ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

怒ったりイライラしたりしないために必要なこと

怒ったりイライラしたりするのは、とても疲れるし自分にも相手にも環境にも全てに良いことではありません。

出来ることならイライラしない方がいいししたくないはずです。

今回は、怒ったりイライラしたりしないために必要なことについて書きたいと思います。

イライラするのは自分に余裕がないから

イライラする理由として一番影響が大きいことは、自分に余裕があるかないかということが何よりも一番重要なことです。

仕事ばかりで疲れていて、余裕がなくなっていくと家庭でも家族に当たってしまったり、奥さんの言うことにいちいち腹を立てたりしてしまうことがあります。

普段の状態で疲れていないときはなんとも思わないことでも余裕がなくなってくるとどうしてもイライラします。

ですからあまり自分を追い込んだ状況を少なくすることが大切です。

【関連】イライラしているのは自分のせい。人生は自分の気持ち次第で決まる

環境を変えよう

あまりにもイライラする状況が続いたり、全然いまの現状が辛くてどうにもならないときは、無理をせずに環境を変えることをお勧めします。

過去の自分が決めたことだとしても、いまの現状辛くてどうしようもないとすると、どうしてもストレスがどんどん溜まっていってしまって、自分がどうしようも出来なくなってしまいます。

そんな状況になる前に、環境を変えてストレスの少ない環境に自分をおくことが出来れば自然と余裕が出来て、イライラすることが少なくなっていきます。

もちろん上を目指して頑張ることも大切だと思いますが、気楽に自分らしく、楽しく生きることも大切です。

心も体も健康第一です。

【関連】人は環境によって性格は変わる。環境が変化すれば自分自身も変化する

気にしないことも大切

イライラしてしまうと、そのイライラしてることをまた後で思い出してまたイライラします。

そうやってイライラすることにイライラしたり、想像してイライラするのはとても勿体無いです。

自分一人で勝手にイライラしている状況なので、どんなに思い出しても何も現実は変わることはありません。

そんな時間があるのだったら、一刻も早く忘れて、自分がこれからどうしていくのかを考えていた方がずっと良いです。

過去を変えることは出来ません。

過去のことに悩むよりもこれからのことを考えていきましょう。

【関連】気楽に生きるためのコツ。気楽にやった方が結果うまくいく

あとがき

イライラしないように自分で意識したとしても、それではなかなか変えることが出来ません。

イライラしないように意識すればするほど、そこに気を取られてしまって、もっとイライラすることを意識してしまいます。

それよりも、自分の好きなことや他のことに意識を向けて、自分がよりよく生きるために必要なことを考えていくことが大切です。

人はどうしても余裕がなくなって疲れてくると、どんどん悪い方向へ進んでいってしまいます。

我慢したり、無理をしたりするとイライラします。

そうやって自分を追い込んでいく方向からは離れていくことが必要です。

環境を変えて自分に余裕が出るような環境作りがイライラしたりストレスを溜めないために大切なことだと私は思います。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。