悟りについてはこちら

神は存在するのだろうか

神様って本当にいるのか。

天国や地獄はあるのだろうか。

幽霊は存在するのだろうか。

そんな答えのないような事でもみんなが気になる事でもあります。

それは人間の永遠のテーマでもあるでしょう。

神様はこの世界にいるのだろうか

神様はこの世に存在しているか、それとも存在していないのか。

その答えは、存在しているけれど一般的に思われている絶対的な神様は存在していないというのが私の意見です。

それはどういう事かというと、

一般的に神様というのは人間の形をしていて絶対的な神様がいて、その神様にも意思があり、

地獄に行く人と天国に行ける人を選んだり、天罰与えたり神の恵みを与えたりと色んなことをしているというイメージを持っているでしょう。

神様に好かれているのか嫌われているのか気になったりそれに天国と地獄ではどっちにいけるのか気になったりします。

ですが神様というのはそういう存在ではない。

天罰も与えないし神様の恵も与えない。

そして天国と地獄に人を選んだりもしない。

そもそも天国も地獄も存在しないでしょう。

神様どころか天国も地獄もないなら何をやってもいいってことになってしまうのかと言うとそうではありません。

【関連】前世や来世、輪廻転生というものは存在するのだろうか。

天国もなければ地獄もない。そして神様が天罰を与えることもない。

何をやっても天国にも地獄にもいかないし天罰も当たらないでしょう。

しかし現実世界では警察に捕まったり死刑になることだってあるります。

そして悪い事ばかりしていると人からの信用も無くなって生きづらい人生を送ることになってしまうでしょう。

そんなことになったとしても地獄にはいきません。

それだけ罪を償っているのでそれ以上地獄には行かないでしょうし、そもそも地獄は存在しないからいきません。

しかし地獄のように感じることはあります。

地獄はなくても地獄のような体験はする

例えば、階段から落ちそうになった時とかボールが顔に当たりそうになった時とか、とてもスローに感じることがあると思う。

実際の時間は変わらないのに、自分自身の感覚ではとても長く感じることがあるでしょう。

他にも勉強をしている時間はとても長く感じるし嫌なことをしている時間とは長く感じるように人はなっています。

だから死ぬ瞬間ってそれと同じようにとても長く感じると思うのだ。

死ぬ瞬間に走馬灯が流れると言われるくらいに、

現実世界では一瞬だとしても自分自身の感覚では永遠に感じることだってあるのです。

その走馬灯の時間の中で自分のやってきたことが悪い事ばかりだとしたら地獄に感じるかもしれないし、自分の中で良い行いをしてきたのだとしたら天国に感じるかもしれません

それを天国や地獄と考えていたり感じている人はいるでしょう。

そうだとしてもみんなが言っているような天国も地獄も存在はしていないでしょう。

自分自身が天国があると思えばあるしないと思えばないでしょう。

天国が全く存在していないかと言うとそうではなく、

その走馬灯のような感覚が地獄だと言えば地獄でしょう。

それは人それぞれの意見でしょう。

天国も地獄も神様も自分自身がいるかいないのかを自分で決めている

例えば、妄想も幻覚も他人からしてみれば妄想や幻覚だけれど、本人からしてみれば幻覚ではなく完全に存在しているものになるでしょう。

自分がみんなから嫌われていると自分自身が思っていれば現実ではそんなことはなくてもそれが現実になってしまいます。

自分がそう思ってれば現実なんて関係ないのです。

どんな勘違いだとしてもその人の中ではそれが現実になってしまうのだ。

【関連】神様とは自然の摂理であり宇宙の法則である

人それぞれみんなが同じ世界に生きているようで違う世界に生きている

この世界は物があったり現実は存在するからある程度共通の現実は存在しているのだけれど、それをどう捉えていくのかというのはその人次第なのです。

自分の人生というのは自分自身にしか分からないし、自分が主人公の世界なのだ。

自分がどう思うのか、そしてどう感じるのかということが何よりも大切ということなのです。

みんな同じ共通の世界に生きているにも関わらず、みんなが違う世界、または少しズレているような世界に生きているのです。

それをよくパラレルワールドと呼ばれているものです。

同じ世界に生きているように見えて全く違う現実をみんなそれぞれ生きているのです。

【関連】パラレルワールド(並行世界)は存在しているのか。世界は無数に存在している

自分の世界は自分で構築していくことが出来る

自分の人生は、自分がメインキャラクターで自分でストーリーを作っていけるということなのです

自分の人生はサブキャラクターではなくて主人公なのです。だから自分が神様がいると思えばいるし、いないと思えばいないということになるのです。

ある程度共通認識をしているものはあるけどそれをどうとらえるのかは人それぞれですし、そのとらえ方によって世界はあらゆる形に変化していくと言うことです。

それだけ自分の感覚や感じ方が重要だと言う事なのです。

【関連】自分の人生は自分が主人公。人生は自分が作り上げていく物語

この世界そのものが神様という存在

でもさっきは絶対的な神様はいないと言いましたがそれ以外の神様はいるのかというと、

神様という定義が王様みたいな絶対的な存在という感じになっていますが、実際は神様というのはこの世界そのものです。

宇宙全体を作ったのが神様だとしたら、その宇宙の中に存在している地球という存在はその神様の作った宇宙の一部になります。

そしてその中にある日本という存在はその地球の一部になるでしょう。

宇宙を作った神様の上にも神様を作った神様がいて、その神様を作った神様がいるかもしれない。

それと同じようにみんなが思っている神様というのはこの世界そのものなのです。

全てが神様の一部だということになるのです。

神様なんてそもそも存在していなくてこの世界そのものが神様で、神の恵みだと思っていたものは、この世の摂理が起こした良いことであり、天罰だと思っていたものはこの世の摂理が起こした自分が感じている悪いことだということです。

結果的に、神様というのはこの世界の摂理そのものが神様ということになるのです。

神様の意思があるのではなくそれは上から下に物が落ちていくように、この世界の摂理が全てを決定しているだけのことなのです。

神様はいなくて神様の意思もなく自然の法則そのものが神様という存在そのものなのです。

神様がいたっていなくたってこの世界に生きていくこと、そして自分の思うように、自分が思うように生きていくこと自体に変わりがないこと。

神様がいないからと言っても、この世の摂理があるのだから悪いことをすれば悪いことが起きやすいのは事実です。

神様がいようといなかろうと今まで通り自分の思うように生きていけば良いのです。

自分自身が自分の人生の主人公なのですから。

どちらにしてもこの世の自然の法則がやったことをそのまま結果として現実に表してくれることには間違いありません。

自分の思うように生きていけば良いのです。

【関連】宇宙の法則とは。宇宙の法則は神様そのもの

あとがき

神様がいるかいないかというのはとても難しい問題です。

みんなそれぞれ自分の世界があって、それは自分自身にしか分からないものなのでその人次第になってしまうでしょう。

自分は幽霊を見た。神様と会ったことがある。

そういう風に言っている人もいればそんなものは存在しない。と思っている人もいるでしょう。

それはその人の世界では見たことがあるのだから存在するものだし、見たことがなければ存在しないものになる。

ですからそれは人それぞれであるし、その人の感じ方次第で現実というのは大きく変化してしまうということなのです。

ですが絶対的で天罰を下すような神様は存在しないでしょう。

もし神様が存在したのだとしたら人間や動物、植物は全て神様の子供にあたる存在です。

そんな自分の作った子供に悪意を持って危害を加えたりはしないでしょう。

全てはこの世の摂理そのものが現実を決定しているもの。

神様が全てを決めているのだとしたら、自分自身では全く何も決められないことになってしまう。

そんな不自由で不完全な世界では何も存在していないのと同じになってしまう。

全てが自由でいろんな意思があって良いのです。

だからこそこのような一見不完全な世界が作り出されているが、実はこの不完全だと思えるような世界が一番自由で一番完全で完璧な世界なのかもしれない。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。