ブログを移転しました!【新しいブログはこちら】

カードローンはとても便利だけどリスクもある【キャッシングは借金への入り口】

最近ではカードローンを組んで買えるものが増えてきています。

クレジットカードでもリボ払いが出来るようになったカード会社も増えていますし、最近ではZOZOTOWNなどが始めた「ツケ払い」なんてシステムも増えています。

ツケ払いとはその場で代金を払うのではなくて、後に請求書が届くようになっていて、そうやって後で支払う事が出来るシステムです。

その場で現金がなくても買えるのでとても便利なシステムではありますがそれは一時的な借金みたいなものです。

上手に使えば問題はないのですが、そこから借金というのは始まっていくのです。

衝動買いカードローンをやめよう

消費のためのローンや衝動買いでカードローンをするのはとても危険です。

その場ではお金を払っていないので、痛くも痒くもありません。

ですが、だからこそそのことを忘れてしまい、普段と同じようにお金を使ってしまい、翌月になった時に初めて気が付きます。

「やばい。この支払いがあるのを忘れていた」

「こんなにカードの支払いが多いけど、何に使ったかな」

そんな風に人は忘れてしまうのです。

その場で支払っていれば、苦労して貯めたお金がなくなるので、

覚えているものですが、ローンやカード払いだとその場ではタダで買ったような感覚になってしまうので、それはすぐに欲しいものが買えるので、良いシステムなのですがそれが落とし穴でもあります。

ですから、カードを使うにしてもローンで買うにしても、計画的にしっかり管理していく事が大切です。

【関連】リボ払いやカードローンの利用が増えている。それだけお金がない人が増えている。

投資をするならローンは良いシステム

ローンというのはそのシステムに関してはとても良いシステムです。

その場にお金を持っていなくても良いですし、何よりも分割払いにしておけば、月の支払いを最小限に抑えて必要なものを揃える事が出来るからです。

例えば、

「仕事に使う道具が壊れてしまい、今はそのお金がないけどどうしよう」

という状況でも今はすぐに買う事が出来ます。

仕事に使う道具がない状況が続くとそれは大きな損失になってしまいますが、ローンがあるからこそすぐに買う事が出来ます。

ですからカードローン自体はとても良いシステムなので、上手に使っていく事が大切です。

【関連】借金はしないほうがいい。やってはいけない借金の仕方。

カードローンで買い物をするのはやめよう

基本的にローンやカードで買い物をするのはやめましょう。

今は、カードで買い物をするとポイントが貯まるので、上手に使えばかなりの節約になります。

ですから、カードは使用に関しては上手に管理して上手く使っていくことをお勧めします。

カードローンやリボ払いに関しては、使わないことをお勧めします。

先ほども言いましたが、投資としてのローンはとても便利なのですが、消費や衝動買いのカードローンというのは、後からお金を生まないですし、ただ借金をして欲しいものを買っていることになります。

それは借金への第一歩です。

突発的に必要になったものを買うのは仕方ないことではあります。そういう時は、上手に使えば良いのです。

ですが、自分のために使う消費に関してはカードローンで買うのではなくて、しっかりお金を貯めてから買いましょう。

そうすれば、買った時の達成感もありますし、そうすることによって、お金を貯める感覚とお金の使い方をしっかり学ぶことも出来ます。

目標のために貯金をするというのは、とても良い成功体験をもたらしてくれるので、そういった自分の成長のためにもお金を貯めて欲しいものを買うというのはお勧めです。

【関連】無駄遣いをやめよう。お金は何に使うかで人生が変わってくる

あとがき

ローンというのはとても素晴らしいシステムではありますが、便利だからこそ危ないところもあります。

ローンを組みすぎて首が回らなくなることもあります。

ですから、ローンを組むのであれば無理なく組む事が必要です。

一つローンをしたらそれが終わるまではローンを組まない。という風にルールを決めて使うことをお勧めします。

使うのであれば計画的に上手に使いましょう。

そして出来るだけローンに頼るのではなくて、しっかり自分で貯めてから欲しいものを買うようにしましょう。

あとがき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。