悟りについてはこちら

短時間の仮眠で疲れが取れる方法

疲れているけどなかなか休みが取れなかったり、ちょっとした休憩時間をうまく使えないということがあるかも知れません。

そんな時は仮眠を取ることをお勧めします。

仮眠は短い時間でも疲れを取ることができます。

むしろ仮眠は短い時間だからこそ良い効果を発揮してくれるのです。

今回は仮眠について書いていきます。

少しの仮眠でも疲れが取れる

仮眠は短時間にも関わらず大きな効果があります。

普通にゆっくりしているだけでは、気持ちのリセットまではいかずにひと休憩くらいにしかなりませんが、仮眠を取ることは一度リセットすることができてまた新たな気持ちでこの後を迎える事ができます。

ちょっと休憩だとしても仮眠を取ることをお勧めします。

仮眠の適切な時間

仮眠は長すぎても短すぎても良くありません。

短すぎると疲れが取れず、

長すぎると逆にしっかりとした眠りの体勢に入ってしまうので、寝起きが悪く逆に頭も体も動かなくなってしまいます。

では、

仮眠はどれくらいの時間が適切かというと、

15分〜30分以内の仮眠が一番効果的です。

30分を超えてしまうとしっかりと寝てしまうのでそれでは逆に頭がぼーっとしてしまいます。

15分程度にしておくのが良いでしょう。

質の良い仮眠を取るための方法

仮眠を取ろうと思っても、

15分では全然休まらないという人も多いのではないかと思います。

そんな人のために質の良い仮眠を取るための方法をご紹介します。

リラックス音楽を聴く

無音であったり、ざわざわしていると落ち着いて休めません。

特に無音だと、いろいろ考え事をしてしまってなかなか休めないのです。

そんな時は、

小さな音でリラックス音楽を聴くことで質の良い仮眠を取る事ができます。

脱力できる体勢にする

仮眠といっても体勢は重要です。

座っても良いですし寝転がっても良いでしょう。

とにかく自分がリラックスできる体勢にする事が大切です。

私自身は、寝転がった方がより効果的だと感じています。

呼吸に意識を持っていく

仮眠といっても寝るのではなくどちらかというと、瞑想やマインドフルネスに近いものです。

ですから寝るという意識よりも、頭を一回クリアにするという意識でいる方が良いでしょう。

その時に重要なのは呼吸です。

ゆっくり呼吸をして、その呼吸に意識を持っていくことによってリラックスする事ができます。

呼吸を数えながらゆっくりと整えていくのです。

そうする事で頭がクリアになり何も考えていない状況と同じになります。

その結果、寝ている状態に近くなります。

呼吸に意識を持っていくのは寝る時にも効果的なのでぜひやって見てください。

寝ようとせずに何も考えないようにする

仮眠はしっかり寝るわけではないので寝ようとする必要はありません。

頭の中を空っぽにして、頭からリラックスする事で眠りに近い状態にする事でリフレッシュするのです。

ですから寝ようと思ったり、変に休もうとか考える必要はありません。

短い時間でしっかりと休む事が出来れば良いのです。

そのためには何も考えずにリラックスする事が大切なのです。

あとがき

質の良い仮眠を取る事で、短時間で疲れを取る事ができます。

疲れを取ることによってそのあとの集中力も増しますし、効率よく作業に取り組む事ができます。

脳が疲れてしまうとどうしても頭がぼーっとしてしまい、無駄に時間を過ごしてしまうことになります。

そんな時は15分程度の短時間の仮眠を取る事でリフレッシュすることができるのです。

睡眠時間が減ってしまい、あまり休みがない人が多いのではないかと思います。

そんな現代では、

質の良い仮眠はとても便利ですし必要な事ではないかと私は思います。

仮眠をとって新たな気持ちで頑張っていきましょう。

関連記事

心が疲れると起こってしまう症状とその対処法

心が疲れていたり気持ちに余裕がないと何をやっても楽しめない

疲れているのは休むためのサイン!疲れた時には何をやってもうまくいかない