自分の感覚と心が自分自身の人生を決定している

潜在意識を上手に使いこなす方法
スポンサーリンク

自分の本当の心を知ることは思ったよりも難しい。

「自分の心ぐらい自分が一番よく知っているよ」と思うかもしれないけどそういうものではない。

自分が本当にやりたいことや何を求めているのかがわかっていたらどんなに楽だろうか。

自分の人生の終着点が決まっているのだとしたら、どんなに楽だろうか。

自分の気持ちが全て分かっているなら迷うことはない。

だって、自分の人生の正解不正解を決めるのは自分自身しかいないのだから。

どんな人生だろうと、他人になんと言われようと、自分自身が納得して、自分自身が満足していればそれは幸せなんだ。

人は世界の裏側で起きていることを知る事が出来ない。

今はテレビがあるからニュースなどで知る事ができるけど、もしその情報を知る事が出来なければ、いまの自分の知る世界以外で何が起きていたとしても、自分自身には何も関係がないことになる。

それは、自分の知らないことだったり、自分の知り得ないことはそもそも自分の人生においてはどんな事が起きていようとも、存在しないのと同じ事。

どんなに人に嫌われていたとしても、自分自身がそれに気が付かずに生活していれば、それはそんな事実がないのと同じ。

だから、結局最後に自分の人生を決めるのは自分自身しかない。

自分自身を理解して、納得していればそれはもう悩みのない世界にいくことができる。

なぜなら自分自身がどう思っているかということが、自分の人生の中ではそれが全てなのだから。

現実世界に存在しないものだとしても、自分自身がそう感じてしまったらそれは他人には関係なく、自分自身の世界では存在しているものになる。

それが仮に妄想だとしても、存在していることになる。

それくらい人の人生は自分自身の心次第で決まってくる。

というかそれが全てだ。

五感すべてが機能停止になったとしたら、それはもう目の前に何かが存在したとしても、その人の世界では何も存在していないのと同じことになる。

なぜなら、感覚がないのだとしたら何も感じることが出来ないのだから。

見ることが出来るから、物の存在を知る事ができる。

触る感触があるから物の存在に気付くことができる。

音を聴くことが出来るから、音の存在を知ることが出来る。

すべてが感じられないのだとしたら、その人の世界は何も存在しない世界と同じだ。

だから人間はそれぞれの感覚を持ち、それが自分自身の世界を作っている。

みんな同じような感覚と共通の思考を持っているから、ある程度同じ世界に生きている。

だけど、それが全く違う感覚を持っていたとしたら、同じ世界に生きていたとしても、全く違う世界に生きているのと同じになる。

それくらい感覚と心が自分の世界を決定しているのだ。

自分の心を知り、自分の気持ちに素直になれたら、自分の人生で悩んだり、苦しんだりすることは今よりもずっと少なくなるだろう。

あとがき

現実は自分の心が決定しています。

自分の心が思ったらそれは本当にそうなっていくのです。

それは心の問題ということだけではなく、本当に自分が思っている方向へと進んでいくのです。

それが引き寄せの法則というものです。

[kanrenc id=”2208″]

気持ちの問題ということだけで何事も片付けてはいけません。

答えは自分の心の中にあるのです。

現実がどうこうよりも自分の心でどう感じる方が重要なのです。

現実よりも心の方が大切なのかもしれません。

心が本当の現実なのかもしれませんね。

関連記事

[kanrenc id=”1420″]