瞑想をすることで悟りを開ける理由|どうして瞑想をすると悟りが開けるのか

悟りを開く
スポンサーリンク

瞑想をすると悟りが開けるというけれどどうして瞑想をすると悟りが開けるのかという原理を知っている人は少ないでしょう。

 

瞑想をすると悟りを開くことが出来ます。

 

ブッダはどん悪行よりも瞑想することで悟りを開いたと言われているように瞑想は悟りを開くためには一番効果的な方法です。

どうして瞑想をすると悟りが開けるのか

 

瞑想をすれば悟りを開けるとよく言われているのでそれはわかったけどどうして悟りが開けるのかはわからないという人が多いでしょう。

 

今回はどうして瞑想によって悟りが開けるのかについて説明していきます。

自分の心と感情を深く知れる

 

悟りに必要なこととして自分の心と感情を知ることが必要になってきます。

 

悟りというのは自分の心を知ることによって悟りを開くことが出来ます。

 

どんな物事もその物事に意味はなく、その出来事に理由や意味をつけているのは人間の心なのです。

 

嫌いな上司がいるとそこにイライラが発生します。

それは外部の情報によってイライラが引き出されてしまうのですが、実際にそのイライラを生んでいるのは自分の心です。

 

その上司は、嫌いな上司として存在しているのではなくただの人です。

 

そこに嫌いな上司というレッテルを貼っているのは自分の心なのです。

 

ですから外部の情報というのはきっかけというだけであって実際にそこに理由をつけているのは自分の心なのです。

 

ということは、

自分の心を深く知ることでいろんなことを知ることが出来ます。

 

なぜその上司が嫌いなのか。

じゃあどうすれば嫌いではなくなるのか。

 

全てを悟ることが出来ます。

 

自分の心をコントロールできるようになる事が悟りにつながるのです。

 

そのためには自分心を深く知る必要があるのです。

 

瞑想というのは自分の心との対話です。

 

瞑想をしているときは外部の情報を遮断し、自分の心の中を見る事が瞑想の目的です。

 

そうやって自分の心と真正面から対話していく事で自分の心を深く知ることができるのです。

 

普段は外部の情報がありすぎて自分の心と対話することはほとんどありません。

 

ですから外部の情報が全て自分の心を操作していると思ってしまうのです。

 

実際は外部の情報というのはきっかけであって、自分の心が理由や意味を生み出しているのです。

 

そのことに気付くために瞑想というのは良い方法なのです。

[kanrenc id=”4552″]

自分の心と感情を客観的に見れる

 

瞑想しているときというのはリラックスしているので自分の心や感情を客観的に見ることが出来ます。

 

自分の感情に飲まれることなく冷静に判断することが出来るのです。

 

感情に振り回されなくなるのでそれだけでも悟りへと近づいていくことが出来ます。

 

感情に振り回されなければそれだけいつもと違う視点を持つことが出来るので新たな気付きを得ることが出来るのです。

 

その気付きというのが悟りにはとても大切なことなのです。

 

自分の心と感情を客観的に見れるようになる瞑想は行っていくうちに悟りへと近いていけるのです。

[kanrenc id=”4563″]

今を生きることが出来る

 

瞑想をしているときというのは何も考えずにただ今を生きることに専念します。

 

何か考え事をするのではなく、

ただ今この瞬間を生きているということに気付くことが瞑想です。

 

普段は色々な考え事をしているので今この瞬間を生きていないことが多いのです。

 

何かに集中しているときは、今を生きているのですが自分の心との対話はしていないでしょう。

 

そのやっていることに集中しているはずです。

 

瞑想は今この瞬間に集中してなおかつ自分自身に集中している状態ないのです。

 

そうやって自分自身に集中することによって、

「今自分は生きているんだ」

という実感と気付きがあります。

 

その気付きが悟りそのものなのです。

 

自分が今を生きて、

人生というのは自分の心が作っているものだという体感することが悟りなのです。

 

悟りを開くためには今を生きているという感覚が必要なのです。

 

そのことに気付くことが出来るのが瞑想なのです。

[kanrenc id=”4583″]

自分を受け入れることが出来る

 

瞑想によって自分のことを受け入れることが出来ます。

 

瞑想は自分の心との対話です。

 

自分の心と対話することで、

自分の心がなぜ感情が生まれるのか。

どうしてうまくいかないのか。

なぜイライラしてしまうのか。

 

という自分が知らなかった感情を知ることが出来るのです。

 

そのように自分の心を知ることが出来れば、

自分はそんなことを思っていたのか。

自分はそんな良い部分もあったんだ。

別に悪い感情ではなかったんだ。

 

という風に、

自分の良いところも悪いところにも気付くことが出来るので、受け入れることが出来るのです。

 

嫌いな上司がいても、

その上司の背景を知ってわざと厳しくしているという理由がわかったとしたらその上司のその行動を受け入れることが出来るでしょう。

 

そのように知ることによって人は受け入れることが出来るようになるのです。

 

受け入れるためにはまずは知ることが必要です。

 

瞑想によって自分の心と感情を知り、そして受け入れられるようになるのです。

[kanrenc id=”921″]

瞑想は悟りを開くためには一番の近道

 

瞑想は、

自分の心に気付き、自分の心を客観的に見て、今を生きて、自分を受け入れることが出来るという悟りに必要なことが全て瞑想によって知ることが出来るのです。

 

もちろん瞑想しなければ悟りを開けないということではありませんが、瞑想は悟りを開くために必要なことをが揃っているので一番効果的な方法なのです。

 

もし悟りを開きたいと思うのなら瞑想をしてみることをお勧めします。

あとがき

 

瞑想しなければ悟りが開けないということではありませんが、瞑想することによって悟りは開かれます。

 

それはそれだけ悟りを開くために必要なことが瞑想にはたくさん詰まっているからです。

 

悟りを開くには、

自分の心を知ることが必要不可欠です。

 

自分の心を知るためには外部の情報を一度遮断して自分の心との対話をすることで気付きを得ることが出来ます。

 

自分の心との対話が一番やりやすいのが瞑想なのです。

 

瞑想をして悟りを開いていきましょう。

関連記事

[kanrenc id=”2290,847,4561″]