ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

過去の自分から変化するのは寂しいけどそうやって人は成長していく

学校の卒業、会社を退社する時、彼女との別れ、ずっと暮らしてきた地元を離れる時、過去の自分がいた場所、自分が長く過ごした環境から離れる時、人は悲しい気持ちになるでしょう。

それはきっと悪いことではありません。

それだけ変化しようとしている証拠です。

それだけ成長していこうとしている証拠です。

過去の自分から変わるのは寂しい気持ちにはなるけど、人はそうやって変化し成長していくものです。

寂しいかもしれないけど、変化をしなければ前に進むことはできない。

変わっていくことは仕方のないこと。変わっていくから成長できる。

そうやって前に進んでいくから自分の理想の自分を手に入れることができるのです。

過去の自分や今の自分にしがみ付いていても、それでは今のまま変わることはありません。

別に今の自分が大好きで今の自分のままずっといたいのならそれでも良いでしょう。

それを続けていくことが幸せなら。

しかし人も環境も時代も全て変化していくものです。

そうやって変化を繰り返しながら成長していくものです。

今のままが良いと言ってもいつかそれにも終わりがきます。

だったら今の自分にしがみつくよりも自分の目指した未来に向かって変わりながら向かって行ったほうが良いでしょう。

自分の理想の自分に向かって。

【関連】人は失敗を繰り返しながら成長していく

変化しないことは悪いことではない。今の自分に満足しているのなら。

変化しないことが悪いわけじゃない。

ただもし今の自分に不満があるなら変わるしかない。

不満があるのに今の自分にしがみ付いているなら、不満を持つことをやめるか、変化するのかどちらかを決めるしかない。

そうしないと自分がどんどん苦しくなっていく。

結局最後は自分自身が決めるしかない。

今の自分が良ければそれでいいしもっと違う自分になりたいなら自分で道を切り開くしかありません。

変化することを恐れる必要はありません。

変化を恐れてもずっと今のままではいられないのですから。

変化する事もリスクかもしれないけれど、

変化しないことも同じようにリスクなのですから。

【関連】心も体も環境も全て常に変化し続けている。

自分の生きたいように生きればいい

どんどん自分の理想を追い求めて変わっていこうとも、

ずっと変わらずに今のままでいようとも、

全ては自分の自由です。

自分の人生は自分が主人公なのだから、全て自分が納得するように決めればいい。

他の誰かになんと言われようと何も関係はない。

自分納得して、満足していればそれで良いのです。

自分の納得する自分を目指して変化し成長していこう。

過去の自分に執着せずに、前に進んでいこう。

自分の求める理想の自分を目指して進んでいこう。

【関連】楽しく自分の納得する人生を生きられたらそれで良い

成長したければ変化するしかない

みんな変化することに対して抵抗があったり、今のままでいる方が楽だし変わっていく事が悪いことのように思っている事が多い。

あいつは変わった。

という風になぜかネガティブなイメージを持っているけど、変わることは悪いことではない。

むしろ変化し続ける方がずっと自然な形である。

人は歳をとっていくし環境も時代もどんどん移り変わっていくものです。

どんどん変化して成長していくものです。

だから変化して良いのです。

変化なしに成長は出来ないのです。

むしろ変化はポジティブなことです。

小学生から中学生、そして高校生という風にどんどん変化して成長していくのです。

大人になると変化することを恐れます。

ずっと同じ会社に勤めてたり、

住むところを変えたり、

変化をすることに対して抵抗があります。

しかし本当は変わったって良いのです。

そのさきに自分の求めるものがあるのならそれで良いのです。

変化なしに自分の理想へ向かっていくことは出来ないのですから。

【関連】変化とは成長すること。変化を恐れず自分の進むべき道を進もう

あとがき

変化を恐れる必要はありません。

変化なしに成長はありません。

だから自分の理想があるのならどんどん変化していって良いのです。

変化することはリスクだと思うかもしれませんが、実際はそのまま変化しないことも十分にリスクはあります。

ずっとそのままでいれば平気ということはないのです。

生き物は時代と環境に適応するために進化を続けています。

変化しながら適応しながら生きているのです。

だから人間もどんどん変化して成長していけばよいのです。

全ては自分次第だけれど目指すところがあるのならどんどん変化していけばよいのです。

誰になんと言われても変化していけばよいのです。

名残惜しい気持ちもあるでしょうがそれでも行きたいところへ行けばよいのです。

一度きりの自分の人生なのですから。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。