ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

生まれてから死ぬまで自分は自分として生きていく

みんな自分の人生を生きている。

他の誰かではなく自分の人生を生きている。

生まれてから死ぬまで自分以外の人になることはできない。

ずっと自分は自分の体を使ってその体が朽ち果てるまでその体を自分として生き続けていくもの。

自分以外のことを知ることはできない。

自分は自分でしかない。

他の誰かになることはできない。

自分の人生では自分の体と心が主役でそれ以外の人はみんな脇役。

自分が主役でそれ以外の人は脇役。

それは自分がどんな人生を送っていたとしても、自分からの視点でしか自分の人生を生きることは出来ないのだから自分が主役なのです。

ずっと自分にスポットライトが当たっている物語。

それが人生。

それが自分の人生なのです。

どんな出来事が起きてその出来事をどうやってくぐり抜けていくのか。

どうやって乗り越えていくのかは自分次第。

自分が主役なのだから自分が乗り越えていくしかない。

自分の人生は自分が主役。

他の誰かを中心にして生きる必要はない。

自分が主役なのだから自分の好きなように生きていけば良い。

死ぬまで他の誰かになることは出来ないし、死ぬまで自分は自分として生き続ける。

それなら、

もっと自分を大切にして、

もっと自分を好きになって、

もっと自分の好きなように生きていい。

だって自分の人生は自分が主役なのだから。

関連記事

自分の人生は自分が主人公。人生は自分が作り上げていく物語

他の誰かを演じるのではなく最高の自分になろう。人は他の誰かにはなれない

人生に答えはない。答えは探すものではなく作り上げていくもの