ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

一歩踏み出す勇気が出ない。その一歩が人生を大きく変える

一歩を踏み出す勇気が出ない。

やった方がいいと分かっているのに。

やったら良いことは分かっているのにその一歩が出ないという人は多いのではないでしょうか。

その一歩は、自分にとって大いなる一歩となるでしょう。

その一歩が自分の人生を大きく変えるきっかけになるかも知れないのです。

今回は、一歩踏み出す勇気が出ない。その一歩が人生を大きく変えるというテーマで書いていきます。

一歩を踏み出す勇気が出ない

一歩を踏み出す勇気が出ない人は多いでしょう。

その一歩を踏み出すことは、良いものだと分かっているのになぜその一歩が踏み出せないのでしょうか。

今の自分のままでいようとする心がある

人は、

変わりたい。

もっと良い自分になりたい。

もっと成長したい。

そんな風に頭では考えています。

しかし心のどこかでは、

今のままでいい。

変わりたくない。

という気持ちがどこかにあるのです。

人間は今のままでいることの方がずっと楽ですし変わることは大変なこともあります。

その大変なことをやりたくないな。

今のままの方が楽だし。

と言う気持ちを持っているのです。

今のままというのは誰でもみんな楽なのです。

【関連】変わりたいけど変われない人は何かきっかけが必要

心と頭が違うことを考えている

心でも頭でも変わった方がいいと思っているのなら人は悩んだり勇気が出ないなんてことはないのです。

何も迷わず突き進むものなのです。

だってもし、

家から近くの銀行へ行けば100万円が絶対にもらえます。

そんなことがあるとしたらあなたはどうしますか?

確実にいくと思います。

よほどの用事がない限りいくでしょう。

それは心でも行った方がいい。

頭でも行った方がいいに決まっている。

と思っているから悩むことはないのです。

勇気を出す必要もないのです。

とにかく行けばいいだけなのですから。

そうやって心も頭も同じ方向を向いている時は勇気なんて何もいらないのです。

ですから人間は今のままでいようとするのです。

それが一番安全で楽だからと思っているからです。

その心に打ち勝って一歩を踏み出しましょう。

その先には自分の目指す未来が待っているのです。

【関連】心と頭がいつも同じことを考えているわけではない。

どうせ変わらないと思っている自分がいる

一歩を踏み出しても自分はどうせ変わらない。

だったら勇気を出して一歩を踏み出さない方がいい。

自分にはどうせ出来ない。

だったら初めから勇気なんか出してやるより今のままの方がいい。

そう思ってしまうのです。

それは自分に自信がないからそう思ってしまうのです。

自分には変われないという思いが一歩を踏み出すことの邪魔をしてしまうのです。

そうやって変われないと思っていたら変われるものも変われません。

絶対に変われないと思っているのなら初めから勇気なんていらないでしょう。

だって絶対に変われないものをやることに対してそんなプレッシャーも勇気もいりません。

例えば、絶対に当たらないクジを引くのに勇気も要りませんし緊張だってしないでしょう。

だって絶対当たらないと分かっているのだから何も期待もしていないのだから。

もしかしたら当たるかもしれない。

という期待があるから緊張したりプレッシャーがかかったりするのです。

勇気がいるということはプレッシャーや緊張しているのです。

という事は、

自分に出来るかもしれない。

自分は変われるかもしれないという期待や思いがあるから勇気がいるのです。

その一歩を踏み出せば変われるかもしれないという事なのです。

それを自分の心が自然と感じているという事なのです。

【関連】一歩踏み出す勇気が出ない。その一歩が人生を大きく変える

失敗したくないという気持ちがある

せっかく勇気を出したのに結局うまくいかなかった。

あんなに頑張ったのにダメだった。

そのように失敗したくないという気持ちが働いてしまうものです。

特に勇気のある一歩というのは、

それだけ自分にとっては特別なもので失敗したくないという気持ちが強いのです。

それはどうしてかというと、

勇気を出したという事はそれだけ大きなチャンスを物にしたと心が思っているからです。

勇気を出した先には必ず成功があると思っているからです。

そういう思いがある。

勇気を出すというのはそれだけ自分にとって自信があるものですしチャンスだと思っているのです。

それを絶対に逃したくないという気持ちがあるのです。

だから一歩を踏み出す勇気がいりますし、

それだけその一歩は重いのです。

その一歩を踏み出さなければ初めからチャンスを逃してしまうことになります。

もちろんその一歩を踏み出せば成功するというものではありません。

あくまでもその一歩はスタートラインです。

しかしそのスタートを切らなければ何も始まる事はありません。

しっかりチャンスは物にしましょう。

勇気のある一歩を踏み出してスタートラインに立つのです。

【関連】人生の選択を間違いたくないと思っている人が正しい見つける方法

勇気のある一歩を踏み出した先には手に入れたい現実がある

勇気がいるということはその先には今の自分とは全然違った自分が待っているということです。

全然違う自分が待っていることを自分の心(潜在意識)が知っているのです。

全く自分が求めていないものが目の前に現れたとしても、それは勇気のある一歩とはならないでしょう。

面倒臭いな。

別にどうでもいいし。

という気持ちになるでしょう。

勇気が必要な一歩というのは、

自分が求めているから、

心からそれを欲しているから勇気が必要なのです。

その先には自分が変われるチャンスがあるから勇気がいるのです。

勇気のある一歩はそれだけ自分にとってとても価値のある一歩なのです。

もちろんその一歩を踏み出す事は大変な事です。

とても覚悟がいるでしょう。

しかしその一歩が自分の人生を大きく変えるかもしれないのです。

しっかり乗り越えていきましょう。

【関連】悩んでいても前には一歩も進まない。目標や理想があるなら行動あるのみ

勇気のある一歩の先には必ずチャンスがある

先ほども言いましたが、

勇気のある一歩の先には必ずチャンスが待っているのです。

それはなぜかというと、

その先にあるものが自分にとってのチャンスでなければ勇気なんて必要ないからです。

覚悟や緊張する事で、

その先に自分にとって得られるものが何もないのだとしたら絶対誰もやらないでしょう。

自分にとって得られるものがあるから勇気が必要なのです。

それを自分自身は知っているのです。

チャンスが待っているのです。

チャンスは後ろ髪がないと言われているように一度逃したチャンスは二度は来ません。

しっかりそのチャンスを物にしましょう。

そして自分が変わるための大きな一歩を踏み出しましょう。

【関連】チャンスはいつ来るか分からない。チャンスを掴むために必要なこと。

もしその一歩を踏み出して失敗しても得られるものはある

勇気のある一歩を踏み出し、その結果失敗したり何も得られなかったとしても何も心配する必要もショックを受ける必要もありません。

その勇気のある一歩を自分の意思で踏み出した経験は自分にとって大きな一歩と大切な経験になるでしょう。

そうやって一度でも勇気を出すことが出来たら、

今度また同じようなチャンスが来た時にも掴み取ることができるでしょう。

また勇気のある一歩を踏み出すことができるでしょう。

勇気のある一歩はそれだけ自分にとって大きな成功体験になるのです。

ですから結果が悪かったとしても、

それでもそれは自分が変わるために必要なことかもしれません。

乗り越えていきましょう。

その先に自分の求めた未来が待っているのです。

【関連】人生は試行錯誤や失敗を繰り返し自分の道を見つけていく

一歩を踏み出す勇気を出すためには

一歩を踏み出す勇気がどうしても出ない時には自分に言い聞かせてください。

この一歩を踏み出した先には自分の目指す未来が待っているということを。

一歩を踏み出す人生と、

一歩を踏み出さない人生では、

最終的にはものすごく大きな差になっているでしょう。

勇気を出さなかった人生では、

「あのときやっておけばよかった」

「あのとき挑戦しておけばよかった」

「もっと良い人生が待っていたかもしれないのに」

そのように後悔ばかりの人生になってしまうでしょう。

しかし勇気を出した人生では、

「やるだけのことはやった」

「あれは失敗したけれどあれはうまくいった」

「自分の好きなようにやれてよかった」

「失敗したし恥をかいたこともあるけど悔いはない」

「あの時の失敗なんて今考えればどうでもいいこと」

そんな風に思うでしょう。

どんなに失敗したとしてもそれは後になってみればどうでも良いことなのです。

しかし挑戦しないで終わる人生はずっと失敗したことややらなかったことを後悔します。

やらない後悔よりもやって後悔する方がいい。

そんなありきたりの言葉かも知れないけれど本当にそうだと思います。

やりたいと思ったらやったほうが良いのです。

やった方がいいと思ってるのならそれはやった方が良いのです。

そうやってチャンスを掴みにいった人にだけ、自分の理想の人生、自分の夢を叶えることが出来るのです。

やってみなければわかりません。

とにかくチャンスがあるのなら挑戦していくことが大切なのです。

【関連】自分が納得いくまでとことんやり切る。納得せずに終わると後悔する

あとがき

一歩を踏み出す勇気なんて誰でも持っているわけではありません。

みんなその一歩を踏み出すのは怖いのです。

大きい小さいという差はあるかも知れませんが、

みんなそれぞれ自分にとってのチャンスは違いますし大きさだって違います。

しかし、

その一歩を踏み出すということは大きさなんて関係ありません。

その一歩を踏み出す勇気が自分の人生を変えていくのです。

その一歩を踏み出すことは大変なことです。

しかしそれだけ大変なことだからこそその先にあるものは大きなものだということなのです。

一歩を踏み出せる人はみんな知っているのです。

チャンスは何度もやってこないことを。

だから、

とても大変なことだし難しいことかも知れないけれどそのチャンスをしっかりものにしようと勇気を振り絞って踏み出すのです。

そうやって勇気を出し続けてきた人が、自分の理想を手に入れることが出来るのです。

それだけチャンスをモノにしてきた人が思い通りの人生を手に入れているのです。

たくさんの一歩を乗り越えて成長して、また一回り大きな人人間になっているのです。

勇気のある一歩を踏み出しましょう。

その先には、

自分の求めているもの、

自分にとって大切なもの、

自分の欲しいものがあるのですから。

掴み取りましょう。

理想の自分になるために。

関連記事はこちら