何かをやろうと思って初めても、二、三日すればどんどん億劫になったり、苦しくてやめてしまうことはよくあるでしょう。

いわゆる、「三日坊主」というものです。

三日坊主というのはどうしても今までやってきていないことを始めるので長く続けるまでにはそれなりの苦労が必要です。

その三日坊主というものを克服する方法を今日は書いていきます。

三日坊主はなぜ起きるのか

「なぜ三日坊主で終わっちゃうんだろう」

「最初はやる気なのに、なぜ続かなくなってしまうのだろう」

そんな風に思っている人は少なくないでしょう。

どうして三日坊主で終わってしまうのかというと、人間は現状維持をする生き物だからです。

人間は本能的に、現状を維持するようになっているのです。

なぜかというと新しいことを始めるというのは、今までと違うことをやるので、とても大変ですし、何が起きるかわかりません。

ですから危険が伴う可能性があるのです。

今までの現状を維持していれば、危険はなく、自然と今まで問題なく生きてこれたのだからこれからもそれを続けていけばいい。

という状態になっているのです。

ですから、新しいことをやろうとしても、自然と今までの生活を保とうとして、新しいことをやるのは危険が伴うかもしれないのでやめようという本能が働き、気持ちが続かずやめてしまうのです。

現状維持をしている状態が何より一番楽で安全だから、現状維持してしまうのです。

【関連】楽な状況に慣れてしまうと人は変われない【人は楽を好む生き物】

三日坊主を克服する方法

三日坊主というのは現状維持が大好きな人間が引き起こしてしまう現象なのですが、それでもそれを引き起こさないで変えていくための方法はあります。

それは少しづつ現状を毎日変えていくことです。

三日坊主というのは、始めた時はやる気があって頑張ってしまいますが、それが三日もすれば気持ちが冷めて、やる気がなくなってしまいます。

そんな気持ちになるのは誰でもそういうものなので仕方がないのですが、

それでも毎日続けていかなければいけません。

それなら毎日出来るくらいの行動をしていくことが大切なのです。

一気に環境を変えてしまうと、

元に戻そうという意識が働いてしまうのですが、少しづつ変えていくことによって、自然と心も体も順応してくるので、無理なく自然と変わっていけるのです。

無理なくそして、毎日続けることが何より大切なのです。

【関連】継続出来なくなるくらいならノルマを下げた方がずっといい

毎日続けていればそれが当たり前になる

無理のない行動でも毎日続けていればそれは大きな結果になります。

毎日続けることによってそれが習慣となり、その行動をすることが「当たり前」になっていきます。

そうなればもうやめるという選択肢がなくなります。

毎日続けているとやって当たり前になり、やらないと落ち着かないという状況になるのです。

当たり前になればそれが日常となるので、自然と意識しなくてもやるようになります。

もうその日常が危険だと判断しなくなり、それをやることにストレスも感じなくなります。

そういう状況になればあとはそれを当たり前に続けていけばいいのです。

【関連】潜在意識は意識しなくても自然と日常を作り、自分を作り上げていく

最後に

人間は一度、「当たり前」という状況になれば、なかなか元に戻ることはありません。

もともと人間は「現状維持」が得意な生き物なのです。

ですからなりたい自分があるのだとしたら始めに無理なく初めて、そしてそれを「当たり前」という状況になるまで続けることで、それが日常となり、続けることが出来るのです。

夢を叶える第一歩はその夢に向かって行動することを「当たり前」になるまで行動し続けることが大切です。

その現状維持の本能を使って、自分の理想の自分を目指していきましょう。

関連記事

潜在意識の関連記事
  • 何も考えない方がうまくいく理由。無意識に良い方向へと導かれる理由
  • バイオリズムには逆らえない。休む時期と頑張れる時期が交互に来る
  • 限界を超える方法。限界は自分の意思で超えていくことが出来る
  • 自分の直感と感覚を信じることで自分のなりたい自分になれる
  • 個性を磨けば魅力に変わる。みんなそれぞれがダイヤモンドの原石
  • やるべきことだと思うのは自分の心がそれを正しいと思っているから
おすすめの記事
悟り
「自分を受け入れる」ということは簡単なようで簡単ではありません。 もし自分を受け入れることが出来れば、 劣等感もないし見栄を張ることもないし...
悟り
悩みというのは今を生きることで消えていくものです。 悩みは未来や過去のことを考えたり、ただ考え事をしているときに悩んでしまうものです。 逆に...
自己表現
このブログは今回の記事をもちまして最後の記事となります。 移転先はこちら。 新しいブログはこちら 長い間読んだ下さってありがとうございました...