報と知識になっていくのです。

アウトプットする時に言葉に詰まってしまうようだとまだまだ本当に理解しているとは言えません。

アウトプットをしてやっと本当に理解していることになるのです。

ですからインプットした情報というのは出来るだけ早く人に伝えるようにしましょう。

インプットとアウトプット、

どちらもとても大切なものなのでどちらかが欠けてしまってはいけません。

どちらも意識的に日常的に行うようにすることでどんどん自分の知識として蓄積されていくのです。