部屋を片付けることで人生の流れを変える

人生を変える方法
スポンサーリンク

部屋を片付けるのはあまり普段からやらない人が多いですが人生を流れを変えるにはとても良いことです。

今の現状が、

「なんかうまくいかないな」

「流れが悪いな」

「悪いことばかり続くけどなんでだろう」

そんな風に感じている人には特にお勧めします。

部屋を片付けることによってどうして流れが良くなるのか。

そしてどんな効果があるのかについてご説明していきたいと思います。

部屋を片付けるとどうして人生が変わるのか

部屋を片付けるだけで人生なんて変わらないだろうと思ってしまうかもしれませんが人生は好転していきます。

それはなぜなのかと言うことをご説明します。

部屋を片付けるとポジティブになれる

部屋を片付けると自然とポジティブになり活発的になります。

今までやろうやろうと思っても結局やっていないことって多々あると思います。

ですが部屋を片付けることによって、

「新しいことにチャレンジしてみよう」

「部屋を片付けたのだから誰か友達を呼んでみよう」

のように今までの自分とは違う行動をしようという気持ちになります。

もうそれだけでも人生は良い方向へ進んでいきます。

人生は行動しなければ変わりません。

片付けることで行動しようと言う意欲が湧いてくるので、それによって人生を変わり自然と好転していきます。

【関連】部屋を片付けるメリットとコツ。片付けによって得られる効果とは

ストレスが減り、ストレスに強くなる

部屋というのは常に自分が生活している場所です。

そのように常に生活している部屋がリラックス出来る空間であれば、部屋にいるだけでストレス解消になります。

そうすれば外でストレスが溜まってしまったとしても、部屋に帰ればまたリラックスする事が出来るので、結果的にストレスに強くなります。

部屋を自分のパワースポットにして、ストレスに強い体質を作る事だって出来るのです。

【関連】心のエネルギーを回復させるための方法

リラックス空間を作る事でイライラしなくなる

イライラしたり人に怒ったりするのは、自分の心に余裕がなかったり、ストレスが溜まっているけど発散する場所がない時になりがちです。

人に牙を向けているだけで実際の原因は自分自身にあるのです。

家にいるだけでストレスが溜まらない状況を作るだけでも全然違います。

家を居心地の良い空間にして、リラックスした日々を過ごしましょう。

疲れも溜まりにくくなる

仕事をしていたり、外に出たり、人と会ったりすると気付かないうちに疲れは溜まっています。

それなのに家にいても疲れが溜まってしまう状況になってしまうとどんどん悪い方向へ進んでいってしまいます。

ですが、家にいるとラクで良いという空間にしてしまえば、疲れを抜く場所ができるので疲れが溜まりにくくなります。

家というのは、

自分の好きな空間にコーディネート出来るのですからせっかくなら自分の好きな空間にしてみてください。

部屋を片付けないことで生まれるデメリット

部屋が汚いままでいると色々なデメリットが生まれてきます。

実際にどんなデメリットがあるのかをお話しします。

物が多いとリラックススペースの確保が出来ない

物が多いとどうしても自分の過ごすスペースが少なくなってしまいます。

気持ちよく大の字で寝れたり、いつも過ごすスペースは広く確保しておくとリラックスして過ごす事ができます。

そこまで広いスペースは必要ありませんが、ゆったりいられるスペースは必要でしょう。

物が多いと無意識にストレスが溜まる

物が捨てられない人は意外と多いですが、それはあまり良いこととは言えません。

考えて欲しいのですが、家にあるもので普段使っているものってどれくらいあるでしょうか。

実際に普段から使うものって本当に限られていると思います。

ある意味、家にあるものはほとんどが使わない物だと言うことです。

使わないのに自分の部屋を狭くしているのは大きなストレスになってしまいます。

無意識すぎてあまり感じていないかもしれませんが部屋に帰る度に、

「部屋が汚いな」

「片付けないとな」

「あの物は使わないんだよな」

と言う風に思ってしまいます。

それでも「もったいないから」と言う理由であったり、

「いつか使うかもしれない」と言う風に考えて、捨てずに取っておいているのかもしれませんが、実際はそのいつか使うかもと言うのは来ません。

来たとしてもその時はもう古くなっていて新しいものを買うことになったり、ボロボロで使えないかもしれません。

一年間使わないものは基本的に使うことはありません。

そういったものを取っておくことで、少しかもしれませんがストレスを感じている方が勿体無いことです。

1年間使わなかったものは、捨ててしまうことをお勧めします。

【関連】ストレスは無意識(潜在意識)にも感じている。

何かをやろうと思っても行動がしづらくなる

誰でも感じているものだと思いますが部屋は汚いよりも綺麗な方が良いと言うことです。

部屋が汚かったり、ごちゃごちゃしていると何をするにも動きづらかったり、やりづらいなと言う風にいらないストレスが溜まってしまいます。

そんな無駄なストレスを溜めないためにも部屋を綺麗にしておきましょう。

よく、テスト勉強をしようと思った時に部屋を片付けたくなりますよね。

それはどう言うことかというと、何かに集中したいときや家で行動をしたいと思った時には、部屋が汚いと気になってしまうのです。

普段は気づかないのですが、いざ勉強しようと思うとその気になっている事がストレスに感じてしまいます。

それは普段も感じているのですが気付かないだけなのです。

ですから、行動する時になって片付けるのではなく、普段から片付けておくことによってすぐに行動出来るようになります。

【関連】思い立ったらすぐ行動。やる気がある時にやらないと結局やらない

あとがき

部屋を片付ける事でどうして人生を変える事が出来るのかということは、結局は自分自身の気持ちが良い方向へ進み、そして行動する事が出来るので人生を好転させる事が出来るのです。

なんだそんな事かと思いますが、それがとても大きな結果を生むのです。

「今の自分では満足出来ていない」

「もっと良い自分になりたい」

と思っても何をして良いのかわからないという人は、まずは部屋を片付けることから始めてみましょう。

何か自分の気持ちに気付けるきっかけになるかもしれません。

関連記事