悟りについてはこちら

奇跡は起きるものではなく起こすもの【奇跡を起こす方法】

奇跡という現象は、自分の思いがけない事が起きて今までの状況が一変した時に人は奇跡と感じるものです。

その奇跡というのはただ待っているだけでは起こすことは出来ません。

奇跡を起こすにはそれだけの準備と諦めない心が必要なのです。

奇跡は起きるものではなく起こすもの

もちろん奇跡を自分で起こすことは簡単なことではありません。

しかしだからと言って諦めていたら奇跡が起こるものも起きなくなってしまいます。

奇跡を起こすためには、その奇跡を起こすための準備と諦めない心があって初めて奇跡を起こす事が出来るのです。

奇跡は諦めない心があって初めて起こせるものなのです。

奇跡を起こすためには、

それだけ強い意志が必要です。

何か強い願いがあってその願いに向かっていき、その結果その願いが叶った時に奇跡が起きるのです。

その願い(奇跡)を叶えるためには強い思いが必要不可欠なのです。

奇跡というのは自分の想定外のことが起きた時にそれを奇跡と呼ぶ

自分で努力して掴み取ったものや自分自身が作戦を考えて手に入れたものを手に入れたときは、それを奇跡とは呼ばないでしょう。

自分の力で勝ち取ったものという判断になるでしょう。

奇跡というのは自分の予想外のことや無理だと思ったものが、自分の力ではなく外部の力によって叶えられた願いのことを言います。

ですから自分の力ではないものが働かないと奇跡というものは起こせないということなのです。

奇跡を起こすにはそれだけ偶然や諦めないで行動し続けることが必要になってくるのです。

自分の力ではどうにもならない。

どんなに頑張っても叶えることが出来ない。

という願いがあった時に、

何かの拍子に自分の力以外の力が働いて願いが叶うこともあるのです。

そのような自分の力だけでは叶わないような願いを奇跡と呼ぶのです。

奇跡は一番欲しいと思う願いを叶えた時に奇跡と感じる

奇跡というのは、自分の思いや願い、一番自分が欲しいものが手に入った時に奇跡と呼ぶのです。

逆に言えばどんな奇跡のような出来事が起きたとしても、自分が望んでいないことが起きたのだとしたらそれは奇跡とは呼ばない。

借金まみれの人が宝くじで一億円を当てたらそれは奇跡と感じるでしょう。

しかし、大金持ちの人が一億円を当てたとしてもそれは奇跡ではなくラッキーでしょう。

それだけ人は望んだものを手に入れた時に奇跡と呼ぶのです。

それだけ強く願ったものが手に入った時に人は奇跡が起きたと感じるのです。

奇跡を起こすために必要なこと

奇跡を起こすためには、自分の本当に願っているものを手に入れた時に奇跡が起きたと思うもの。

その奇跡を起こすためにはそれだけ何かを望まなければ、そして願い続けなければ奇跡を起こすことは出来ないということです。

願いを持ってそこに向かって行動し続けられる人が奇跡を起こすことが出来るのです。

そして何よりも強く願うことが重要です。

自分の力以外の力が働かないと叶わないようなものは、自分が以外の他の誰かの力を借りなければ叶わない願いかもしれません。

そんな時に必要なのは強い想いです。

人が動かされるのは強い想いを見ると人は心が動かされます。

その強い気持ちが他の誰かに伝染して、

ありえないような力が働くことがあるのです。

もちろん必ず働くわけではありません。

しかし強い想いがあるから引き寄せるような奇跡があるのです。

何よりも強い想いと、

後はその想いに伴った行動によって奇跡を引き寄せることが出来るのです。

あとがき

奇跡は自分で起こすものです。

ただ指をくわえて待っているだけでは奇跡を起こすことは出来ません。

欲しい現実、願いがあるからこそ奇跡を起こすことが出来るのです。

諦めない心が奇跡を引き寄せるのです。

そしてその奇跡を引き寄せるだけの想いと行動が必要なのです。

何もしないでただ強く願っているだけでは何も引き寄せることは出来ないでしょう。

強い想いとそれと同じくらいの行動が奇跡を引き寄せていくことが出来るのです。

関連記事

世の中には思いもよらない奇跡が起きる

現実か魔法かの違いは原理を知っているか知らないかという違いだけ。原理を知らないと魔法と感じる

人生生きていれば予想もつかない出来事は起きる

運命を変える方法。運命とは人間の心が決めた結果論