自分のやっていることが本当に正しいと思うのか。

自分のすべきことが本当にこれだと本当に思えるだろうか。

自分の信じているものをずっと信じ続けることが出来るだろうか。

自分を信じるだけの強さがあるのだろうか。

自分のやっていることの先には何が待っているかなんて誰にもわからない。

どんなに想像したってそれは空想や机上の空論でしかない。

そんな空想に人生を捧げられる人は本当の強さを持っている。

何も疑問を持たずにただ自分の行いを正しいと言い続けられるだろうか。

そんな強い意思を持っていたとしてもそれが本当に正しいのだろうか。

盲目的に信じることが本当に正しいことなのだろうか。

自分が正しいと疑問を持たずに言い続けられるだろうか。

そんなことが本当に正しいとは思わない。

私はそんな自分になりたいとは思わない。

疑問を持つ強さ。

自分を否定することが出来ることも強さだと信じている。

正しい事を正しいということが正しいことだとは思わない。

じゃあ一体本当の正しさって何だろうか。

それは、

正しさを追いかけ続けることが、

本当の正しさなんじゃないかな。

関連記事はこちら

哲学的思想の関連記事
  • 科学とは一種の宗教である
  • 気分や気持ちが見ている世界を作り、自分の人生を作り上げていく
  • 葛藤や迷いなんてあって当たり前。だって人間なのだから。
  • 人生に答えはない。答えは探すものではなく作り上げていくもの
  • 心に迷いがあるということは心の中で正解を知っているということ
  • 「なるようになる」の本当の意味と使い方
おすすめの記事