ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

実家で暮らすことで得られるメリット。核家族は大きな負担になる

現代では核家族がとても増えている傾向にあります。

昔であれば結婚したら旦那さんの実家に入るのが当たり前でした。

しかし今では結婚したら家を出てアパート暮らし、もしくは一人暮らしをしていてそこで暮らす。

結婚前に同棲をしていてそのまま暮らし続ける。

なんていうパターンが当たり前になりつつあるでしょう。

しかし核家族というのは自由があってメリットもあるのですが、デメリットも多く考えられます。

今回は核家族についてお話しします。

核家族とは

まず核家族とはなんなのかというと、

子供と夫婦だけで成り立っている家族のことです。

今ではそれが普通なので核家族という言葉をあまり使わないかもしれません。

昔では結婚したら旦那さんの家に嫁ぐのが当たり前だったのでお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、そしてひいおじいちゃんまでいる家族もありました。

そのように両親と一緒に住まずに夫婦と子供だけで暮らしている家族を核家族というのです。

核家族のメリット

核家族のメリットもデメリットもあります。

今回はどちらも紹介していきたいと思います。

人間関係で悩みづらい

やはりたくさんの家族がいると人間関係の問題があります。

特に嫁姑問題は永遠のテーマでしょう。

結婚したのは夫婦であって他の家族の人とは好きで結婚したわけではありません。

ですから気が合う合わないはどうしても出てきてしまうのは当然と言えるでしょう。

その点、核家族は夫婦と多くても子供だけなので夫婦間の人間関係があったとしてもそれ以上に悩むことはありません。

それはメリットと言えるでしょう。

とにかく自由

核家族では人数が少ないのでみんなにご飯を合わせたり予定を合わせることはないのでご飯を食べる時間も出掛ける時間も全て自由に決めることが出来ます。

人数が少ない分行動も気軽にすることが出来るでしょう。

核家族のデメリット

核家族のデメリットもあります。

デメリットについて書いていきます。

とにかく出費が多い

核家族はとても出費がかかります。

家賃も払っていかなければいけませんし食費も普通にかかります。

結婚したのなら家具も揃えなければいけないかも知れません。

そうなると100万単位でお金がなくなっていきます。

いくらお金があってもすぐに出ていってしまいます。

しっかりとした収入がなければ核家族を維持するのは大変でしょう。

子供の面倒を見る人がいない

今では共働きの家族がとても増えています。

共働きで子供までいたら本当に大変です。子供の面倒を見る人がいなくなってしまいます。

実家のすぐ近くに住んでいるのなら親に預けることが出来ますが、そうでなければ大変です。

子供もたくさんの家族がいた方が楽しいはずです。

いつも両親が家にいないのでは寂しい思いをするのは子供になってしまいます。

初めは実家に入るようにしよう

何をとるかにもよりますが実家に入ったほうが良いでしょう。

もちろん収入的に余裕があるのなら家を出ても良いですが今の収入では家を買うことも大変ですし家賃を払い続けることもとても大変なことです。

お金が貯まったら家をでても良いです。

子供も小さい頃は大変です。

小さい頃は夜も眠れない日々が続きますし、子育てに追われる日々になります。

そんな時におじいちゃんおばあちゃんがいてくれるととても助かります。

収入面においても、子育てにおいてもどちらにしてもまずは実家に暮らすほうが良いでしょう。

よっぽど人間関係で悩むようなら出て行けば良いのです。

それからでも遅くはないでしょう。

まず初めは実家で様子を見て良さそうならそのまま続けていく方が良いでしょう。

現代でお金がない理由は核家族が増えたから

やはり親と住むというのはそれだけストレスも増えますし、なかなか広さ的にも実家には住めないという理由もあるでしょう。

しかし別々で暮らすのと一緒に暮らすのでは大きな違いがあります。

家賃も二倍になってしまいますし、食費だって一緒に暮らした方がかからないでしょう。

車だって共有で使うことも出来ます。

何もかもが核家族になるとお金がかかってしまうのです。

確かに夫婦二人で暮らしたいという気持ちは当然ですし、親と一緒に暮らすのは嫌でしょう。

しかしそれ以上にお金がないというのはとても大きな問題です。

核家族では世帯月収が20万円では暮らしていけません。

しかし実家で一緒に暮らせば20万円あれば十分と暮らすことが出来るでしょう。

それくらいの差があるのです。

核家族が増えたからみんながお金がない状況になっているのだと考えられるでしょう。

核家族の方が結果的にストレスが溜まる

核家族の方がずっと自由ですし、人間関係の悩みも少なくなります。

しかしその分収入の面で悩んでしまっていては同じことになってしまいます。

そして子育てでもみんなで子供を育てるのと、

夫婦だけで子供を育てるのでは負担は大きく変わっていきます。

夫婦二人で出掛けたい時も一緒に暮らしていれば預けてどこかへ行くことも出来ます。

旦那さんが仕事でいない時も一人で面倒を見なくても良いのです。

子育ての負担はとても大きなものです。

そこが緩和されるだけでもストレスがなくなります。

ですから結果的に人間関係で悩んだとしても、他の分でストレスがなくなるので結果的に実家で一緒に暮らした方がストレスは少なく済むでしょう。

お金の問題も子育ての問題もとても大きな悩みです。

そこが緩和されるのは大きいでしょう。

あとがき

現代では実家に親と暮らすという選択肢はあまりなくなっているように思えます。

実家を出て一人で暮らすメリットもたくさんあります。

やはり自分の力で暮らしていく力というものも大切ですし、夫婦二人で乗り越えていくということも大切なことです。

しかしだからこそ貧困が進んでしまい、ローン地獄へ向かっている人も多いのは事実です。

それに子育て問題も、

子育てでストレスが溜まりすぎて虐待。子育て放棄という問題も仮に実家で両親と暮らしていたらその問題はなくなるのではないかと思います。

両親と一緒に子育てすることは出来ますし、なかなか両親の前で虐待する人はいないでしょう。

核家族だからこそ生まれる問題もたくさんあるのです。

核家族であるメリットとデメリットを理解してどの選択をしていくのがベストなのかを考えていくことが大切です。

関連記事

お金がない理由とその原因。お金の使い方を変えて人生を変える

お金に困らない生活をするためには収入よりも支出に目を向ける