自分でやると決めた事は絶対にやったほうがいい。

自分で決めたことも出来ないようになってしまったらこの先何をやろうとしても、

「やっぱりいいや」

「やる気が起きないからやめとこう」

と全てを気持ちで諦めるようになっていきます。

そうやって決めたことをやらないのはどんどん癖になっていくので、そのさきはもっと自分で決めたことが出来なくなっていきます。

一度、諦め癖がついてしまうと何も出来ない人になってしまうでしょう。

別にやりたくない事はやらなくてもいいと思う。

それで自分も他人も困らないのならそれでいい。

しかし自分で決めたことも出来ないようではその先の人生が思いやられてしまうし、自分の心に嘘をつき続けていきていくことになる。

自分で決めたことくらいはしっかり行動してやり抜くことが大切だ。

それさえやっていればこれからの人生で大きな力になる。

自分で決めた事は絶対にやり抜くと決意出来るのだとしたら決めた事は絶対にやるという自信になる。

諦めない心が養われていく。

自分の決めたことが出来ないという事は何も出来ないのと同じである。

やろうとしても出来ないし、やらなければいけないことも最終的にはやらなくなってしまうのだ。

自己管理が全く出来ない人になっていってしまうのです。

自分が決めた事は絶対にやり抜くと心に決めよう。

それさえあればこの先の人生どうにでも変えていくことが出来る。

関連記事

最後まで諦めない心を持つ人が成功を手にすることが出来る

諦められないなら諦められるくらい全力でやってみる【後悔しない選択をする】

思い通りにいかない時こそ自分が変わる時

  • どん底から這い上がるには行動あるのみ【考え込んでも現実は変わらない】
  • 自分に出来ないことを出来るようになる為のコツと具体的な方法
  • ワクワクする人生を目指していこう。わざわざつまらない人生を送る必要はない
  • 好きなことをして自由に生きたいのならバカになればいい。バカになれば自由と可能性が広がる
  • 人生を変えたい、変わりたいと思っているうちは決して人生は変わらない。
  • 毎日同じことの繰り返しで何を目指して生きているのだろうか
おすすめの記事