嫌なことから逃げるようとする気持ちがあるから人は変われる

人生を変える方法
スポンサーリンク

人は嫌なことから逃げようとするから自分を変えることが出来るのです。

それはどんな理由だろうと同じことです。

良い自分になりたいという気持ちも辛いことから避けたいという気持ちもどちらも同じように嫌なことから避けたいという気持ちからくるものです。

何かを目指したいという気持ちも嫌なことから避けたいという気持ちもどちらも同じこと

今より収入を増やして、良い家に住みたい。

それは今の家に少しでも不満があるから変えたいと感じる。

新しい仕事に転職したい。

今の仕事に不満があるから仕事を変えたい。

キャリアアップしたいからもっと自分のスキルを生かす仕事がしたい。

今の仕事だと物足りないしやりがいがないからつまらない。

どんな理由であれ、今の状況に不満や苦痛を味わっているから変えたいと感じているものです。

苦痛から解放されたい。

苦痛から逃げ出したいという感情が自分の人生をより良いものにしていくのです。

負の感情というのはそれだけ大きな力になる

だから今感じている苦痛は悪いことではない。

その苦痛があるからこそ人は変わることができる。

何も苦痛がなく今に満足しているのだとしたら何も変える必要がないから人は変わることが出来ないでしょう。

それは変わる必要もないし変わる理由もないから頑張る意味もないのです。

人は苦痛があるからこそ成長出来るのです。

今の状態から解放されたという気持ちがあるから人は大きく変わっていくのです。

苦痛は今の自分にとってはとても必要なこと

辛いことや苦しいことは出来るだけない方が良いのですが、逆に言えばその欲がなければ人は変わらないのです。

その苦痛を味わいながらその苦痛を噛み締めながら変化し成長していくものです。

人生というのはそうやって自分の中でどんどん次のステージへ向かって進んでいきます。

苦痛や辛いことはあって良いのです。

それをバネにして自分の人生を変えていけばそれで良いのです。

変わりたいと思うから変われる

「今の自分からは変われない」

「今の状況は仕方のないこと」

そうやって自分自身で思い込んで自分の未来の可能性を無くさない方が良い。

その辛いことや苦痛の数だけ人は変わっていくことが出来るのです。

その苦痛が強ければ強いほど人は大きく変化し、大きく成長していけるのです。

どんな人でも、どんな状況でも、どんな立場の人だとしても、人は変わることが出来る。

変わらないのだとしたらそれは自分が変わらない選択をしているだけのことです。

変わりたいと思っていたとしても、

「自分には変えられない」と思っている自分がいるのです。

だから変わることが出来ない。

本当に辛いのだとしたら変わるしかない。

無理だと思っても変わるしかないのです。

そう思った時に人は大きく変わることが出来る。

そうやって人は大きく成長していく。

[kanren id=”1988″]

あとがき

嫌なことから逃げるというとそれとても悪い事に感じますがそれを自分の理想の方向へ向けて変えていく事に力を使えば大きな力になります。

もちろん嫌だからといって逃げているだけでは何も現実は変わりません。

ただ逃げているという現実が待っているだけです。

良い感情だったとしてもそれは嫌な感情からくるものです。

今のままでは何も楽しくない。

今のままでは良い結果を生まないから頑張る。

どれも良い感情ではありますがその根源は嫌なことから逃げたいから頑張るというものなのです。

ですから悪い感情だからといってそれが全て悪いわけではないのです。

その感情をうまく使って現実をより良いものへと変えていけば良いのです。

関連記事

[kanren id=”2343″]