世に出してこそ存在意義がある。何かを極めるなら練習したり考えている暇はない

人生の教科書
スポンサーリンク

スポーツでも、勉強でも、趣味でも、工作でも、なんでも極めるためには考えている暇はありません。

やろうと思うならやり続けて初めて才能が開花し閃きが起こります。

考えているばかりで行動に移さないとどんな天才でも閃きが起こらなくなってしまうのです。

だからどんな人でも極めたいならやり続けることが何より大切なのです。

向き合っていって常に良い方向へと向かっていくことが大切なのです。

ずっと練習していたりずっと試しているだけでは何も始まりませんし、何も生まれないのです。

 

どんどんチャレンジしてこそ、どんどん新たなものを生み出していくからこそ、人は成長していく事が出来るのです。

失敗しても失敗しても挑戦し続けるからこそ良いものが出来上がるのです。

漫画家は漫画を描き続けてこそ良いものが生まれてくるのです。

スポーツ選手も試合をしていくからこそ新たな進化をする事が出来るのです。

会社員は仕事をしているからこそ、仕事ができるようになり、会社に貢献出来るのです。

どんなものもやり続けてこそ成長して極めていく事ができるのです。

一人でコツコツ練習だけしていてもそれだけではなかなか成長出来ません。

世の中に出してこそ、人のために行動してこそどんどん成長する事が出来て極めていく事が出来るのです。

出来ない自分を人に見せるのはとても恥ずかしいかも知れないし、恥をかくかも知れません。

それでも本当に極めていきたいと思うのならばそれでも人の見るところへ勇気を持って出ていく事が大切なのです。

失敗してもいい、恥をかいてもいい、出来なくてもいい、不完全な状態でもいい、人に迷惑をかけるかも知れない、それでも成長して極めていくためには、自分がやりたいと思う事があるのだとしたら、思い切って世の中に飛び込んでいくしかないのです。

漫画家は漫画を描いてこそ漫画家なのです。

スポーツ選手は試合に出てこそスポーツ選手なのです。

歌手は人前で歌を歌ってこそ歌手なのです。

演奏家は人前で演奏してこそ演奏家なのです。

モデルは誰かに見てもらってこそモデルなのです。

練習する事が仕事ではありません。

人の役に立ったり誰かのために仕事をする事で初めて存在意義があるのです。

そうやって仕事をするからこそ失敗して成長して、極めていく事が出来るのです。

練習はもちろん大切ですが練習することが仕事ではないのです。

常に前へ前へと向かっていくことで人は成長していけるのです。

あとがき

もちろん練習することはとても大切ですし、コツコツ一人で向き合う時間というのは必要です。

その時間があるからこそ良いものが生まれるのです。

しかしだからと言って練習ばかりをしていたらいつまで経っても花開くことはありません。

世に出てこそ才能は開花するのです。

人に見られてこそ価値があるのです。

もちろん自分の中では不完全なまま世に出すというのはとても恥ずかしい気持ちになるでしょう。

しかし完全になってからを待っていたらいつまで経ってもその時はやってきません。

常に人は進化しているのでやればやるほど完全はやってこないということが分かるでしょう。

ですから不完全でも良いし自分が納得出来ていなくても世に出すということは大切なのです。

そうやって人に見てもらうことで存在意義があるのです。

一人で練習していてはいつまで経ってもやっている意味がありません。

そして人に見てもらうからこそ成長していくのです。

不完全だったとしても世に出すことで人は成長していくのです。

何かを極めるのなら考えている暇はありません。とにかく前へ前へと進んでいくことが極めるには最も近道なのです。

関連記事