悟りについてはこちら

継続することの大切さ。どんなことも続けなければ結果は出ない

継続は力なり。

石の上にも三年。

という言葉があるように継続することはとても大切なことです。

どんな天才だったとしてもやめてしまったらただの人です。

天才になるには何かを継続していなければ絶対に天才になることは出来ないし、天才でい続けることは出来ないのです。

テニスの天才と言われたとしてもそのテニスをやめてしまった時点でただの人です。

発明家だって新しいものを発明し続けることで発明家でいられるのです。

どんなものも続けなければいけないのです。

サラリーマンだって会社に勤め続けることでお金がもらえます。

一日行っただけでは給料はもらえません。

どんなことでも続けることが出来なければ何も結果を得ることは出来ないのです。

続けることというのは、怪我や不運がなければ誰でも気持ちさえ続けば出来ることです。

しかし同じことを続けていくことほど大変なことはありません。

同じことを続けるというのは人は飽きてしまいますし、忍耐力が必要になってきます。

そうやってつまらないことでも辛いことでも大変なことでも、続けていくことで結果を出すことが出来るのです。

何事もやめてしまったらそこで終わりです。

継続は力なり。

というよりも継続しなければ何も得られないのです。

何か手に入れたい現実があるのなら続けていかなければいけないのです。

それだけ続けていく覚悟を持って目指していくことが必要なのです。

あとがき

同じことを継続していくことは本当にとても大切なことです。

どんな天才も続けていくことが初めて天才になれるのです。

同じことを続けることというのは誰にでも出来ることではありません。

誰にでも出来ないことが出来るということだけでも才能なのです。

それだけでもすごいことなのです。

どんなものでも少しづつうまくなっていくものです。

最初からプロになれるものなんてありません。

継続していくことで徐々に進歩して、結果的に大きな成長になっていくのです。

何事も続けていくことが大切だということです。

関連記事

継続は大事だけれど根性論では成功しない

「継続は力なり」とは、継続すれば結果が出るという意味ではない

結果を出す為には毎日続けることが何より大事

天才とは才能がある人のことを言うのではなく努力を続けていける人のことを言う言葉