ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

後悔という感情は過去に気持ちが向いているから起こるもの

後悔というのは過去に気を取られているから起こる現象です。

過去はもう過ぎたことなのです。あるのは今だけなのです。

過去に気持ちを向けていても過去は帰ることが出来ないのだから、大切なのは「今」この瞬間なのです。

後悔をしている暇はなのです。前を向いていくことで自分の未来は切り開かれていくのです。

後悔という感情はまだ過去の気持ちが向いているということ

「後悔をする」そんな感情を抱いてしまうのは、過去ばかりに気を取られているからです。

どうしてそうなってしまうのかというと、過去の自分に不甲斐なさを感じたり、もっと変えられる方法はなかったのかとあれこれ考えているからです。

「過去を変えたい」

「もっとやりようがあった」という気持ちがあるからです。

実際は過去はどんなに変えたくても帰ることは出来ません。もっとやりようがあったとしても今からでは無理なのです。

過ぎてしまったことを変えることは出来ません。

それに今はもう過ぎたことですから冷静にあれこれ考えられますが、その時はその選択が精一杯だったのです。

誰も失敗をしたくて行動する人はいません。常に精一杯生きているのです。

人は常に最善の選択だと思って行動しています。

過去に気持ちを向けてあれこれ考えていても時間の無駄なのです。

【関連】人生のほとんどが妄想で出来ている。過去や未来に囚われることをやめよう

これから変えられる現実があるのなら反省することも大切

過去を振り返っていても仕方ないということもありますが、それはもう変えることが出来ない事実に関しては考えても意味がありません。

どんなに振り返っても変えることは出来ないからです。

しかし、これから変えることが出来るものであれば過去を反省してやり直すことは出来ます。

自分のやったことを反省して、これからの人生の選択に役立てることは大切なことです。

それが成長というものです。

人は過去に目を向けたら必ず後悔する

人は過去に目を向けた時点で必ず後悔をします。

どんなに自分の思い通りになってきた人生だろうと、反省の多い人生だろうと関係なく、過去に気持ちを向けた時点で公開はします。

過ぎてしまえば冷静に判断することが出来ますし、違う選択肢を想像することが可能だからです。

どんなにうまくいっていても、もっと良いと思える選択肢はあります。人生というのは選択肢の連続です。その選択肢の中で常に最高の選択をしているかというとそんなことはわかりません。

「なんとか乗り越えてきたけど、ああすればもっとよかったな」

「もっとこういう風にすればよかったな」

そんな風に過ぎてしまえば経験しているので過去の自分よりも成長しているのです。

それならもっと良いと思える選択肢を見ることが出来るのです。

ですから過去に目を向けてしまえば反省点はたくさんありますし、それに執着をすれば必ず後悔します。

「もっとこうすればよかったな」と。

人間はどんな選択肢を選んだとしても過ぎてしまえば後悔することが出来るのです。

そういう生き物なのです。

過去に目を向ける必要はありません。

前を向いて歩いていけばいいのです。

【関連】人はどんな選択をしても悪い結果なら後悔をする

過去にとらわれるよりも前を向いて歩こう。前を向いていれば後悔する暇もないのだから

過去は変えることが出来ません。

それなら過去にとらわれる時間がもったいないのです。

そんな時間があるのならこれからの人生をどうやって生きるのかを考えていった方が良いでしょう。

これからの未来は変えられます。

前を向いていれば、過去よりも「今」をどうやって行動していくかばかりを考えていることになるので過去のことは気にならなくなるでしょう。

常に前を向いて次のステップに進んでいくことが大切です。

そうして常に全力で生きていれば自然と後悔のない人生を送ることが出来るでしょう。

【関連】過去は変えられないが未来は変えられる

あとがき

過去に目を向けてあれこれ考えた時点で人は必ず後悔をします。

だから後悔ばかりをしている人は、常に気持ちが過去に向いているのです。

「昔は良かった」

「前はいろんなことが出来た」

過去の栄光にすがりついていてもなんの意味もありません。

終わってしまったらそれで終わりなのです。

それよりも大切なのは今です。

昔ほどなんでも出来る訳ではないのかもしれないけど、それでも今を全力で生きることが今現在の自分が精一杯出来ることです。

それを探してやってみるのです。良い未来にするために全力で行動し続けるのです。

今になってしまうと、「昔は良かった」と思うかもしれませんが、

また何年後かには、「あの時も今考えればまだ何でも出来た。後悔なんかしてないで頑張っていれば良かった」と後悔していることに後悔することになってしまうかもしれません。

この世は常に前にしか進んでいないのです。

それなら自分自身も前を向いて進むしかないのです。

前を向いて歩いていきましょう。それが後悔しないために必要なことなのです。

関連記事