子供の頃に思っていた大人のイメージはもっと何でも出来るし、もっと自由で、もっと楽しくて、もっと完璧な存在になれると思っていた。

子供の頃はそう夢を見ていた。

しかし実際に大人になってみると子供の頃から何が変わったのだろうかと思うほど変わっていない。

子供の頃は大人になる事を夢見ていた。

きっと大人になったら何でもできるのだろと。

しかし大人になったからってなんでも出来るようになるわけでもなく夢に見ていたような現実はなかった。

理想と現実というのはそれだけ開きがあるのだけど、今の現実が絶望的で最悪なものかというとそんなものでもない。

子供の頃に夢見ていたような大人ではなかったけれど、それでもそんなに悪いものではない。

確かに子供よりは自由がある。

その代わりに責任があるだけ。

子供の頃よりも楽しいこともたくさんある。

ただ辛いことも多いだけ。

子供の頃よりも何でも出来るようになった。

しかし、出来ない事もたくさんあるということに気付いただけ。

子供の頃に夢見ていたものはある程度叶っているのかもしれない。

しかしその裏に隠されているものを子供の頃は知らなかっただけ。

どこに向かっても、どんな人生を歩んだとしても、子供でも、大人でも、どんな事にも良いところがあれば、悪いところもある。

それがこの世の中の仕組みだと大人になって気付いた。

関連記事

神様とは自然の摂理であり宇宙の法則である

全ては自分のものではなく借り物である。自分のものなんて一つもない

悩んでいても前には一歩も進まない。目標や理想があるなら行動あるのみ

哲学的思想の関連記事
  • 科学とは一種の宗教である
  • 気分や気持ちが見ている世界を作り、自分の人生を作り上げていく
  • 葛藤や迷いなんてあって当たり前。だって人間なのだから。
  • 人生に答えはない。答えは探すものではなく作り上げていくもの
  • 心に迷いがあるということは心の中で正解を知っているということ
  • 「なるようになる」の本当の意味と使い方
おすすめの記事
スピリチュアル
心のエネルギーがなくなってしまうと生きる気力も湧かなくなり何もかもがうまくいかなくなってしまいます。 そうなってしまう前に心のエネルギーを回...
幸せに生きる方法
人生は全て自分が決めていて、自分が好きなように作っています。 自分の望んだ通りの人生になっているのです。 「そんなことはない」 「自分はこん...