ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

悔しさをバネにする。悔しいという気持ちは成功へと近づいている証

悔しいという気持ちは負の感情ですが決して悪い感情ではありません。

自分が自分らしくいるためにはとても必要な感情ですし向上心を持っているなら必ず生まれる感情です。

悔しいという気持ちがあるからまた頑張っていこうという気持ちが生まれるのです。

悔しい気持ちがあるから今の自分から成長していくことが出来るのです。

悔しいという気持ちはどうして生まれるのか

「悔しい」という気持ちを持っているということは、

その悔しいと思ったことに対してプライドを持っていたり、自信を持っていたり、または頑張っていたり努力しているから悔しいという気持ちが生まれるのです。

全くやったことがなく自信のないもので負けたり出来なかったりしても「悔しい」という感情は生まれません。

バカにされて悔しいという気持ちが生まれることはありますが、

それはバカにされれば腹が立つことはありますが、それは自分自身にプライドがあるから悔しいという気持ちが生まれるのです。

そのように自分がこだわっていたり、頑張っていることを否定されたり、うまくいかなかったりすると悔しいという感情が生まれるのです。

悔しいなら悔しさをバネにして自分の力にすればいい

悔しいという気持ちは自分が頑張っているから悔しいという気持ちが生まれるのです。

頑張っていないで中途半端にやっていることは、

「うまくいかなくても当たり前」

「負けて当然。だって頑張っていないから」

という気持ちになるので悔しいという気持ちは生まれません。

ですから何かを頑張ったり努力したりするにはその「悔しい」という感情は必要なことなのです。

悔しいから出来るようになるまで練習したり努力したりするのです。

もしうまくいかなくても悔しくないのだとしたら、それ以上頑張る理由がないので努力することないでしょう。

悔しいという気持ちは悪いことではありません。

悔しさがあるからバネにして頑張る事が出来るのです。

悪い感情でも使い方によって良い方向へと向かうことが出来るのです。

【関連】悪い感情でも考え方で良い方向へと向かうことが出来る。

悔しいからこそ諦めないでやれる

悔しいと思うからもっと頑張ろうと思えるし見返してやろうと思うのです。

悔しさというのはそれだけ自分に力を与えてくれるものです。

そして自分にプライドを持っているということです。

それだけ頑張りたいと思っているということです。

それならまた頑張れば良いのです。

そうやって悔しさがあるからこそ大きな成長を遂げることが出来るのです。

【関連】諦められないなら諦められるくらい全力でやってみる【後悔しない選択をする】

悔しい気持ちがあれば続けられる

悔しい気持ちがあれば諦めない気持ちを持つことが出来るのです。

それは悔しいという気持ちを持っていれば負けたくないという気持ちを持っているということなので続ける理由になるからです。

逆に悔しいという気持ちを持っていなければ続ける理由がなくやめてしまいます。

ですから悔しいという気持ちがあれば続けられるのです。

その続けることが成功するには必要不可欠なのです。

【関連】最後まで諦めない心を持つ人が成功を手にすることが出来る

続けることで大きな結果をもたらす

何事も続けることで大きな結果をもたらします。

今日頑張ったからといってすぐに結果は出ないのです。

勉強でも毎日勉強することで少しづつ覚えていくものです。

スポーツだって出来ないことでも練習することによって少しづつ出来るようになっていくものです。

結果を出すためには毎日続けることが何よりも大切なことなのです。

【関連】諦めない人の特徴【諦めない人が結果を出す】

悔しいという気持ちは成功に近づいている証

悔しいという気持ちを持っていれば毎日続けることが出来ます。

そして続けることが出来れば結果を出すことが出来ます。

悔しさを力に変えて、

行動するための原動力になります。

その行動が大きな結果をもたらすのです。

ですから悔しいという気持ちは成功に近づいている証でもありますし成功するための必要なことでもあるのです。

【関連】達成感を味わうことで成功へと導かれる

あとがき

悔しいという気持ちは自分の意思で沸いていくるものではありません。

何かの出来事や言われたことなど何かを体験した時に生まれてくる感情です。

悔しいという気持ちがあるということは自分が何にこだわっていて、何を求めているのかを再確認する事が出来ます。

悔しいという気持ちが生まれた時に、

「自分はこの事にプライドを持っていたのだなぁ」と感じて気付く事が出来ます。

そうやって悔しいと思うことは、いくら自分に嘘を付こうと思っていても自分の心には嘘を付く事は出来ません。

そう思ったという事はその悔しさをバネにして自分を変える事が出来るチャンスでもあり成功するためにとても大切な要素でもあります。

「悔しい」という感情は悪いことではなくて、むしろ自分の心に気付く事が出来る良い感情でもあるのです。

成功するためにも向上するためにもとても良い着火剤にもなってくれます。

自分が悔しいという感情が湧いてきたのであれば、

「自分はなぜいま悔しいと思ったのだろうか」と自分の気持ちについて考えてみてください。

きっと自分にとって良い気付きになる事が出来るでしょう。

そしてその悔しいという気持ちをバネにして努力していく事で自分の成功へと近づいていくでしょう。

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。